熊谷敬宥(阪神)イケメンルーキーに彼女はいる? 守備や走塁なども徹底分析!

セリーグ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

出典元:https://baseballgate.jp/p/145302/

 

 

こんにちわ貴浩です!

 

今回はドラフト3位ルーキーの熊谷敬宥選手についてお話したいと思います!

 

くまがい たかひろ、と読むのですが東北の方では「くまがい」は名の知れた読み方らしいですが関西人の方は「くまがや」と読む人も少なくないそう。

 

名前の「たかひろ」も難しい漢字ですね。

 

でも、今回は熊谷選手について熱く語りたいと思っていますので

 

名前を覚えて帰っていただけるよう頑張りたいと思います!

 

では、話に入ります。

阪神は昨年、守備職人の大和選手がFA権を行使して横浜へ移籍した事もあって

 

守備の上手い内野手の獲得が優先されました。

 

熊谷選手は大学の時は主に遊撃を守っており

 

快速を活かした守備範囲やグラブ捌きなど

 

プロでも通用する守備力の高い選手で阪神の希望に合致する選手で

 

1年目から1軍での活躍に期待されました。

 

惜しくも激戦区の内野のポジション争いに勝ち残る事ができず

 

開幕は2軍で迎えた熊谷選手ですが

 

5月には初昇格しており、再びの降格の後に1軍に戻ってスタメンも経験しているルーキー。

 

そんな熊谷選手の年俸や1軍、2軍成績。

彼女はいるのか、などプライベートに触れていきたいなと思います。

 

そして熊谷選手はプロの舞台で長くプレーする事ができるのか。

 

打撃や守備、走塁など色々な角度から熊谷選手を分析し、今後、活躍できるのか予想してみたいと思います!

 

熊谷選手のプロフィール

出典元:http://www.sanspo.com/smp/baseball/photos/20180101/tig18010113000005-p1.html

 

生年月日:1995年11月10日

出身:宮城県仙台市

出身校:仙台育英高等学校、立教大学

175cm/72kg

右投/両打

ドラフト3位

 

 

仙台市立南光台小学校に入学している熊谷選手は3年生の時に友達の勧めで野球を始める事になります。

 

「南光台少年野球クラブ」というチームでプレーしていました。

 

仙台市立南光台中学校に進学し「仙台東部シニア」でプレー。

 

仙台育英高校に進学すると2年秋から遊撃手のレギュラーを掴み取り、

 

2年夏、3年春夏に甲子園に出場しました。

 

3年春の選抜大会では14打数2安打と不振だったもののチーム全体は好調でベスト8にまで進出しました。

 

甲子園大会終了後にはU18野球日本代表に選出され、

 

主に「2番・レフト」として出場。

9試合、24打数、8安打、5盗塁をマークしました。

 

準優勝に貢献する働きを見せました。

 

仙台育英高校では同学年に上林誠知、馬場皐輔、2学年下に平沢大河、佐藤世那がおり

 

人材は申し分ないくらいに豊富でした。

高校を卒業後、立教大学に進学した熊谷選手は

 

2年春からリーグ戦に出場。

3年春には「2番・ショート」に定着し遊撃手のレギュラーを獲得しました。

 

4年春からは主将を務めるなどチームの精神的支柱の役割も担う事に。

 

同季リーグ戦では盗塁王を輝くなど自分の強みを最大限に発揮しました。

 

さらにこの年の全日本大学野球選手権大会では日本一に輝いており、絶好調。

 

その活躍もあって夏には日米大学野球、ユニバーシアード日本代表に選出されました。

 

リーグ通算61試合、打率220、1本塁打、12打点という成績。

 

バッティングの成績だけを見ればプロに行けるか疑問な中身ではありますが

 

2017年のドラフト会議で、阪神から3巡目で指名されました。

 

阪神は大和選手がFA権を取得し、流出に備えて守備の上手い選手を補強しようという考えの元、熊谷選手を獲得。

 

バッティングに関しては物足りなさを感じますが守備と走塁に関しては十分、プロでやっていける高い技術を持っており、とくに走塁に関しては

 

盗塁の技術が高く、

自慢の走塁ではリーグ戦通算22盗塁をマーク。

 

スカウトの見立てでは守備と走塁がピカイチの為、あとはバッティングを磨けばチームの中心選手になれると

 

踏んでのドラフト3位。

本来は右打者にもかかわらず、仮契約の際には球団からスイッチヒッターへの転向を打診されます。

 

ちなみにですが阪神は、仙台育英高校で同級生で、卒業後に仙台大学へ進学していた馬場投手を1巡目で指名。

 

馬場投手も入団したことから、再びチームメイトになりました。

 

阪神は高山選手、坂本選手、糸原選手など明治大学の選手のセット指名が前にありましたが

 

今回は仙台育英高校の同級生である熊谷選手と馬場投手をセットで指名。

 

プロで同じチームというのは自分たちで球団を選べない今では中々ないことなのでこの巡り合わせを大切にしてもらいたいですね。

 

そして、2018年。

新人選手から馬場投手、島田選手と共に、沖縄県宜野座村での1軍キャンプへ抜擢されました。

 

キャンプの終盤から2軍に回りました。

 

3月9日には、登録を右投右打から右投両打に変更することがNPBから公示されました。

 

ウエスタン・リーグの公式戦では、開幕当初から2塁手や遊撃手として起用され、

 

5月中旬までに42試合へ出場。打率は214ながら、リーグトップの20盗塁を記録するなど持ち味を如何なく発揮。

 

5月18日、出場選手登録されるとを果たすと翌日の19日の中日戦で

 

8回表に、一塁走者の伊藤隼太選手の代走として1軍初出場。

 

そして発盗塁を記録するなど昇格、即結果を出しました。

5月27日の巨人戦では、8回裏に代打で1軍初打席で

 

左腕投手の池田投手から右打席で初安打をマークしました。

 

6月21日のオリックス戦では「2番・遊撃手」でプロ入り後初のスタメン出場を果たし

 

6月30日には2度目のスタメン出場が巡ってくると

 

第2打席に右打席でライト前ヒットを放ち初打点を挙げました。

 

第4打席には左打席で2本目となるライト前ヒットを放つなどスイッチヒッターとして貴重な両打席でのヒットでした。

 

50メートル走、最速5秒8という快速の持ち主で

 

投げても遠投では115mを記録したほどの強肩。

 

盗塁も確率良く決めるなど技術がありますが打撃に課題を残しており

 

阪神への入団を機に、出塁率を高める目的で、スイッチヒッターに転向しています。

 

内野の守備は堅実で足が速いので守備範囲も広く評価が高いです。

 

熊谷選手の守備を見た時、高代コーチは

 

内野ゴロに対する熊谷選手の捕球体勢を「《遊撃守備の名手》と呼ばれた井端弘和に匹敵するほど良い」と高く評価しています。

 

熊谷選手は守備にはこだわりを持っていて

入団会見の時のコメントで

 

「守備からリズムを作り、攻撃に生かしていくプレースタイル」を目標として掲げています。

 

目指している選手では宮本慎也の名前を挙げています。

 

守備に対して意識の高い熊谷選手ですがしかしながら阪神に入団してからは主に2塁手としての起用が多くなっています。

 

1軍のスターティングメンバーを見ると遊撃には絶賛売り出し中の植田選手や超変革の申し子である北條選手など

 

そう易々と遊撃のポジションを奪えるような状況ではありません。

 

熊谷選手がスタメンで名を連ねるにはとにかく打って結果を出し続ける事。

 

早く開花して華々しい舞台でプレーする姿を見せて欲しいですね。

 

熊谷選手の年俸や1軍、2軍成績について

出典元:http://www.sanspo.com/smp/baseball/photos/20180202/tig18020205000007-p1.html

さて、続いては熊谷選手の年俸や成績について。

 

まず年俸ですが、

1000万となっています。

 

守備と走塁を買われてしめいされた選手。

 

ベンチに入れておけばバリエーションのある戦いができる事は間違いありません。

 

そういう部分で期待を答える活躍をすれば年俸アップは間違いなし。

 

とにかく今は少しでも長く1軍に帯同してプロの世界に慣れていって欲しいですね!

 

続きまして成績ですが

まずは2軍成績から。

 

試合 打率 打点 打数 安打 四球 盗塁
2018 49 200 15 155 31 16 20

 

2軍では矢野2軍監督が「超積極的」を絶賛売り出し中で

 

その効果あって2軍の公式戦では積極的な盗塁を数多く記録している熊谷選手。

 

20個もの盗塁を決めて失敗はわずかに3しかないという成功率。

 

阪神は機動力を使った戦いを目指しており熊谷選手のようなスピード感のある選手はまさに期待の選手。

 

そんな熊谷選手ですが1軍ではどのような成績を残しているのでしょうか。

 

こちらが1軍成績!

 

試合 打率 打点 打数 安打 四球 盗塁
2018 12 250 2 12 3 1 3

7月2日時点での成績となっています。

 

試合数は少ないですがベンチに入れておけば代走も出せますし守備固めでも使える選手。

 

最近では遊撃でスタメンの機会も巡って多くの打席に立っており

 

ヒットも打つなどアピールを続けています。

 

内野手は植田選手や北條選手など期待の若手がおり、激戦区。

 

そんな状況でスタメンの機会を与えられていますから期待されている証拠。

 

その期待に応えられるように自分らしさのあるプレーで頑張ってもらいたいですね。

 

熊谷選手に彼女はいる?

出典元:http://www.sanspo.com/smp/baseball/photos/20180101/tig18010113000005-p3.html

さて、続いては熊谷選手に彼女はいるのかどうか。

 

熊谷選手と言えば野球の部分以外でもイケメンで結構有名な選手。

 

気になるのは彼女がいるのかどうか。

 

色々と調べてみたところ、それらしき情報はありませんでした。

 

プロ入りしてすぐですから野球以外にうつつを抜かしている暇はないと思うので

 

そういう話はプロの世界に慣れてから自ずと出てくるのではないでしょうか。

 

できることなら家庭を支えられるような頼りになる女性の方と巡り合って欲しいですね。

 

とにかく今は野球を頑張ってもらいましょう!

熊谷選手は活躍できる? 打撃や守備、走塁など分析!

 

ここからは熊谷選手を分析していきたいと思います。

 

自慢の守備力と俊足を武器にプロ入りを果たした熊谷選手ですが

 

打撃に課題ありでプロに入ってからスイッチヒッターに転向するなどメスを入れています。

 

プロの世界では打撃が良くないと生き残るのは厳しいこのご時世。

 

熊谷選手は果たしてプロで生き残る事ができるのか。

 

ここでは3つの着眼点で熊谷選手を分析したいと思います。

 

まず1つ目が守備!

はじめにこちらの動画をご覧いただきたいのですが、

 

阪神 熊谷 敬宥 『ドラ3 やわらかい守備 はじめたて左打席も器用にヒット!!』 ファーム戦vs 広島 2018年4月28日甲子園

 

2軍の試合での内野守備なのですが、本職は遊撃手ながら2塁手としてプレーしていますね。

 

まず、評価が高いのがしっかり足が動いているところですね。

 

淀みのない動きを見ているとやはり守備が得意なのが分かります。

 

俊足を活かした守備や守りの広さ、ソフトな送球など全体的に守備はしなやかなイメージがあります。

 

捕球体勢を見ていても自分の間合いのところまでボールを追いかけ、キャッチする手前では駆け寄ってくる我が子を迎えるかのような姿勢でボールをグラブに収め、送球しています。

 

ボールの迎え方を見ていてもしっかりと自分の間合いを分かっているような慣れた感じが伝わっていて非常に印象が良いですね。

 

あとは本拠地である甲子園での天然芝のイレギュラーに対応する能力を養えば

 

守備に関しては長く重宝されそうですね。

 

守備で獲った選手だけにやはり内野の守りは流石です。

YouTube

このジャンピングキャッチも中々出来るもんじゃないですよ。

 

投手からしてみれば心強い味方ですね。

 

さぁ続いて、2つ目は走塁。

 

熊谷選手は50mを5秒8で駆け抜ける俊足の内野手。

 

2軍では開幕から試合に出続け20盗塁を決めるなど得意分野でのアピールをしています。

 

守備だけではなく走塁に関してもレベルの高さを感じる熊谷選手。

 

こちらの動画をご覧いただきたいのですが、

 

立教大・熊谷 敬宥 三塁打 11秒17!!

 

走り出してからの加速が圧巻!

 

めちゃくちゃ速いです。

 

これだけの俊足は阪神には少なくかなり貴重な戦力です。

 

熊谷選手は足の速さだけでなく盗塁の技術も高く

 

相手バッテリーの配球を読んだり、ベース際でのスライディングの強さを意識したりと

 

細かいところまで考えられたランニングには眼を見張るものがあります。

 

ただ足が速いだけでなく盗塁を成功させる率を高める、細かいポイントを意識できているのが熊谷選手のセールスポイント。

 

かの有名な赤星さんも

 

盗塁を成功させるには準備が大切と言っています。

 

相手バッテリーの配球や天候、グラウンドの具合、前後の打者、投手の癖、カウント、風向きなどなどあらゆる角度に目を向けて盗塁が成功する可能性があるタイミングを見つけて走り出すとコメントしており

 

盗塁には速いだけでなくタイミングを逃さない多角的な視野と考えが必要なわけで

 

熊谷選手には考える力があります。

 

なのであとはとにかく経験を積めば

 

走塁にさらに磨きをかけることができると思いますし

 

1軍での地位もある程度獲得できるようになると思います。

 

とにかく1軍で場数を踏むことですね。

 

最後に3つ目は打撃。

 

熊谷選手は大学生の頃からバッティングを課題としており

 

プロに入ってから俊足を活かすためスイッチに転向するなどして

 

とにかくバットを振りまくっています。

 

そんな熊谷選手のバッティングについて動画を見てもらいたいなと思います。

 

熊谷敬宥 タイムリーなど2安打 20180428 阪神タイガース 二軍

 

クセのないバッティングフォームで、綺麗に打っていますね。

 

プロに入ってからかなりバットを振っていると聞いていますからパワーをつければ

 

ある程度、打力は期待できるのではないでしょうか。

 

見た感じバッティングが苦手というような印象はありません。

 

ただ、慣れないスイッチをものにできるかどうか。

 

現在1軍で活躍する植田選手もプロ入りしてからスイッチに転向しており

 

慣れない左打席では打率は低め。

 

スイッチヒッターはそう易々とできるものではありませんからしっかりバットを振り込んで

 

形にして欲しいですね。

 

ここまで長くなりましたが私の最終的な結論から言うと熊谷選手は

 

1軍で長くできると思います。

 

あれだけの守備と走塁があれば守備固めや代走で出場機会が巡ってきますし

 

ベンチに置くだけでバリエーションのある試合ができますから。

 

それにバッティングも課題とされつつも十分期待できるだけのものはあります。

 

西武のルーキーで遊撃手の源田選手も社会人野球の時は9番を打っていたくらいで

 

それでもプロに入れば2番バッターとして大活躍しています。

 

熊谷選手も化ける可能性は大いに秘めていると思います!

 

まとめ

 

本当に長くなってしまいました(つい熱くなって文字数多くなるんですよね)が今回は以上で終わりたいと思います。

 

熊谷選手はルーキーながら1軍で出場するなどファンの目にも十分顔を知られている選手。

 

女性ファンの方にも人気な選手ですが

 

ひとえにイケメンだから、というだけではなくて

 

守備であったり走塁している姿など格好良いプレーを魅せてくれるところも惚れ込む要因だと思います。

 

早くレギュラーに成長してもらいたい、そんな選手だと思っているので

 

これからも是非、応援してあげてください!

 

では、この辺りでお話を終わりたいと思います!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました