(巨人)菅野は2020年ポスティングでメジャーに行けるか!?経歴や通算タイトルなども一挙ご紹介!

東京読売ジャイアンツ
出典元:https://ironna.jp/article/7444
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

 

今回は巨人のエース、菅野智之投手についてお話したいと思います!

 

菅野投手は今や日本を代表する投手、2018年オフから背番号「19」から「18」とエース番号に変わりました

 

毎年、タイトルを獲得するなど

 

投手として非常に優れており、日本では敵なしの無双状態

 

メジャーも菅野投手が海を渡る事を心待ちにしており、本人もメジャー思考が強い。

 

ファンの方々も菅野投手をメジャーで見たいと思っている方は少なくないと思います。

 

ですが菅野投手は海外FA権を取得するのは2021年

 

32歳になったら、というのが実情。

 

巨人はポスティングを認めておらず

 

メジャーに行くとしたら全盛期も佳境に入ったところ。

 

長くメジャーでプレーするのが難しい、というところ。

 

しかし、菅野投手に異例のポスティングシステム利用に許可が下りるかもしれません!

 

今回は菅野投手のポスティング利用によるメジャー挑戦の可能性について探っていきたいと思います!

 

また、経歴や年俸、通算タイトルについてもお話します!

 

出典元:https://ironna.jp/article/7444

菅野投手の経歴

 

生年月日 1989年10月11日

出身 神奈川県相模原市

出身校 東海大学付属相模高等学校、東海大学

186cm/92kg

右投/右打

ドラフト1位

 

菅野投手は大学4年生の時にプロ志望届を提出し、当時監督だった原監督の甥っ子のため巨人の単独指名が予想されましたが

 

日本ハムが強行で1位指名しました

 

日本ハムは事前の挨拶なしに菅野投手を指名したとあって巨人から批判を受ける事に。

 

巨人も1位指名で日本ハムと競合

 

結果、日本ハムが獲得の権利を得ましたが菅野投手はこれを拒否

 

野球規則によって社会人野球や独立リーグ、海外リーグなどに入ると2年間はドラフトに参加する事ができない為

 

菅野投手は1年浪人して

 

翌年に再びプロ志望届を提出

 

巨人が単独1位指名で獲得となりました

 

その年、菅野投手は即戦力投手として活躍。

 

同期で入団したヤクルトの小川投手と阪神の藤浪投手と共に新人王を争いました。

 

結果的に小川投手が新人王を獲得しますが

 

それでも菅野投手はその年

 

13勝6敗、防御率3.12という数字を叩き出しました

 

2015年まで3年連続の二桁勝利を挙げています

 

2016年は9勝6敗と初めて二桁勝利を逃しましたがその背景には

 

クローザーの澤村投手がことごとくリードを守れず白星を消してしまったのが主に要因で

 

本来であれば二桁に乗っていてもおかしくない投球内容でした

 

球団もそれについては理解を示し、年俸も中身を評価して昨年よりも2000万アップの1億3000万を提示しています。

 

2017年はキャリアハイの成績を叩き出す活躍で

 

17勝5敗、防御率1.59

 

無類の強さを見せつけました。

 

さらにこの年、タイトルを総ナメする勢いで

 

最多勝、最優秀防御率、ベストナイン、ゴールデングラブ賞、最優秀バッテリー賞、沢村賞

 

6冠を達成しました!

 

自身初の沢村賞に、菅野投手もや言葉に表せないくらい感動」

 

投手として最も名誉ある賞に喜びを感じていました。

 

菅野投手はタイトルを独占するほどの活躍を見せますが燃え尽きる事なく翌年も

 

15勝8敗、防御率2.14で

 

最優秀防御率、最多奪三振、最多勝、ベストナイン、ゴールデングラブ賞、沢村賞

 

を獲得しています。

 

2年連続での沢村賞獲得は史上5人目でした

 

2018年オフ、背番号「18」に変更。

 

エース番号を背負う事になりました。

 

スポンサーリンク

菅野投手の年俸や成績について

菅野投手は日本を代表する投手で毎年タイトルを獲得する常連。

 

入団してから1度もスランプに陥った事がない菅野投手ですが

 

年俸の方も年々増え続けています。

 

2013 1500万
2014 7000万
2015 1億1000万
2016 1億3000万
2017 2億3000万
2018 4億5000万

2018年は圧巻の年俸。

 

毎年凄みを増してくる菅野投手に

 

流石の巨人もこれ以上年俸を上げるのは厳しいでしょうね。

 

仮にチームが優勝でもして菅野投手もキャリアハイの活躍をしようものなら6億は出さないといけなくなりそうですが

 

巨人が過去に投手で提示した最高年俸は6億1000万。

 

巨人はビッグネームが揃う中で高給取りが起きており、菅野投手の活躍は嬉しいようで、かなり悲鳴を上げたくなる状況でもあります。

 

やはり、日本のエースは国内にとどめておくのは無理があるのかもしれませんね。

 

続いては通算成績についてです。

 

毎年、コンスタントに結果を残す菅野投手は成績がずば抜けて優秀です。

登板 勝利 敗北 防御率
2013 27 13 6 3.12
2014 23 12 5 2.33
2015 25 10 11 1.91
2016 26 9 6 2.01
2017 25 17 5 1.59
2018 28 15 8 2.14

菅野投手はポスティングを利用できる可能性がある?

出典元:https://instagrammernews.com/detail/1852854675649523125

 

さて、ここからは菅野投手の将来の話についてです。

 

菅野投手は日本を代表するエース。

 

毎年、結果を残し続けていますが流石に毎年のようにタイトルを獲得している菅野投手を見ていると

 

日本はもう狭いんじゃないか、と思ってしまいます。

 

菅野投手も当初はメジャー志向はあまりない雰囲気でしたが

 

WBCをキッカケに思いは変わっていきました。

 

2017年オフにはこうしたコメントも出ています。

 

今は彼(大谷)のように絶対的な力がない。でもこれから3、4年ありますが、絶対的な力をつけて文句なく行けるようにしたい。

出典元:日刊スポーツより

 

報知プロスポーツ大賞に出席した際のコメントです。

 

2017年は日本ハムの大谷選手がメジャー挑戦を表明しましたが

 

菅野投手もメジャーの思いについてはっきりと公言しました。

 

最優秀防御率2年連続受賞や沢村賞2年連続受賞など

 

名誉あるタイトルを独占してきた菅野投手からしてみれば世界に目を向けたくなる気持ちも分かります。

 

さらに2018年オフに獲得した元マリナーズの岩隈投手の存在もメジャー志向に拍車をかけるのでは、と言われています。

 

もはや菅野投手がメジャーに行くのは避けられない事実。

 

しかし菅野投手が海外FA権を取得するのが2021年、32歳に達した時。

 

全盛期の終盤でメジャー挑戦するしかないのが現実。

 

巨人は歴史を振り返ってもポスティングを認めた例はありません。

 

上原投手ですら海外FA権を取得してから海を渡ったくらいです。

 

ですが。

 

菅野投手にはポスティングシステム利用の権利を得る事が出来るかもしれません。

 

菅野投手の唯一の強みがドラフトでの入団の経緯

 

菅野投手は1度、日本ハムに断りを入れて1年間の浪人生活を送る事になりました

 

菅野投手ほどの選手が1年を棒に振るという事は大変な損失。

 

巨人もこれに関しては負い目を感じているはずです。

 

さらに毎年のようにタイトルを獲得し、2年連続となる沢村賞受賞するなど

 

巨人であっても菅野投手を養っていけるだけのお金はそこまではないでしょう。

 

一部で囁かれているのは

 

2020年の東京オリンピックが終わってからポスティングを認めるのではないか、という意見

 

東京オリンピックでは国内組で臨む可能性が高く

 

日本代表のエースは菅野投手が濃厚

 

オリンピックが終わり次第、ポスティングを認めるのではないかという声が上がっています。

 

1年前倒しのメジャー挑戦は本人には朗報でしょう。

 

菅野投手は完投能力が高く、2021年には1500投球回に達するのでは、とメジャーは予想しており

 

そうなると菅野投手の活躍は懐疑的になる可能性があります

 

なるべく早く挑戦して欲しいなと、プロ野球ファンとしては思います。

まとめ

 

今回は菅野投手についてのお話でした!

 

菅野投手はもはや日本に留まるほどの投手ではありません。

 

2018年オフに原監督が再び就任し、菅野投手の引き留めの大役を務めていると言われていますが

 

原監督からも菅野投手の夢を後押しする言葉を掛けてもらいたいなと個人的には思います。

 

巨人ファンからしたら菅野投手がいなくなるのは寂しい事だとは思いますが

 

菅野投手が目一杯野球をする姿を見たいと思う人も少なくないと思います。

 

私も個人的にはメジャーで思い切りプレーする姿を見たいと思う1人なので異例のポスティングを認めて欲しいなと思っています。

 

では、今回は以上でお話を終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございまた!

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました