巨人打線2019 丸加入で隙のない打線が完成か

東京読売ジャイアンツ
出典元:http://www.giants.jp/smartphone/G/gnews/news_3912278.html
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

 

今回は巨人の2019年の打線をずばり予想したいと思います!

 

2018年オフシーズンは大物選手のFAでかなり白熱しましたね。

 

広島優勝の立役者で2年連続のMVPとなった丸選手が巨人に移籍した時はかなり驚きましたが

 

ビックネームが目白押しの巨人。

 

2019シーズンの打線ははっきり言ってとんでもない打線になりそうです。

 

使いたい選手が沢山いるので人によって様々な打線が出来そうですが今回は私の独断と偏見で打線を構築していきます!

 

では、早速いきましょう!

 

出典元:http://www.giants.jp/smartphone/G/gnews/news_3912278.html

 

スポンサーリンク

 

 

1番・二塁手 吉川尚輝

まず順に選考理由を書いていきたいと思います。

 

吉川選手の1番については、色々な要素がありますがまずは制約の少ないところで打たせたかったというところですね。

 

2018シーズンは活躍しましたが来年はどうなるか分からない。

 

だから少しでも負担の少ないところで打たせたかったというのが1つ目で

 

2つ目に、2番には他の入れたい選手がいたので次に良いなと思った1番という打順に収めました。

 

贅沢な器用ですが、能力の高い選手ですし多く打席に立たせて経験を積ませたい狙いもあります。

 

 

2番・遊撃手 坂本勇人

この打線の1番の注目はここです。

 

坂本選手は率を残せる上に長打も出る選手。

 

もし、2番に馴染んでもらえるなら打線が一気にハマる可能性があります。

 

チャンスを大きく広げるのに坂本選手のような中距離ヒッターが適任。

 

大胆ですが面白い打順だと思います!

 

 

3番・中堅手 丸佳浩

続いてはFA移籍した丸選手。

 

原監督は丸選手を2番起用もあるという言っていましたが個人的にはジグザグな打線を組みたかった事もあり

 

坂本選手を2番に置きました。

 

必然的に3番に収まるのは広島でも主に3番を任されていた丸選手。

 

点も取れるは出塁できるわチャンスメイクできるわのオプション満載の丸選手はやはりこの打順が適切ではと思います。

 

4番・三塁手 岡本和真

4番は若き大砲である岡本選手。

 

岡本選手にはどっかりと4番に座ってもらい、とにかくヒットを打ってもらう。

 

そういうポジションが1番ハマるのでは、と思います。

 

とにかくバットで結果を出すタイプで小細工のいらない王道な4番打者タイプなので

 

この打順に収まりました。

 

5番・一塁手 ビヤヌエバ

岡本選手の後ろに立つのは現役メジャーリーガーのビヤヌエバ選手。

 

粗さはあるものの、当たればホームランなフリースインガーは、警戒心を煽るには十分な身体能力。

 

岡本選手が勝負を避けられないようにするにはやはりビヤヌエバ選手くらいのパワーヒッターが適任。

 

という事で、5番に収まりました。

6番・右翼手 長野久義

この打順は結構悩みました。

 

この打順は下位打線で1つ得点源になりやすい場所ですから

 

その中で点を取ってくれそうな外野手を思い浮かべたら長野選手の名前が浮かびました。

 

毎年、打率270くらいで10本塁打をコンスタントに打つ選手は結構貴重で

 

長野選手を超える選手は大目に見て陽岱鋼選手ですが

 

やはり長打力という面では長野選手に軍配が上がります。

 

何だかんだで長野選手は凄い選手なんです。

7番・左翼手 重信慎之介

 

外野のもう一枠は育成枠的な意味を込めて重信選手にしました。

 

他にも国際大会でランニングホームランを打った松原選手とか

 

和田選手とかいるんですが

 

2018シーズンの成績と左打者というところで重信選手にしました。

 

足の速い選手をここに置くのは勿体ない限りなのですが

 

楽な打順なら気負いし過ぎる事もないでしょう。

8番・捕手 小林誠司

 

捕手は個人的には小林選手を育てて欲しいんですよね。

 

32歳までに小林選手がリードを磨けばベテランをバックに置く必要もなく大城選手など若手捕手を育成できますから。

 

バッティング度外視で小林選手を選出!

 

肩も強いですしバッティングはたまに劇場版のび太になる事があるのでそういうのも期待しつつの器用ですね。

 

まぁでも、バントさえできればバッティングに文句は言いませんのでバントを猛練習して欲しいですね。

 

 

9番・投手 菅野智之

開幕投手といったら菅野投手以外は考えられないですね。

 

日本はもはや狭いと言わんばかりの毎年タイトル総ナメの活躍。

 

完投数もエゲツない。

 

投手は菅野投手一択!

 

菅野投手が登板の時は小林選手と打順変わっても良いんじゃないかと思うくらいにバッティングのセンスはありますし

 

やはりエースはセンスが光りますね。

 

 

まとめ

 

今回は巨人の2019年打線の予想でした!

 

個人的な予想ですが

 

中々面白そうな打線だと思います。

 

巨人はビックネームを取った事で左右の代打の切り札、阿部選手と中島選手がいて

 

代走には松原選手、守備固めには陽岱鋼選手など

 

駒が揃っています。

 

阿部選手が捕手に復帰した事で代打からマスクを被る事だって出来るわけで非常にバリエーション豊かな戦い方が出来るようになりました。

 

駒を揃えたらそれを上手く使うのが原監督という男。

 

育成は抜きに、勝つ野球ができる監督なので2019シーズンは結構期待値が高いですね。

 

若手の育成はコーチに何とかしてもらいましょう。

 

では、今回は以上で終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました