桒原樹(広島)活躍が期待される

広島東洋カープ
出典元:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/桑原樹#/media/ファイル%3A桒原樹ー45.jpg
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

 

今回は広島5年目の内野手、桒原樹選手についてお話したいと思います!

 

桒原樹(くわはらたつき)と読みますが広島ファン以外の方ではこの選手はあまりしらないのではないでしょうか。

 

当初は高卒野手として入団し、パンチ力のある遊撃手をウリとしていましたが5年目にもなる桒原選手は未だ1軍出場はなし。

 

2軍では2年目から100試合に出場するなど期待されている選手ですが今年はとにかく1軍に呼ばれる為、スタートダッシュを決めたい桒原選手。

 

2018年ドラフトでは4人内野手を獲得している広島ですから熾烈な競争になりそう。

 

プロ入り5年目ですから先に入団した選手として意地を見せて欲しいところ。

 

今回はそんな桒原選手について年俸や2軍成績について、また、今年は1軍出場できるかについて予想していきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

 

桒原選手のプロフィール

 

出典元:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/桑原樹#/media/ファイル%3A桒原樹ー45.jpg

 

生年月日 1996年

出身 静岡県菊川市

出身校 常葉学園菊川高等学校

180cm/74kg

右投/左打

ドラフト5位

 

 

菊川市立堀之内小学校2年生の時に菊川野球スポーツ少年団で野球を始める事に。中学時代は小笠浜岡シニアで遊撃手としてプレーしていました。

 

地元の常葉学園菊川高校に進学後の2年春のセンバツ初戦で北信越地方代表の春江工業戦でセンターバックスクリーンに本塁打を放ち、

 

続く第95回全国高校野球選手権大会でも佐賀代表の有田工業戦で本塁打を打つなど一気に知名度が上がりました。

 

3年生では甲子園出場は叶いませんでしたが2014年ドラフト会議で広島から5位指名を受けます。

 

2014117日に契約金3500万円、年俸500万円で仮契約を結びました。

 

1軍出場は未だなく、2軍で研鑽を積んでいる桒原選手ですが2年目から100試合に出場するなど高く評価されており2軍ではレギュラーとしてプレー。

 

5年目となる今年は1軍でアピールできるか、といったところ。良いものは持っているので何とか原石を輝かせてもらいたいですね。

 

 

スポンサーリンク

桒原選手の年俸や2軍成績

 

続いてですが、まずは年俸から。

 

桒原選手の年俸は550万となっています。

 

高卒5年目ですが1軍で日の目を見ていないので年俸の変動はまだまだこれから。

 

今年こそは1軍でアピールして欲しいですね!

 

次に2軍での成績ですが

 

102試合、打率253、2本塁打、26打点、15盗塁

 

こちらは昨年の成績です。

 

100試合以上の出番を用意されるなど期待されている選手で、数字的にはもう少し上げていってもらいたいところですが身体能力は良いので化ければ面白い選手になりそうですね。

 

 

桒原選手は1軍出場できるか?

 

5年目となる内野手の桒原選手ですが広島は現在1軍で活躍する不動のレギュラー田中、菊池選手の流出を懸念してドラフトでは内野手を多めに獲得しています。

 

なので競争はかなり活発になってくるのは予想できます。桒原選手は毎年、打撃が安定しないのとスロースターターで調子を上げるのが遅いと、自身は自己分析しており

 

今年からははじめからアピールできるようにとスタートダッシュを狙っています。

 

2軍では東出コーチに指導してもらい、新たなバッティングフォームを模索しています。

 

まだ22歳とはいえ、本人は危機感を持って練習に臨んでいると思います。

 

1軍では同じ高卒内野手で小園選手が大活躍を見せていますから一層焦りやプレッシャーがあると思いますが桒原選手には2軍でバッティングを掴んでもらいたいてすね。

 

 

まとめ

 

今回は桒原選手についてのお話でした!

 

広島の内野手の争いは激戦区で、1軍では既に西川選手や上本選手がある程度定着しており、虎視眈々と二遊間のレギュラーを狙っていたりドラフト1位の小園選手は将来を期待された逸材でここに割って入ろうとなるとかなりのアピールをしなければなりません。

 

桒原選手は殻を破る事ができるのか。自慢のバッティングが安定すれば光明は見えてくると思います。

 

まずは1軍に呼ばれるように頑張ってもらいたいですね。

 

今回は以上でお話を終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました