岩崎優(阪神) 1軍成績や投球スタイル、投球フォームについて 彼女がいるのかについても!

セリーグ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

 

今回は阪神の岩崎優投手についてお話したいと思います!

 

岩崎投手といえばドラフト6位で入団し、その年5勝を挙げるなど

 

大誤算の活躍を見せた若手投手で

 

独特なフォームから繰り出されるストレートは140km台前半ながら容易く空振りを取れる球質で

 

球持ちの良い投球フォームをしています。

 

岩崎投手は2017年から本格的に中継ぎに転向し、

 

勝ちパターンとしても登板するなど安定した成績を残しています。

 

岩崎投手は先発へのこだわりを捨て切れずに半ば強引にチーム事情によって中継ぎ転校を余儀なくされましたが

 

しっかりチームの戦力としてセリーグ随一の強固な中継ぎ陣の防御率を支えました。

 

今回は中継ぎ転向で成功した要因や投球フォームや投球スタイルについて

 

さらに彼女はいるのか、などプライベートについてもお話したいと思います!

 

 

岩崎投手のプロフィール

出典元:http://pds2.exblog.jp/pds/1/201404/25/41/e0257441_2034138.jpg

 

生年月日 1991年6月19日

出身 静岡県清水市

出身校 静岡県県立清水東高等学校、国士舘大学

185cm/90kg

左投/左打

ドラフト6位

 

 

野球に興味を持つきっかけとなったのが

 

母が現役のソフトボール選手で球拾いなどをしている時でした。

 

その時から野球に興味を持ち始めました。

 

しかし父は小さい頃から野球を始めれば肩を酷使すると危惧し

 

基礎体力を鍛える事に重きを置いた水泳を習わせました。

野球を始めたのは中学の時で軟式野球部に所属。

 

そして地元の清水東高校に進学して野球を続け、さらに国士舘大学でさらなる飛躍を目指しました。

 

大学時代は1年生の頃からベンチ入りしており

 

2年生以降は主に救援投手として登板していました。

 

学生時代からプロ志望の意志が強く

 

当時社会人野球部に所属する事が決まっていたにも関わらずプロへの道を諦めきれず

 

監督と面談し、プロ志望届を提出するに至りました。

 

2013年ドラフトで6巡目に指名を受け、見事プロ入り。

 

阪神は当初5選手の指名を予定しており、5巡目では岩崎と同じ左投手の山本翔也投手を指名していました。

 

しかしその時点で他球団が岩崎を指名していなかった為、

 

岩崎投手を大学3年秋から視察していた中尾孝義スカウトが佐野仙好統括スカウトと高野栄一球団本部長に岩崎投手の指名を進言。

 

急遽、岩崎投手を6巡目で指名するに至りました。

 

プロ入り後は2軍のキャンプに参加するものの無失点を積み重ね

 

評価された事からオープン戦は1軍で登板を何度かしています。

 

公式戦の開幕こそ2軍で迎えたものの4月2日の中日戦で先発投手として1軍デビュー。

 

5回無失点という内容で1軍初勝利を初勝利を挙げました。

 

その後、5月7日の中日戦や7月5日の横浜戦で着実に勝ち星を挙げるなど活躍。

 

最終的に先発一本で5勝4敗、防御率3.50を記録。

 

2015年はローテーション5番手を期待されるも、安定感を欠き、1軍と2軍を行き来する事が増えました。

 

その一方で、2軍で初完投するなど好調をアピールするなど必死に1軍復帰を目指しました。

 

8月9日の横浜戦で1軍登板、好投もあってシーズン初勝利を挙げました。

 

さらにそこから3連勝を記録しました。

 

この年は15試合に登板。

 

3勝10敗と大きく負け越しはしたものの終盤は打線の援護に恵まれなかっただけで防御率は前年並みの3.51と評価は決して低くなく

 

来年も期待されました。

 

2016年は1軍の昇格が遅れ、中々勝ち星を積み重ねる事ができませんでした。

 

さらにチーム事情で中継ぎ左腕が故障者続出もあって中継ぎに転向する事に。

 

シーズン終了後は本格的に中継ぎとして練習する事になりました。

 

ほとんど首脳陣が先行して転校させた事もあって岩崎投手本人は

 

先発でやりたいという気持ちをチラつかせて、中継ぎ転向は不服そうでしたが

 

大学時代から中継ぎを経験していた為、適応するのにそこまで時間はかかりませんでした。

 

2017年は本格的に中継ぎ投手として1軍で登板。

 

主に6回やビハインド、左打席の選手を相手に登板する事が多かったですが

 

安定感のあるピッチングで防御率を2点台前半に留めるなど活躍。

 

その年、1軍公式戦で自己最多の66試合に登板。

 

4勝1敗15ホールド、防御率2.39という好成績を残すなど中継ぎとして真価を発揮しました。

 

2018年は先発の駒不足もあって岩崎投手を先発要員へ戻すことを決めた金本監督。

 

しかし若手の台頭やルーキーなど戦力に厚みが出た事でそのプランは無くなり今年も中継ぎとしてプレーする事に。

 

7月10時点での成績が

30試合、1勝2敗、防御率5.46と少し打たれ気味。

 

能見投手の中継ぎ転向もあってリフレッシュも兼ねて6月30日に登録を抹消されています。

 

貴重な左の中継ぎだけに、早く復帰してほしいところ。

 

岩崎投手の年俸や成績

 

中継ぎで存在感をアピールした岩崎投手。

今年の年俸ですが、

4500万となっています。

 

中継ぎ投手として適性を証明したのでこれからもブルペン陣を支える役目を担ってくれると思います。

 

着実に結果を出して年俸も上げていってもらいたいですね。

続いて1軍成績がこちら。

 

試合 勝利 敗北 H HP 防御率
2014 17 5 4 0 0 3.50
2015 15 3 10 0 0 3.51
2016 16 3 5 0 0 3.63
2017 66 4 1 15 19 2.39
2018 30 1 2 8 9 5.46

 

 

岩崎投手の中継ぎ成功の要因は?

 

ルーキーイヤーから先発で投げてきた岩崎投手ですが

 

チーム事情で中継ぎ転向となり、2017年から本格的に中継ぎ投手として始動。

 

結果的に成功しているのですが

 

岩崎投手が中継ぎで成功した要因は何か。

 

結論から言うと、むしろ先発タイプでは無かったという事になると思います。

 

限界まで腰を落とした独特なフォームから繰り出される球持ちの良いストレートは

 

140km台前半ながら空振りを奪える球威があります。

 

ですが下半身に非常に負担をかけるフォームのため球数が多くなると、

 

先発をしていた頃なんかは6回、7回あたりから捕まる事が多々ありました。

 

7回を投げられている時は球数が少ない時で

 

投げられるボールの数に対して非常にシビアな投手だったんです。

 

なので中継ぎであれば長いイニングは投げませんから常に全力でクオリティの高い投球を維持でき、

 

良い結果を出せたわけです。

 

さらに阪神の中継ぎ陣は皆、優秀だった為、登板を上手く分散させられ、疲れも残さない起用ができたのも大きいですね。

 

基本的に岩崎投手は6回や1、2点のビハインドや同点、対左打者に対して

 

登板する機会がおおかったのですが

 

左打者を意識したチェンジアップの球質を高めたのも良い結果になっていると思いますね。

 

中継ぎに転向してから主にスライダーとチェンジアップの2つを軸に変化球を投げている岩崎投手ですが

 

このチェンジアップが左打者に対して有効で、空振りを奪えるキレがあります。

 

持ち球は少ないもののそれぞれキレがあり、どのボールでも空振りが取れるのが好成績に繋がっているのではないでしょうか。

 

岩崎投手の投球スタイルや投球フォームについて

 

岩崎投手と言えば腰を深く沈めた独特なフォームですが

 

ここでは投球フォームの分析や投球スタイルについてお話したいと思います!

 

まず投球フォームですが

動画を見ていただくとわかりやすいのですが

 

阪神タイガース 岩崎優 投球フォーム

 

腕の振りが地面スレスレになる程身体を落として投げていますね。

 

ボールをリリースするのも遅くて非常に球持ちが良いのも特徴。

 

ストレートは140km台前半ながら体感では150km以上に感じる球威があって

 

見た目とは裏腹にパワータイプの投手と言えます。

 

投球スタイルは基本、ストレートを軸にスライダーやチェンジアップで空振りを奪ったりストレートで空振りを奪う投手。

 

他にもストレートで打者がタイミングを外してフライを打ち上げる事もたびたひありますね。

 

リリースが遅いので打者からしてみれば非常にタイミングが取りづらく中途半端なバッティングになって

 

フライを打ち上げる事が多いんですね。

 

なので岩崎投手の1番の魅力は球持ちの良いストレート!

 

ドラフト6位とは思えない逸材です、岩崎投手は。

 

岩崎投手に彼女はいる?

出典元:http://www.sanspo.com/smp/baseball/photos/20171118/tig17111812000001-p1.html

 

さて、少し野球から離れてプライベートなところを話そうと思うのですが

 

岩崎投手に彼女はいるのか。

 

とても純朴そうで笑顔が可愛く女性に人気の岩崎投手ですから、彼女がいるのか気になるところですね。

 

調べてみたところ、それらしき情報はなくお付き合いしている女性はまだいないのではないかな、と思います。

 

とても純粋そうな顔をしている岩崎投手。

 

結婚できないという事は絶対にないと思いますから、あとは変な人に引っかからないように気をつけて欲しいですね。

 

余談ですがオフシーズンの時に施設訪問してトークショーをした時のこと

 

好きな女性は? という質問に対して岩崎投手は「久本雅美」と答えたそうです。

 

たぶんユーモアのつもりだったかもしれませんが

 

もしかすると本当の可能性もなきにしもあらず。

 

ああいう女性が好きなのかも。そう思うと明るい女性が一緒にいて波長が合いやすいかもしれませんね。

 

何にしても良い人と出会って欲しいですね。

 

まとめ

 

今回は岩崎投手についてのお話でした!

 

2017年から本格的に中継ぎに転向した岩崎投手はフル回転でチームに貢献する活躍。

 

欠かせない投手の一人となっています。

 

見た目の地味さとは裏腹にストレートでぐいぐい押していくパワーピッチングは、見ていてすごいギャップを感じ、

 

とてもカッコいい投手。

 

これからも応援していきたいですね。

 

いずれは勝利の方程式を任されるくらいになって欲しいですね。

 

では、今回は以上で終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました