阪神の期待の若手だけで打線を組んでみた

セリーグ
出典元:https://prcm.jp/pic/original-image/id/3eqwuH8?keyword=ロゴ%20阪神タイガース&page=1
スポンサーリンク
スポンサーリンク

出典元:https://prcm.jp/pic/original-image/id/3eqwuH8?keyword=ロゴ%20阪神タイガース&page=1

 

 

 

こんにちわ貴浩です!

 

今回は情報提供の内容ではなく私の完全に趣味に走った

 

内容を書かせていただこうと思います。

 

阪神の期待の若手だけで打線を組んでみた、という

 

居酒屋でサラリーマンが話してそうな内容なんですが

 

こういうのもたまにはいいのでは、と思いまして。

 

今回は期待の若手を選出し、その選手のポジションや打順に加え

 

アピールポイントや1軍経験、2軍成績、年俸なども兼ねて書いていこうと思います!

 

1番 DH 高山俊

出典元:http://www.zakzak.co.jp/smp/spo/news/160526/spo1605260002-p1.html

 

生年月日 1993年4月18日

出身 千葉県船橋市

出身校 日本大学第三高等学校、明治大学

181cm/89kg

左打/右投

ドラフト1位

 

2015年ドラフトで1巡目に指名された天性のミート力を持つ高山選手。

 

プロ1年目からスタメン起用に応え、金本監督の掲げる「超変革」を体現する選手の1人として活躍しました。

 

しかし2年目以降、プロの壁に阻まれレギュラー定着とはいっていません。

 

とは言え、バッティングセンスはピカイチでミート力もありつつ長打も期待できる選手なので

 

金本監督も一皮剥けない高山選手には頭を悩ませているのではないかな、と思います。

 

打撃成績

 

試合 打率 本塁打 打点 安打
2016 134 275 8 65 136
2017 103 250 6 24 82
2018 41 183 1 14 22

2番 二塁手 北條史也

出典元:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id

 

生年月日 1994年7月29日

出身 大阪府堺市南区

出身校 光星学院高等学校

177cm/78kg

右投/右打

ドラフト2位

 

高校時代は25本塁打を放つなど長距離ヒッターとして活躍し、

 

高校生ながら上位指名されました。

 

1軍に出て頭角を現し始めたのは2016年、金本政権始まってからでした。

 

バッティングセンスの片鱗を感じさせるバッティングを披露し、金本監督からは「教えれば教えるほど吸収してくれる」と高い評価をしています。

 

アピールポイントはバッティングで

 

流し打ちや粘り打ちなど巧打の選手で適性打順は2番か6番のようなバッター。

 

守備も内野なら1塁以外は守れるというユーティリティプレーヤー。

 

打撃成績

試合 打率 本塁打 打点 安打
2016 122 273 5 33 105
2017 83 210 3 20 46
2018 16 367 0 6 18

3番 左翼手 伊藤隼太

出典元:http://bunshun.jp/articles/photo/6706?pn=1

 

生年月日 1989年5月8日

出身 愛知県瀬戸市

出身校 中京大学附属中京高等学校、慶應義塾大学

177cm/84kg

右投/左打

ドラフト1位

 

期待されながら中々芽が出なかった伊藤隼太選手。

 

外野手の競争も激しく金本政権になってからは主に代打として出場。

 

しかし、そこで結果を積み重ねていき代打の切り札として2017年、2018年は良いところでの代打起用が増えました。

 

間も無く30歳、というところで年齢的には崖っぷちなところがありますが

 

1つ、自分の役割と居場所を得た事で少し気持ちにゆとりが出来たように思います。

 

それが代打での好成績にも繋がっているのではないでしょうか。

 

バッティングは無駄な動きが減って最短距離からバットを振れているので安打の確率が増えました。

 

もう少しすればレギュラー獲りも夢ではないですね。

 

打撃成績

試合 打率 本塁打 打点 安打
2014 52 294 2 12 35
2015 63 252 2 12 34
2016 29 245 1 4 13
2017 73 261 2 9 18
2018 43 268 0 6 15

4番 一塁手 陽川尚将

出典元:https://www.nikkansports.com/m/baseball/photonews/photonews_nsInc_201806260000829-0.html

 

生年月日 1991年7月17日

出身 大阪府大阪市

出身校 金光大阪高等学校、東京農業大学

180cm/89kg

右投/右打

ドラフト3位

 

2018年、ブレイクした未完の大器。

 

4番候補で、天性のバッティングの角度を有する選手。

 

当たればスタンドに入るだけのバッティングがあるものの弱点の多い脆さのある選手でしたが

 

2018年からはタイミングの取り方が上手くなって追い込まれてからも粘りのあるヒットを打てるように。

 

チャンスにも強く、守備もそつなくこなします。

 

掴んだキッカケを無くさないよう長く1軍で活躍できる選手になって欲しいですね。

 

打撃成績

 

試合 打率 本塁打 打点 安打
2016 29 167 2 4 12
2017 17 167 1 1 3
2018 33 281 4 25 34

5番 中堅手 中谷将大

出典元:https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/05/17/gazo/20170516s00001173441000p.html

 

生年月日 1993年1月5日

出身 福岡県小郡市

出身校 福岡工業大学附属城東高等学校

187cm/93kg

右投/右打

ドラフト3位

 

2017年にブレイクし、和製大砲としてシーズン20本塁打を放った期待の若手選手。

 

1軍での試合出場を増やす為、1塁守備の練習を始めました。

 

選球眼が良く配球の読みも優れており、カウント毎に打席で工夫を見せるなど

 

賢い一面がある選手で覚醒すれば打率を残せる長距離砲。

 

もう一つ、壁を乗り越えてレギュラー選手になってもらいたいですね。

 

打撃成績

 

試合 打率 本塁打 打点 安打
2012 6 000 0 0 0
2015 11 182 0 0 2
2016 64 266 4 14 41
2017 133 241 20 61 99
2018 39 233 3 15 28

6番 三塁手 大山悠輔

出典元:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=

 

生年月日 1994年12月19日

出身 茨城県下妻市

出身校 つくば秀英高等学校、白鴎大学

181cm/84kg

右投/右打

ドラフト1位

 

2016年ドラフトではサプライズ指名で1巡目に選ばれました。

 

賛否あったものの1年目から持ち味のバッティングで長打を打ち続け、ルーキーながら4番に座るなど

 

首脳陣の期待が現れていました。

 

守備もボール捌きやスローイングで非凡なセンスを見せるなど

 

身体能力の高さを感じさせます。

 

2年目となる2018年では開幕、スタメンを張るも活躍できず2軍に降格するなど

 

プロの壁に阻まれていますが反発力を期待して

 

1軍でレギュラーを獲れるようになってもらいたい期待値の大きい選手です。

 

打撃成績

 

試合 打率 本塁打 打点 安打
2017 75 237 7 38 47
2018 65 202 2 16 35

7番 右翼手 江越大賀

出典元:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=

 

生年月日 1993年3月12日

出身 長崎県南島原市

出身校 海星高等学校、駒澤大学

182cm/82kg

右投/右打

ドラフト3位

 

ルーキーイヤーの2015年からスタメンを張る機会が増え、長打力を見せつけました。

 

荒削りながら当たれば飛ぶチーム随一の身体能力の高さを誇る選手で

 

走攻守揃ったアスリートタイプ。

 

課題となるバッティングで技術的な拙さを露呈し、1軍定着とはいきませんが

 

早くブレイクして欲しい選手。

 

打撃成績

 

試合 打率 本塁打 打点 安打
2015 56 214 5 16 36
2016 72 209 7 20 40
2017 28 077 0 0 1
2018 19 147 1 1 5

 

8番 遊撃手 植田海

出典元:http://bunshun.jp/articles/photo/7247?pn=1

 

生年月日 1996年4月19日

出身 滋賀県甲賀市

出身校 日本航空高等学校、近江高等学校

175cm/70kg

右投/両打

ドラフト5位

 

2018年、1軍に定着し、自慢の俊足と守備で猛アピール中の若手選手。

 

バッティングが課題で打率を残せずチャンスにも弱いという、走塁、守備に偏った選手ですが

 

セーフティバントなど小技を身につければ2番バッターとして活躍できそうな機動力のある選手。

 

2017年では2軍戦で盗塁失敗0で二桁盗塁を決めるなど抜群の走塁力が最大の魅力で赤星2世として期待が持てる選手です。

 

打撃成績

 

試合 打率 本塁打 打点 安打
2016 1 000 0 0 0
2017 13 278 0 0 5
2018 65 219 0 0 33

9番 捕手 梅野隆太郎

出典元:http://www.sankeibiz.jp/smp/express/photos/150822/exe1508220610003-p1.htm

 

生年月日 1991年6月17日

出身 福岡県筑紫郡那珂川町

出身校 福岡工業大学附属城東高等学校、福岡大学

173cm/77kg

右投/右打

ドラフト4位

 

1年目から正捕手候補として期待されており

 

バッティングが課題ながら守備は堅実で強肩がウリ。

 

配球面でも年々良くなってきました。

 

大学時代は4番を務めていただけあり、長打力がある選手で

 

バッティング技術が上がれば正捕手1番候補間違いなし。

 

是非ともバッティング面でブレイクして欲しい選手。

 

打撃成績

 

試合 打率 本塁打 打点 安打
2014 92 197 7 21 49
2015 56 239 4 18 33
2016 37 135 0 4 12
2017 112 206 2 33 58
2018 75 211 4 21 40

 

まとめ

 

今回は期待の若手だけで打線を組んでみるといういつもと趣旨の違う内容でしたが

 

いかがでしたか?

 

阪神には良い若手が沢山おり、非常に楽しみが多いです。

 

金本政権になってから一人はブレイクしている選手がいますから

 

期待せずにはいられません。

 

是非ともレギュラーの座を掴めるくらいの活躍を見たいですね。

 

では、今回は以上で終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました