横浜打線2019予想!攻守共にバランスの取れた打線でコンスタントに白星を積み上げられるか!?

横浜DeNAベイスターズ
出典元:http://www.logo.jp/blog/logodesign/横浜dena!.html
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

 

今回は横浜DeNAベイスターズ打線2019年版を予想したいと思います!

 

横浜打線は中軸がしっかりしており

 

破壊力は抜群。

 

代打の切り札と投手力が安定すれば広島の対抗馬として真っ先に名前が挙がるチーム。

 

今回は横浜打線を私なりに考えて組んでみました!

 

早速、公開していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

 

横浜打線2019を予想してみた

 

出典元:http://www.logo.jp/blog/logodesign/横浜dena!.html

 

 

1番・中堅 神里和毅

2番・三塁 宮崎敏郎

3番・一塁 ロペス

4番・左翼 筒香嘉智

5番・右翼 ソト

6番・捕手 戸柱恭孝

7番・遊撃 大和

8番・投手

9番・二塁 柴田竜拓

 

スポンサーリンク

代打、代走、守備固めの予想

 

〈代打の切り札〉

乙坂智、佐野恵太、梶谷隆幸

 

〈代走〉

桑原将志

 

〈守備固め〉

桑原将志、中井大介

 

選考理由と落選理由

 

まず打線ですが2番に宮崎選手を置いたのがポイント

 

横浜打線の欠点は中軸以外が打てないところ。

 

なので宮崎選手を前に持ってきて2番から5番の厚みを持たせてここで集中的に点を取るのを仮定した打線にしました。

 

1番バッターを神里選手にしたのは左打席というのと、盗塁ができる足、また調子が良ければヒットを量産する打撃。

 

後ろに宮崎選手がいれば相手もプレッシャーでしょうし、神里選手も繋げる意識で入れるのではないかと思い、こうした打順にしました。

 

そして5番のソト選手ですが

 

翌年がどうなるのか分からないので中軸の1番後ろに置きました。

 

 

6番の戸柱選手は、捕手の中で1番パンチ力があり、ランナーを返してくれそうな長打力があるからです。

 

単打しか打てない選手を置いてもこの後は7番、8番(投手)ですから長打が期待できる選手を置きたかったというのが選考理由。

 

ソト選手を敬遠しても怖い選手を置くことでプレッシャーのある打線にしたいと思ったので

 

期待も込めて戸柱選手。

 

そして左打席なのでジグザグに打線が組めるのも魅力。

 

そして二遊間のコンビは守備が抜群の大和選手と柴田選手

 

内野は鉄壁、さらに大和選手は2018年シーズン後半から打撃好調なので

 

チームの打撃力が上がるのを期待したいところ。

 

続いて、代打ですが

 

乙坂選手や佐野選手などスタメンではないけど打席に立たせたい、という選手を代打の切り札にしました。

 

そして代走は桑原選手。

 

桑原選手は守備固めでも選んでいます。

 

もう少しバッティングが荒さが減れば使いやすいのですが、やはりスタメン起用は不安なところがあります。

 

ここには書いていませんが細川選手も1軍メンバーに入れたいですね。

 

まだ荒削りな部分が多いのでしばらくは2軍でしょうがある程度形になれば

 

1軍で経験を積ませたい選手。

 

 

まとめ

 

今回は横浜打線2019年版について私なりの見解を書いてみましたがいかがでしたか?

 

やはりパンチ力では二遊間が劣り、そこが下位打線の弱さに直結してしまっています。

 

まだ目ぼしい選手がいるわけではありませんから守備力に特化した大和、柴田の二遊間を組みました。

 

ソト選手は2年目はかなり研究されているでしょうから

 

なるべく負担を減らしたいので外野に置きたい考えです。

 

横浜は先発陣は調子が良ければ文句なしの投手ばかり。

 

勝ちパターンもパットン、山崎康晃までは良いですし

 

エスコバー、砂田、三上、井納投手など調子によって7回を投げさせる投手も豊富。

 

ポテンシャルのあるチームだけにリーグ優勝の期待は大きいですね。

 

では、今回は以上でお話を終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました