野村大樹(ソフトバンク)清宮がライバル!早実の4番がプロ入り!松田の後継者として期待!経歴やスカウト評価について考察!

福岡ソフトバンクホークス
出典元:https://gunosy.com/articles/agXPl
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

 

今回はソフトバンクに3位入団した早稲田実業の4番を務めた野村大樹選手についてお話したいと思います!

 

 

早稲田実業といえば日本ハムの清宮選手が在籍していましたね。

 

 

清宮選手は主に3番打者として打席に立っていましたが野村選手はその後ろの4番を任されていました。

 

 

1年生ながら4番を任され、清宮選手と引けを取らないパワーに当時、かなり注目されていました。

 

そんな野村選手が球界屈指の強さを誇るソフトバンクに入団。

 

これからのソフトバンクを背負っていく選手として高い期待を背負う事になるでしょう。

 

今回は野村選手の経歴やスカウト評価についてお話していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

野村選手の経歴

 

出典元:https://gunosy.com/articles/agXPl

 

生年月日 2000年9月10日

出身 兵庫県宝塚市

出身校 早稲田実業高等学校

172km/82kg

右投/右打

ドラフト3位

 

甲子園球場で観戦した阪神戦をきっかけに、6歳で野球を始めた野村選手。

 

中学に上がると「大阪福島リトルシニア」に所属していました。

 

中学時代にはU-15日本代表にも選ばれ、5番・1塁手として出場し、優勝に貢献しています

 

早稲田実業に進学すると、1年夏から公式戦に出場。

 

すると、3番清宮選手の後ろを任され、4番・3塁手としてレギュラーの座を掴みます

 

5試合、19打数、6安打、打率316、2本塁打、10打点をマークしました

 

その年の秋には打率459、9本塁打、18打点の大暴れで都大会優勝を経験

 

続く神宮大会では、準決勝・福岡大大濠戦で高校通算23本目となる2ランを放つなど活躍し、

 

準優勝しています。

 

1年生での高校通算23本は、清宮選手の1年生の記録を抜く本数でパワーは清宮選手と引けを取らないモノを持っています。

 

2年春には選抜大会に出場しますが、チームは2回戦で敗退。

 

それでも野村選手自身は、9打数、5安打、2打点、打率556をマークしました

 

その年の5月には3塁手から捕手へコンバート

 

このコンバート以降、打撃不振になってしましますが、6月に調子を取り戻すと

 

本塁打を量産します。

 

U-18日本代表の1次候補に選出されるなど高校を代表する選手としてもさらに注目が高まります。

 

2年夏は、清宮選手との強力打線として甲子園を期待されましたが、

 

決勝戦で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

 

2年秋には新主将に任命され、清宮選手の後を継ぐチームの大黒柱として牽引。

 

そして3年の時は春まで捕手でしたが

 

再び打撃に専念するため3塁手にコンバートしています。

 

以後、本塁打を量産して

 

高校通算68本塁打という記録を残しました。

 

野村選手はプロか大学か迫られた時、プロに行きたいという思いが強く

 

プロ志望届を提出し、2018年ドラフトでソフトバンクに3位指名を受け、

 

見事、プロ入りしました!

 

ソフトバンクは柳田選手のようなスラッガーの育成が滞っており

 

野村選手には大きな期待を寄せたいところ。

 

身長は172cmと小柄ですが身体が太く

 

オリックスの若き主砲、吉田選手のようなタイプだと思われます。

 

バッティングフォームは完成さらており下半身でしっかり振れる強さを持っており

 

スラッガーとして非常に魅力のある選手。

 

これからがとても楽しみです。

 

 

スポンサーリンク

野村選手のスカウト評価

 

続いては野村選手のスカウト評価です。

 

ソフトバンク山本スカウト「ここで一本打ってほしいと思うところで必ず期待に応えてくれる選手だと思いますし、泥臭いというかハードにプレイできる選手ですので、ファンの期待に必ず応えてくれるような選手だと思います。下級生の頃から清宮選手の後ろに立って本当に頼もしいバッターでしたし、2年の時の秋の決勝戦で現ベイスターズの櫻井選手のスライダーでHRを打ったんですけど、打撃内容も良くて印象に残っています」

 

巨人青木スカウト「肩が強くて振る力もある。背が高いわけではないが、それを感じさせない特長を持った選手」

 

ロッテ榎スカウト「打撃は高校生トップクラス」

 

出典元:

野村 大樹(早稲田実)|ドラフト・レポート
ドラフト会議をより楽しむために。ドラフト候補情報、12球団ドラフト情報を配信しています。

 

高校生ながら規格外のパワーは魅力ある野村選手。

 

これからが非常に楽しみです。

 

球界を代表する選手に成長して欲しいですね。

 

 

まとめ

 

今回はソフトバンクドラフト3位の野村選手についてのお話でした。

 

高校時代は清宮選手に並んでパワーのある選手として注目を浴びていましたが

 

意外にもドラフトでは単独3位指名。

 

正直、野村選手は172cmと小柄ではありますが強いスイングをしますから

 

将来的には3割30本100打点という成績を残せるだけの選手になれると思います。

 

ソフトバンクは主力がこぞって年齢が高いので将来を見越してスラッガー候補を育成していく時期。

 

その先頭に立って野村選手には頑張ってもらいたいところ。

 

では、今回は以上でお話を終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました