東京五輪2020年野球代表メンバーを考察!国内組だけでも戦力十分?

阪神タイガース
出典元:https://dot.asahi.com/print_image/index.html?photo=2017080100070_1
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

 

今回は2020年の東京五輪、野球メンバーについてお話したいと思います!

 

オリンピックの競技で野球が見事復活し、さらに日本で開催。

 

是非ともメダルが欲しいところ。

 

オリンピックの開催期間中は日本はペナントレースを中断するもののメジャーは中断しないため

 

大谷翔平、前田健太、田中将大などビックプレイヤーは不参加の模様。

 

国内組だけでの戦いとなりますがそれでも戦力は十分。

 

今の若手、中堅が中軸やベテランとして期待される立場になるなど、メンバー決めも色々と考慮する必要があります。

 

東京五輪のメンバーは24人

 

国内組でメンバーを選んでいきたいと思います!

 

出典元:https://dot.asahi.com/print_image/index.html?photo=2017080100070_1

 

 

スポンサーリンク

 

メンバー一覧

投手

 

先発 巨人 菅野智之
先発 ソフトバンク 東浜巨
先発 阪神 藤波晋太郎
先発 日本ハム 上沢直之
先発 横浜 東克樹
先発 広島 大瀬良

 

中継ぎ クローザー ソフトバンク 千賀滉大
中継ぎ セットアッパー ソフトバンク 森唯斗
中継ぎ 中継ぎエース 横浜 山崎康晃
中継ぎ ロングリリーフ 横浜 今永昇太
中継ぎ 左のワンポイント ソフトバンク 嘉弥真新也
中継ぎ ビハインドでも 楽天 松井祐樹

 

捕手

 

ソフトバンク 甲斐拓也
広島 會澤翼
楽天 嶋基宏
外野手

 

ソフトバンク 柳田悠岐
広島 丸佳浩
広島 鈴木誠也
西武 外崎修汰
内野手

 

遊撃手 巨人 坂本勇人
二塁手 広島 菊池涼介
一塁手 日本ハム 中田翔
三塁手 阪神 大山悠輔
DH ヤクルト 山田哲人

 

 

投手12人

捕手3人

外野手 4人

内野手 5人

 

こういう内訳となっています。

 

やはり投手力が一番のウリなので投手多めで構成しました!

 

 

スポンサーリンク

スターティングメンバー!

 

 

1番・遊撃手 巨人 坂本勇人 右打ち
2番・二塁手 広島 菊池涼介 右打ち
3番・右翼手 ソフトバンク 柳田悠岐 左打ち
4番・左翼手 広島 鈴木誠也 右打ち
5番・中堅手 広島 丸佳浩 左打ち
6番・DH ヤクルト 山田哲人 右打ち
7番・一塁手 日本ハム 中田翔 右打ち
8番・三塁手 阪神 大山悠輔 右打ち
9番・捕手 ソフトバンク 甲斐拓也 右打ち

 

メンバー決めの時点で感じていた事ですが、かなり右打ち偏重の打線となってしまいました。

 

しかし、内野手で左打ちの良い選手がいないのが実情。

 

2年後に若手の台頭があるかどうか。

 

 

先発メンバー選出理由

 

まず、国内組のエース投手は間違いなく菅野投手。

 

1番手は全く迷いはありませんでした。

 

東浜投手もシンカーという珍しい変化球を武器に安定したピッチングので2番手。

 

次に藤波投手ですが、賛否はあると思いますが、復調の気配もありますし2年後には元通りのピッチングになっていると踏んで3番手。

 

そしてオリンピックの試合形式としてまずAブロックBブロックに分かれ総当たりの試合を行ってからトーナメントを行うので、総当たりでは負ければ即敗退、とはならないため攻めた先発の選出となりました。

 

先発では上沢、東、大瀬良投手など実績の少ない投手が多いですが、ここは2020年、調子のいい投手を選出するなど流動的になりそうなのでとりあえず2018年好成績を収めた投手を選びました。

 

オリンピックは7月からと、ペナントレースの途中から。

 

ということは、オリンピック直前までに調子の良い投手を思い切って起用するのもいいと思います。

 

中継ぎ投手の選出理由

 

勝利の方程式は

 

山崎→森→千賀

 

7回は動きやすいイニングのため体力があり、どんな場面でも無失点で抑えられそうな投手がいいので、山崎投手を選出。

 

セットアッパーは力もある森投手。

 

森投手はカットボールなどでゴロアウトが多い投手。

 

なので抑えは三振を奪れる千賀投手にしました。

 

やはり、三振は何も起きない理想的なアウトの取り方。

 

最後のイニングは強力なフォークを武器にする千賀投手が良いと思いました。

 

海外でフォークが効くのは海を渡った平野投手が証明していますから自信を持って千賀投手をクローザーに選出!

 

また、左のワンポイントに嘉弥真投手。

 

変則的なフォームは短期決戦ではかなり有効ですし安定感もあります。

 

そして第2先発として今永投手。

 

今永投手の特筆すべきところはコントロールもさながらマウンド度胸。

 

大舞台でも浮足立たないところが素晴らしいです。

 

先発のタスキをつなぐ中継役としてロングリリーバーに今永投手を是非とも押したい投手!

 

 

野手選出の理由

 

まず、打線の1番のテーマが

 

進塁と守備力。

 

 

日本は一発狙いのチームより走塁を活かした打線がいいと思うので、走力のある選手をなるべく入れるようにしました。

 

ここでポイントなのが盗塁を重視しているわけではなく、次の塁を陥れる隙のない走りを目指してほしいと思っています。

 

短期決戦では1つのアウトも無駄にはできません。

 

相当盗塁に自信がなければバントやヒットエンドランなどで進塁するような確率の高い野球をするのが良いと考えています。

 

そして守備の高い選手では一塁、三塁に鉄壁守備の中田選手と大山選手など重量級も選出。

 

 

さて、ここからは順番に選手選考理由を書いていきます!

 

まず捕手は、強肩の甲斐選手が一番手捕手として選出。

 

悠々2盗をアウトにできる肩は魅力的。

 

2番手として打てる捕手の會澤選手。

 

攻撃力を上げたい時に起用したい選手。

 

そしてバックアップにベテランの嶋選手。

 

この三人が基本線。

 

次に外野手ですが

 

筒香選手や秋山選手がポスティングによるメジャー移籍を明言している事から外しています。

 

この二人がいないのはかなりの痛手ですがいないなりに考えてみました。

 

まずは2年連続MVPの丸選手。

 

丸選手は秋山選手の代わりが務まる安定感のある選手なので選出。

 

そして柳田選手は文句なしの選出。

 

そして迷った末、鈴木誠也選手。

 

外野手の候補としてはオリックスの吉田選手や西川選手、日本ハムの近藤選手など良い選手はいますが鈴木選手は長打力もあり安定感もあり、足も速く、守備も上手くて強肩。

 

ただ、鈴木選手の本職は右翼なので左翼を守れるかどうかが不安要素です。

 

そして外崎選手は、内、外野守れるユーティリティープレイヤーなので不測の事態に備えての選出です。

 

最後に内野手ですが二遊間は菊池、坂本選手を押したいところ。

 

守備位置が被る山田選手は打撃と走塁を活かすためDH起用。

 

そして一塁、三塁は中田選手、大山選手。

 

 

中田選手は好不調に波があり、大山選手は未熟と不安要素はありますが、最悪打てなくても1番から6番で点を取れればいいわけですから守り中心の選出でもいいのかな、と思います。

 

大山選手は賛否あると思いますが、覚醒間近の選手ですし、強肩で3塁、1塁守備が上手いのが魅力。

 

一塁は山川選手を推す声もありますが守備が目も当てられないので中田選手にしました。

 

三塁は横浜の宮崎選手でもありかな、と思いますが、どうしても三塁守備だと大山選手が強烈なイメージがあったので期待を込めて選出させてもらいました。

 

まとめ

 

今回はオリンピックでのメンバー予想を考えてみました。

 

東京で開催、是非ともメダルが欲しいというところで、苦しいのはメジャー組が参加できないところ。

 

主力がこぞってメジャーに行きそうなので打線はかなり苦しみそうですが、それでも戦力として魅力ある選手がそろっています。

 

あとは、2020年に新たな若手が台頭するかどうか。

 

晴れの舞台ですから、是非とも金メダルを目指して頑張ってもらいたいですね。

 

では、今回は以上で終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました