広島・丸佳浩の人的補償について推察! 不足している左投手が最優先か?

広島東洋カープ
出典元:http://www.carp.co.jp/sponsor18/campaign.html
スポンサーリンク
スポンサーリンク

出典元:http://www.carp.co.jp/sponsor18/campaign.html

 

 

こんにちわ貴浩です!

 

2018年のストーブリーグはかなり白熱していますね!

 

注目だった西武・浅村選手、オリックス・西投手、広島・丸選手などズラリ。

 

浅村選手は楽天へ行き、丸選手は悩んだ末に巨人へ。

 

西武、広島はそれぞれリーグ優勝し、その優勝の立役者がそれぞれFAで他のチームに移りましたが

 

移籍前までは、ファンの方々は毎朝ネット記事を見るのを日課に、吉左右を待っていたのではないでしょうか。

 

それくらいチームを離れると困る選手。

 

しかし、結果は両者とも他球団移籍となりました。

 

主軸か抜けた穴はかなり大きいですが両チームとも新たなチーム作りに着手。

 

そこで来年のペナントレースの順位を占うのがチーム全体の補強ポイント。

 

今回は広島に焦点を当てて考察していきたいと思います。

 

広島と言えば打撃と走力をウリにする攻撃型のチームです。

 

野手に関して言えば層の厚さを感じる隙のないチーム。

 

ですが前々から投手陣の育成が思うようにいっていません。

 

左腕不足であったり中継ぎ不足が心配されている実情。

 

なので広島は投手の補強が急務。

 

巨人に移籍した丸選手の人的補償は投手、とくに左腕を獲得したいと思うのではないでしょうか。

 

人的補償は相手の求める選手をいかにサーチしていくかが鍵になっており

 

プロテクトする選手としない選手の選別はかなり駆け引きのある心理戦。

 

巨人の2軍にいる選手は皆、力のある選手が多く、他球団からしてみれば宝の山。

 

広島のせめてもの楽しみはこのプロテクトから漏れた逸材を掘り起こす事でしょう。

 

では、ここから巨人がプロテクトするであろう選手、プロテクト漏れするであろう選手を考えてみたいと思います。

出典元:https://tsms-affiliate.com/carp-maru-zanryuu-or-lotte-or-giants/

 

プロテクト入り

 

*投手15人*

菅野 山口 吉川 内海 鍬原 畠 田口  澤村 今村 宮國 谷岡 野上 高田 大江 中川

 

*内野手5人*

阿部 坂本 岡本 吉川 田中

 

*外野手5人*

長野 陽 重信 石川 松原

 

*捕手3人*

小林 大城 岸田

 

 

プロテクト漏れ

*投手*

森福 大竹 戸根 池田 高木京 桜井 田原

 

*内野*

山本 若林 北村 湯浅 吉川大

 

*外野*

立岡 村上 和田

 

*捕手*

宇佐見 田中 

 

考察

 

出典元:http://livedoor.blogimg.jp/koisokucarp/imgs/9/7/971144c7.jpg

広島からしてみれば補強ポイントは投手陣、しかもできるなら左腕が良いと思っている筈。

 

巨人の左腕投手といえば池田投手や中川投手ですが

 

中川投手はポテンシャルをかなり秘めている投手ですのでプロテクト入りしました。

 

池田投手は細身ですがキレのあるストレートを投げるので外すのは惜しいですが

 

コントロールが無ければ厳しい投手ですので外すに至りました。

 

あと、大竹投手を外しています。

 

取るならどうぞ、という感じです。

 

2軍で結果を出しているようてすが1軍でそう長く活躍できるとは思えないので外しました。

 

大竹投手を取ってくれたらラッキー、くらいに思っています。

 

内野手は絶対に外せない選手だけを選りすぐりました。

 

外野手は和田選手を外すのはとうかと思いましたが松原選手と悩み、松原選手を選びました。

 

走力が魅力で、どうしてもメジャーのオールスター軍団相手に放ったランニングホームランが印象的で入れてしまいました。

 

本当なら和田選手をプロテクトしても良いのだと思います。

 

広島からしてみれば人的補償では一岡投手で良い思いをしていますから若い投手を狙ってきそうな気がします。

 

広島は2018年シーズンは先発がゲームを作れず中継ぎを酷使した不安があります。

 

フランスア投手などその筆頭で翌年も活躍してもらうにはある程度登板には気を遣わなくてはいけないと思いますから

 

中継ぎの層を厚くするのが堅実で賢い選択なのかな、と思います。

 

池田投手とか良いと思いますね。

 

まだまだ若いですし独特のフォームでストレートにキレもあります。

 

ドラフト1位の桜井投手もプロテクト漏れしていますが右肘を壊してからフォームを崩し全く活躍できていません。

 

フォームを作ってあげればかなり面白い投手である事には間違い無いのですが

 

そこまでのリスクは犯せないと思うので

 

やはりある程度実績があって計算しやすい選手がいいのかな、と思います。

 

 

まとめ

 

今回は広島の人的補償の予想でした!

 

広島は2年連続MVPの選手が抜けた穴は大きいですがまだまだ活きの良い若手選手は沢山いますから新たなチームの顔を育てていってもらいたいところ。

 

チームとしては投手の補強がポイントですので投手の獲得に動きそうですね。

 

巨人の2軍は逸材だらけですから出場機会が増える可能性が高い広島なら一気にブレイクしそうですね。

 

一岡投手の成功例もありますから非常に楽しみな人的補償となりそうです。

 

では今回は以上で終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました