及川雅貴(横浜高校)スカウト評価や投球スタイル、テレビ出演についてなど

高校野球
出典元:https://www.nikkansports.com/m/baseball/highschool/photonews/photonews_nsInc_1856096-0.html
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

 

今回は横浜高校の及川雅貴投手についてお話したいと思います!

 

 

及川(およかわ)と呼ぶ、非常に変わった苗字で、そこら辺は間違いやすい呼び方となっております。

 

今回はそんな及川投手についての考察です。

 

中学生の頃は「スーパー中学生」と呼ばれるなどポテンシャルの高い左投手。

 

中学卒業間際の時にテレビに出演しており、中日の平田選手や西武の秋山選手や森友哉選手と対戦しており

 

注目された投手。

 

名門、横浜高校に入学して研鑽を積んでいる及川投手の経歴や投球スタイルや球種について、スカウト評価についてお話したいと思います!

 

また、ゴーイングにもテレビに出演しており、そのエピソードについても触れていこうと思います。

 

出典元:https://www.nikkansports.com/m/baseball/highschool/photonews/photonews_nsInc_1856096-0.html

及川投手の経歴

生年月日 2001年4月18日

出身 千葉県匝瑳市

出身校 匝瑳市立八日市場第二中学校、横浜高等学校

181cm/66kg

左投/左打

 

須賀小学校3年生に軟式野球を始め、八日市場二中学では匝瑳シニアに所属していました。

 

小学6年生で千葉ロッテJr.チームに入っており

 

中学3年生ではU15代表入りを遂げています。

 

中学3年生の時に、すでに身長が181cmあり、最速138kmのストレートを投げて、「スーパー中学生」と呼ばれて注目を集めていました

 

3年生の時には、U-15日本代表に選出され、エースとして第3回WBSC U-15ベースボールワールドカップ」準優勝しています

 

最優秀防御率賞も受賞

 

また、2017年2月26日に放送されたテレビ番組「ビートたけしのスポーツ大将」に出演し

 

西武の秋山翔吾選手や森友哉選手、中日の平田良介選手と対戦しています

 

平田選手からは、ストレートで空振り三振を奪い

 

「普通にプロでいるピッチャー」

と言われるなど能力の高さを褒められていました。

 

横浜高校では1年春から背番号25でベンチ入りを果たしています。

 

1年生ながら県大会決勝に先発として起用され、1回とアウト1つ分投げ、

 

6失点の苦投で公式戦ほろ苦デビューとなりました。

 

また、同じ年の夏の予選初戦、南戦で4回1安打0封の好投を見せました。

 

配球のほとんどがストレートで構成されており、6奪三振するなど力投

 

視察したヤクルトスカウトから高い評価を受けました。

 

強豪、秀岳館との対戦となった甲子園初戦で中継ぎとして全国デビューを果たしました。

 

最速142kmをマークし、スライダーを交えて3回1奪三振、3四死球、0封と好投しました

 

1年秋の県大会では先発を担うも、

 

鎌学高校相手に2回と2アウト分まで投げるも

 

6失点と打たれて8強で敗退。

 

この敗戦を糧に猛練習。

 

2年春の関東大会で150kmをマーク6月の練習試合で152kmをマークし、左投手ながらパワーピッチャーの風格を見せました。

 

同じ年の夏、甲子園に出場すると

計7回、10奪三振、防4.91を記録

 

昨年に優勝した花咲徳栄相手に3回戦でぶつかると

 

先発を任され、6回、7安打、8奪三振、4失点という結果で白星を挙げました

 

 

スポンサーリンク

及川投手の投球スタイルや球種について

 

及川投手は力のある真っ直ぐを武器に

 

変化球で三振を取っていくタイプ。

 

ストレートは最速153km

 

変化球は縦横のスライダー、カーブ、チェンジアップとスタンダードな球種

 

チェンジアップは右打者のアウトコースに有効で

 

右左関係なく戦える投手です。

 

及川投手のスカウト評価について

 

及川投手についての評価を抜粋。

 

日本ハム「プロでも三振を取っていける、非常に将来性豊かな投手」

 

横浜「右打者の膝元にしっかり放れる。スライダーが素晴らしい」

 

ソフトバンク「大型左腕であれだけボールを操れる。今すぐにでもとりたい」

出典元:

及川 雅貴(横浜) - ドラフト・レポート
ドラフト会議をより楽しむために。ドラフト候補情報、12球団ドラフト情報を配信しています。

 

ポテンシャルの高さを評価されていますね。

 

及川投手は左投手ながら高校生で150kmを投げる力投派。

 

まだ粗さはありますがフォームを見る限りではコントロールし易い投げ方で、

 

インコースにビシッと決められるストレートもありますから

 

非常に魅力ある投手だと思います。

 

及川投手のゴーイング出演の動画をご紹介!

中学3年生の時、スーパー中学生として話題になった時、ゴーイングで

 

元阪神タイガースの赤星さんに取材を受けたことがある及川投手は

 

普段の練習風景を撮影されていました。

 

その動画がこちら!

 

スーパー中学生野球 及川雅貴(中学3年) 大谷翔平との共通点が!

 

ブルペンでの投球は流石の一言。

 

フォームが柔らかく、ストレートの球筋なんかとても綺麗です。

 

肩の可動域が広いのも動画の途中で紹介されています。

 

コントロールに難があるとは言っても自分のスポットを見つけたら一気にコントロールピッチャーに変貌すると思います。

 

力勝負もできてコントロールも良い。

 

阪神の能見投手のようなタイプのピッチャーになりそうな予感がしますね。

 

ポテンシャルはメジャー級ですからこれからどんどんスケールも大きくなっていくでしょうし

 

非常に楽しみな投手です。

 

まとめ

 

今回は及川投手についてのお話でした!

 

ポテンシャルの高さから、中学生の頃からテレビでも取り上げられるほど。

 

日本の投手は質が良いですから非常に将来が楽しみ。

 

及川投手がプロの舞台に立つのがとても待ち遠しいです。

 

これからも研鑽を積んで隙の少ない投手になっていって欲しいですね。

 

では、今回は以上で終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました