隠し球ドラフト1位!近本光司(阪神)社会人出身の安打製造機は即戦力で活躍できる?

阪神タイガース
出典元:https://live-sports.yahoo.co.jp/special/baseball/amateur/player/2018_semi_outfielder/chikamoto_koji
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

 

2018年ドラフトでは注目の大阪桐蔭の根尾選手や藤原選手

 

金足農業の吉田選手、報徳学園の小園選手など

 

注目の高校生が多い中、阪神はドラフト1巡目で藤原選手を入札。

 

3球団の競合の末、外れとなりました。

 

続く、抽選では立命館大学の辰己涼介選手を入札するもまたまた外れ、

 

その次にようやく近本選手を入札し、単独指名となりました。

 

今年のドラフトは高校生がかなり有望株が多いので大学生や社会人などは知名度があまりないのですが

 

その中でも近本選手を知っている方は少ないのかな、と思います。

 

近本選手は大阪ガスに入社している社会人で、即戦力として期待された選手。

 

今回は阪神のドラフト1位、近本選手がどんな選手なのか

 

プレースタイルやアマチュア時代の活躍についてお話したいと思います!

 

 

近本選手のプロフィール

出典元:https://live-sports.yahoo.co.jp/special/baseball/amateur/player/2018_semi_outfielder/chikamoto_koji

生年月日 1994年11月9日

出身 兵庫県淡路市

出身校 社高等学校、関西学院大学

170cm/70kg

左投/左打

ドラフト1位

 

学習小学校から軟式野球を始め、東浦中学校では軟式野球部に所属していました。

 

社高校ではライト兼ピッチャーとしてプレーするなど野球センスを感じさせました。

 

2年夏の県大会でリードオフマン

 

3年夏の県大会で3番を担い、それぞれベスト8まで勝ち進みました。

 

3年夏の県大会5試合で打率4122打点を上げるなど好成績を残しました。

 

先発、中継ぎで各1試合ずつ、

7イニングに登板して5回戦、神港戦で61失点の好投を見せました。

 

県大会準優勝が最高成績となっており、甲子園出場は一度も叶いませんでした。

 

関西学院大学では2年秋からリーグ戦に出場しています。

 

3年春のリーグ戦で13番センターの座を掴み

 

打率379の好成績でベストナインに輝きます。

 

22安打を放ち、リーグ最多となる盗塁10個をマークするなど活躍した3年目。

 

5シーズンで29試合、43安打、打率35213盗塁をマークしています

 

右肘骨折で4年春、2戦目から離脱。

 

復帰した秋のリーグ戦で2本のホームランを打っています。

 

開幕、1回戦で1号ソロアーチをマークし

 

東克樹と対戦した1回戦で23ランを放ちました。

 

通算30試合、打率.35243安打、2本塁打、16打点、13盗塁。

 

大阪ガスでは1年目から公式戦に出場。

 

ルーキーながらレギュラーとしてチームを引っ張り、2次予選で2試合連続のホームランを放っています。

 

この活躍で神戸高砂の補強に選ばれ、都市対抗戦1回戦に2番・センターとして出場。

 

3安打の猛打賞を記録しています。

 

翌年の4月に行われた岡山大会では打率444で首位打者のタイトルを獲得しています。

 

7月の都市対抗戦では5番打者としてプレーし、初優勝を果たしました。

 

打率524で橋戸賞、首位打者を受賞。

 

身長170cmと俊足巧打の小柄な外野手。

 

ミート力がウリで広角に打ち分ける巧打の選手というのが選評となっています。

 

金本政権では強打者がドラフトで獲得する事が多かったですが

 

近本選手は対照的なプレースタイル。

 

アマチュア時代は上位打線を任される事が多かったですがプロではどの打順に入るのか楽しみですね。

 

ミート力があるという事で左打席の俊足も相まってリードオフマンが1番合いそうな気がしますが

 

今年は糸原選手が1番バッターとして活躍しています。

 

社会人出身という事で即戦力として期待されていると思いますが

 

近本選手というピースをどうはめ込んでいくのか、矢野新監督の構想が今から楽しみです。

 

 

近本選手のプレースタイルやポジションについて

 

近本選手のプレースタイルは広角に打つ安打製造機で

 

ミート力に優れた選手。

 

また、足も速く盗塁も期待できるので主に1、2番に置くと面白いかもしれませんね。

 

ミート力があるから小手先のバッターなのかと思えば

 

しっかり振り切るスイングなので力強い打球も出て、とても面白い選手。

 

覚醒すればかなり頼もしい選手になってくれそうです。

 

ポジションは外野手を守っており俊足を活かした守備、堅実な守りも評価が高いです。

 

【都市対抗野球2018】大阪ガスの近本光司、レフトスタンドへ勝ち越しソロHR!

 

近本選手は即戦力として活躍できる?

 

社会人を取ったのですから即戦力として活躍してほしいところ。

 

近本選手のプレーを見ている限り非常に楽しみな選手。

 

気になるのは外野手というところ。

 

現状、阪神の外野陣は福留選手、糸井選手というベテランから

 

俊介選手、伊藤選手といった中堅ところ

 

さらには中谷選手、高山選手、陽川選手など若手も多く

 

そこに割って入っていけるのか気になるところ。

 

また、足を大きく上げるフォームはバランスを崩しやすくシーズン通して安定した結果を出せるのかも気になりますね。

 

ですがバッティング自体はセンスを感じますし、期待させるだけのものはあります。

 

近本選手のイメージとしては中日の大島選手のような感じでしょうか。

 

リードオフマンタイプで、長打も打てるバッター。

 

 

まとめ

 

今回は近本選手についてのお話でした。

 

即戦力外野手でバッティングにセンスを感じるバッター。

 

阪神ファンからしてみれば吉田投手を1巡目で指名していたら単独で獲得できたのに! と思っているかもしれませんが

 

こればっかりは運なので仕方ありませんね。

 

思えば過去のドラフトも佐々木投手や安田選手を1巡目で単独指名できるチャンスはあった阪神。

 

つくづく、運がありませんが何だかんだ獲得した選手は活躍していますし

 

阪神のスカウト陣を信じましょう!

 

では、今回は以上でお話を終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました