ソフトバンクのグラシアルが自由契約!理由はキューバ政府との交渉難?他球団に移籍の可能性は?

福岡ソフトバンクホークス
出典元:https://baseballgate.jp/p/275220/
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

 

今回はソフトバンクの助っ人グラシアル選手について。

 

グラシアル選手は備えとして2018年2月に加入しました。

 

外国人枠をもぎ取り、チームの打撃不足を見事に補う活躍を見せました。

 

52試合、打率292、9本塁打、30打点という成績を収めてペナントレースを終える文句なしの成績。

 

ポストシーズンでは

 

CS6試合で22打数、10安打、打率455という成績。

 

奇襲セーフティバントでノーアウト満塁のチャンスを作ったりと小技も使える、

 

さらに内外野守れるユーティリティプレーヤー。

 

世代交代が遅れるソフトバンクに現れた救世主と言えます。

 

そんなグラシアル選手が自由契約となってしまい、ファンからは悲壮と疑問の声が上がっています。

 

今回はソフトバンクのグラシアル選手がなぜ自由契約になったのか

 

また、他球団との交渉の可能性についてお話したいと思います!

出典元:https://baseballgate.jp/p/275220/

 

グラシアル選手のプロフィール

 

生年月日 1985年10月14日

出身 キューバ グアンタナモ州グアンタナモ

185cm/82kg

右投/右打

 

2018年2月にキューバから派遣という形でソフトバンクに加入しました。

 

1年契約で年俸は5500万となっています。

 

グラシアル選手の獲得のキッカケはWBCで菅野から打ったホームラン

 

出典元:https://baseballgate.jp/p/158246/

 

グラシアル選手は2017年のWBCでキューバ代表として出場し、日本と対戦しています。

 

その際に日本のエース菅野投手からホームランを放つなど活躍。

 

それを背景にソフトバンクはグラシアル選手と契約しました!

バッティングは振り回すような粗さがなく綺麗なスイングです。

 

また、小技も上手く、バントなどもこなせます。

 

守備も内外野守れるユーティリティプレーヤーで

 

3塁、1塁は松田選手や内川選手などが守っていますがどちらもバッティングは不振で

 

代わりが務まるなくてはならない選手。

 

守備も堅実で、ソフトバンクからしてみれば来年も戦力として迎え入れたい助っ人だと思います。

 

 

グラシアル選手が自由契約になったのはなぜ? また、他球団との交渉はあるのか?

 

グラシアル選手が契約が纏まらないのはなぜか。

 

その要因は恐らくキューバ政府が絡んでいると思われます。

 

グラシアル選手は派遣という形でソフトバンクに加入していますが

 

ある程度の活躍を見込めた事から、キューバ政府はある程度の金銭を要求してくる可能性があります。

 

ソフトバンクは外国人枠の上限を超える選手を雇っていますから、グラシアル選手をレギュラーで使えるかどうかはまだ未定。

 

キューバからしてみれば1年間通して使ってもらいという思いはあると思います。

 

自由契約とはなっていますがソフトバンクは調査は継続して行っており

 

再びソフトバンクが契約する可能性が高いのでは、と個人的には思います。

 

他球団が欲するかどうかですが

 

グラシアル選手は33歳と年齢的に長く日本で活躍するのは難しそうです。

 

なのでこのままソフトバンクと契約を結ぶのが現実的。

 

多少金銭の吊り上げがあったとしてもソフトバンクなら支払える余裕があり、また補強ポイントに合致するので

 

多少の高値は飲むと思います。

 

何にしても政府との交渉は厄介なものですから

 

もう少しだけ結果が出るのは時間がかかりそうです。

 

 

まとめ

 

今回はソフトバンクの助っ人グラシアル選手についてのお話でした!

 

グラシアル選手は今年、ソフトバンクになくてはならない存在として実力をアピールしました。

 

とくに下克上で西武を下した試合ではグラシアル選手の活躍が光りました。

 

2019シーズンもグラシアル選手の力は絶対必要だと思いますし

 

シーズン通して試合に出れば20本塁打は打てるだろうという選手。

 

世代交代の繋ぎとして必ず残って欲しい選手です。

 

ナイスガイでチームに溶け込む姿も好印象。

 

ファンの心を掴んだキューバ助っ人が来年も福岡でプレーしている事を切に願います!

 

では、今回は以上でお話を終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました