才木浩人(阪神)公立の星! クラスでは学級委員? 能見との感動エピソードについても!

セリーグ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

阪神は野手が育たないとよく言われて、金本政権になってもその体質は変わっていません。

 

プチブレイクを果たした選手がことごとくスランプに陥る状況には阪神ファンの方はため息を吐いているのではないでしょうか。

 

しかし、そんな阪神ですがここ最近若手投手の伸びが半端ないですね。

 

岩貞投手の覚醒や岩崎投手の中継ぎ適正、桑原投手のブレイク、石崎投手も侍ジャパンに選出され、小野投手や高橋投手などドラフト上位で獲得した投手が先発の一角として活躍。

 

そして、若手投手がアピールを続ける中で一際若く痩身の右腕が頭角を現しています。

 

それが今回ご紹介する才木浩人投手。

 

名前の通り、才能を秘めた若手投手で長身でモデル体型、阪神にはあまりいなかったスタイリッシュ系の投手。

 

巷では藤浪2世とも言われていて、真上から投げ下ろすような極端なオーヴァースローから質の高いストレートが繰り出されます。

 

まだ安定感に欠けますが、自分のリズムにハマった時のプレーは気持ちをワクワクさせます。

 

才木投手は紛う事なき才能を秘めた若手投手で将来エース候補として名を連ねる事は間違いなし。

 

これから動向から目が離せません。

 

そんな才木投手について今回は熱く語ろうと思います!

 

プロフィールや出身中学については勿論、成績や年俸について。

 

さらに、同じチームの能見投手とのエピソードについてお話したいと思います。

出典元:https://www.nikkansports.com/m/baseball/photonews/photonews_nsInc_201802110000697-0.html

出典元:https://www.nikkansports.com/m/baseball/photonews/photonews_nsInc_201802110000697-0.html

才木投手のプロフィール

 

生年月日 1998年11月7日

出身 兵庫県神戸市西区

出身校 神戸市立須磨翔風高等学校

189cm/80kg

右投/右打

ドラフト3位

 

 

小学1年生から捕手として野球を始めます。

 

中学は神戸市立王塚台で軟式野球部でした。

 

中学2年生の時に投手に転向しました。

 

才木投手は強豪の私立高校を希望でしたが名門校や私立高校から入学を誘われなかった事もあって兄の母校でもある神戸市立須磨翔風高等学校へ進む事に。

 

1年生の時からベンチ入りし、2年生になるとエースの座を獲得しました。

 

2年春の兵庫県大会で、チームを準決勝進出へ導く活躍を見せました。

 

在学中は春夏とも阪神甲子園と無縁でしたが140km後半を連発させるなど能力の高さを見せ「公立の星」としてNPB、MLB球団のスカウトから注目されていました。

 

そして、2016年のドラフト会議で、阪神から3巡目で指名されます。

 

阪神から指名を受けた時、号泣するなど喜びを噛み締めた才木投手。

 

プロの門戸を開き、新たなスタートを切ります。

 

2017年、2軍で研鑽を積むことになった才木投手は4月27日のオリックス戦を皮切りに2軍戦14試合に登板して1勝5敗、防御率4.88ながら、主に先発投手として実戦経験を積みました。

 

レギュラーシーズン終盤の10月5日に、1軍デビューを果たします。

 

高校時代、踏み入れる事が叶わなかった甲子園で中日を相手取り、救援投手としてマウンドに上がります。

 

1回を1被安打、無失点に抑え、プロ初ホールドを記録しました。

 

結局、1軍には通算で2試合しか登板せず。

 

翌年の2018年、入団後初めて、1軍の沖縄春季キャンプへ参加する事に。

 

参加メンバーでは最年少の19歳でしたがキャンプ期間中の実戦やオープン戦でも好投を続け、1軍の先発ローテーションの一角として大きく期待されました。

 

結果は開幕から2軍で先発要員として調整を続け、巡り巡って5月20日の中日戦で1軍初先発。

 

しかも相手投手は好投を続ける松坂大輔。

 

相手として不足はなく、熱投を期待されたその試合。

 

結果的に5回、12安打、5失点という内容で初黒星を喫しました。

 

早速、プロの洗礼を受けてしまいます。

 

しかし、19歳6ヶ月だった5月27日の巨人戦で再び先発を任されます。

 

首脳陣の期待に応えるように6回、2安打、7奪三振、無失点に抑える好投で1軍初勝利を挙げました。

 

この日はストレートが冴え渡り、抉るような内角のストレートや変化球のキレなど19歳とは思えぬ堂々たるピッチングを披露しました。

 

阪神の投手による対巨人戦での1軍公式戦初勝利は、2003年に救援登板で記録した久保田智之以来15年振りで、先発登板では1987年の猪俣隆以来31年振り。

 

さらに10代の投手では初めての事でした。

 

先発投手の6番手を争うチャレンジ枠で結果を残した才木投手ですが

 

巡り合わせが悪く、次の登板までに20日登板間隔が空きました。

 

それもあってか、楽天戦での登板では4回、4失点と炎上。

 

3被弾するなど、ことごとく打たれてしまいました。

 

阪神は先発陣が豊富なので登板機会に恵まれないのは仕方の無い事ではありますが

 

才木投手にはもう少しチャンスを与えて欲しいと思いますね。

 

それくらいポテンシャルを秘めた投手ですから若いうちから1軍で経験を積ませてあげたいですね。

 

才木投手の年俸や1軍成績、2軍成績につい

出典元:https://www.iza.ne.jp/smp/kiji/sports/photos/180528/spo18052808060043-p1.html

 

 

2年目となる才木投手の年俸ですが1年目と同じで年俸は600万となっています。

 

今年、1軍で初先発するなど一気に注目を集めましたが来年は年俸はアップしていそうですね。

 

続いて成績ですがこちら。

まずは1軍の成績から。

 

登板 勝利 敗北 奪三振 防御率
2017 2 0 0 3 0.00
2018 4 1 2 14 5.06

 

今年から先発としてマウンドに上がっているので成績の出方が変わっていますね。

 

とくに防御率は今年は5点台と決して良い成績とは言えませんが良い経験としてさらなる飛躍を期待しています。

 

それに才木投手は炎上もありますが見違えるようなベストピッチングも見せており実力不足というより

 

経験不足や技術の安定さに欠けるというだけでこれから研鑽を積んで安定感を手に入れれば先発ローテーションの一角を担ってくれるに違いありません。

 

中学の時に強豪から目を向けられなかったあの時とは違い、今は誰もが認める才能の持ち主。

 

こらからどんどん1軍のマウンドに上がり、アピールしていって欲しいですね。

 

続いて2軍成績です。

 

登板 勝利 敗北 奪三振 防御率
2017 14 1 5 50 4.84
2018 7 3 2 36 3.15

 

2軍で経験を積んで今年、1軍に上がってきた才木投手。

 

元々、ドラフトの時から評価の高かった才木投手ですが2軍でも

 

その良さがしっかり出ています。

 

2軍での投球を動画でご紹介したいと思います!

 

阪神 才木 浩人 『ルーキードラ6 初勝利 奪三振ショーで飾る! 』 ファーム戦 vs ソフトバンク 2017年7月22日甲子園

 

動画を見ていただくと分かるのですが

 

ストレートの質がとても良いんですね。

 

伸びやかで打者も完全な振り遅れをしてしまう球の走りは一級品。

 

完成形はどういう風になるのか、成長がとても楽しみです。

 

才木投手は長身という事もあって藤浪投手を参考にしていたようで

 

それもあって入団当初、記者の方に「目標は藤浪投手か」と尋ねられた事があります。

 

その時に才木投手は藤浪投手を「超えることです」と返しています。

 

それを言葉に出来る才木投手は本当に藤浪投手のようなビッグプレイヤーになれるのでは、と思ってしまいます。

 

しかも才木投手は公立高校で野球をしていただけあって

 

そこまで肩を酷使しておらず怪我の心配も少なくて済みそう。

 

現在ではストレート最速153km

変化球はスライダー、カーブ、フォークなど投げる才木投手。

 

これからそれぞれのボールの完成度を高めて大きく飛躍して欲しいですね。

能見とのエピソードが感動!

 

中学3年生の冬に地元の野球教室が初めの出会いでした。

 

阪神の選手が指導するという事で能見投手が来ていたのですが、能見篤史から指導を受けた際に「投球フォームがきれい」と褒められた事がありました。

 

才木投手は能見投手に私立高校から誘いがなかった事や公立高校を受験することを能見投手に打ち明けたといいます。

 

その時に能見投手は「この先に見返してやればいいんだ。スカウトに言っておくよ」と励ましの言葉を掛けました。

 

能見投手はこの時から才木投手の才能を目にしていたんですね。

 

奇しくも、才木投手はその後、公立高校で、甲子園こそ出場できなかったものの、公立の星として活躍し、

 

ドラフト会議で阪神には指名され、能見投手とチームメイトとなりました。

 

実際、能見投手がスカウトに才木投手の事を言ったかは定かではありませんがこうして

 

阪神というチームに、能見投手のいるチームに入団したのは並々ならぬ運命を感じますね。

クラスでは学級委員?好きな芸能人はあの人!

阪神と並々ならぬ縁を感じる才木投手ですが

 

少し野球から離れてプライベートな部分にも触れていこうと思います。

 

才木投手は中学の時に私立の強豪から声が掛からず

 

兄の母校である公立の須磨翔風高校に入学しました。

 

日々、野球に明け暮れる才木投手ですがクラスでは普通に皆と授業を受けています。

 

さらにクラスでは学級委員も務めており、ムードメーカーとしての役割も担っており

 

とても頼り甲斐のあるクラスメイトの一面も持ち合わせている才木投手。

YouTube

 

 

普段の生活では休みの日は野球部の仲間たちと商業施設で将棋を指すそうで、実力は普通くらいみたいです。

 

好きな食べ物は焼肉と寿司で好きな芸能人は新垣結衣だそうで、プロで活躍した暁にはチャンスがあれば共演したいと語っており

 

相当なファンと見受けられました。

確かに可愛いですもんね。

 

出典元:https://twinavi.jp/topics/entertainment/5818b482-8134-4115-b8f3-08f85546ec81

 

今やプロ野球選手ですが中身は普通の若者。

 

なんだか親近感が湧いてきますね。

 

まとめ

 

今回は才木投手について熱量多めで書かせていただきましたがいかがでしたか?

 

阪神ファンの方なら才木投手の事を期待している人は多いかと思いますがまだ2年目。

 

他球団のファンの方などからしてみればまだまだ知名度は

 

無いかましれませんがいずれ手強い投手として立ちはだかるやもしれません。

どころか日本代表にも選ばれる可能性のある投手。

 

是非とも伸び盛りの今から沢山の人に知ってもらいたいな、と思いまして今回は書かせてもらいました。

 

これを機に才木投手について興味を持っていただけたら幸いです。

 

では、今回はこのあたりでお話を終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました