巨人にビッグネームずらり!岩隈久志も入団!怪我明けで戦力としては微妙?

東京読売ジャイアンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

 

今回は巨人に入団を決めた元マリナーズの岩隈久志投手についてお話したいと思います!

 

岩隈投手は2016年以降メジャーで投げておらず

 

2017年の怪我の影響で2018シーズンは1Aで実戦登板をほんの数イニングしたのみ。

 

メジャー復帰は叶わず、日本球界でプレーしたいという意思を示し、現役続行を決意しました。

 

当時、メディアでは巨人、楽天が獲得に意思を示しましたが

 

結果的に巨人が獲得に成功しました。

 

巨人は2018シーズンオフ、大補強を敢行しました。

 

西武から炭谷捕手、広島から丸外野手、オリックスから中島内野手、そして今回は岩隈投手。

 

ビッグネームが目白押しな巨人に、2019シーズンは波乱の予感がしますね!

 

今回は先発補強として獲得した岩隈投手について

 

経歴や巨人で活躍できるか、など紐解いていきたいと思います!

 

出典元:https://baseballgate.jp/p/144068/

岩隈久志の経歴

 

生年月日 1981年4月12日

出身 東京都東大和市

出身校 堀越高等学校

190cm/95kg

右投/右打

ドラフト5位

 

ドラフト5位で近鉄に入団し、2年目から1軍でプレーしました。

 

その年、4勝2敗しています。

 

当時、先発陣の駒が不足していたのもあって岩隈投手の活躍は大きな価値がありました。

 

さらに、この年リーグ優勝しており、岩隈投手はそれに大きく貢献しています。

 

2003年は15勝し、最多完投、最多無四球を記録しています。

 

2004年は開幕投手を務め、15勝2敗とエースの活躍

 

しかし金銭トレードで楽天に移籍

 

2005年から2011年までプレーしました。

 

2008年には沢村賞、最優秀選手、ベストナイン、最優秀バッテリーなどタイトルを多数獲得

 

その後、メジャーでプレーする事に。

 

マリナーズへ移籍しました。

 

2012年、16試合、8勝4敗、防御率2.65という成績を残しました。

 

2013年は15勝

 

与四球21と制球力が光りました

 

2015年には8月12日オリオールズ戦でノーヒットノーランを達成

 

日本人では野茂茂雄以来の快挙でした。

2016年は防御率4点台でしたが16勝を挙げています。

 

2017年は怪我の影響もあってほぼメジャーで投げませんでした。

 

2018年、9月に右肩を手術したこともあり、マイナーで実戦登板することに。

 

しかし、以降、メジャーに昇格することはなく、日本でプレーする事を決断。

 

そして12月6日に巨人に入団

 

それまでは楽天も獲得に動いていましたが面識のあった原監督の言葉に心傾き、巨人入団を決めました。

 

スポンサーリンク

岩隈投手が巨人に入団!年俸や契約年数について!

 

12月9日時点で巨人入団した際の年俸や契約年数については情報が出回っていませんでしたので

 

出てき次第追記したいと思います!

 

岩隈投手は先発起用?日本復帰で活躍はできる?

 

岩隈投手は基本線として、先発起用すると原監督は明言しています。

 

2018シーズン、巨人は投手陣で苦しみましたが、とくに先発陣は若手が並び、怪我や不振で思うように回らなかった部分もありますから先発にもう一つ厚みを持たせる狙いがあるのではないでしょうが。

 

岩隈投手には戦力としてだけではなく若手の教本になってもらいたいですね。

 

活躍できるかどうかに関しては未知数な部分が大きいですね。

 

なにせ、2017年に手術してから実戦登板で投げたイニングが数イニングとほぼ投げていません

 

 

試合感覚は怪しいところ、また、右肩を怪我しているのは致命的。

 

さらにメジャーではほぼ毎年のように怪我をしており、かなり満身創痍の状態。

 

不安要素はかなり多いです。

 

しかし、中日に移籍した松坂投手の成功例もありますから一概に否定はできませんね。

 

まとめ

 

今回は岩隈投手についてのお話でした!

 

巨人はオフに大型補強に乗り出し、4年ぶりのリーグ優勝を狙っている状態。

 

そんな中で岩隈投手というベテランの加入はチームに色々な要素をもたらしてくれると思います。

 

もちろん良い面だけでなく、ポジションを占領する要素もありますがメジャーで活躍した右腕は若手の良いお手本となってくれるでしょう。

 

相乗効果を期待しながら巨人の活躍を期待しましょう!

 

では今回は以上でお話を終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました