阪神2019先発ローテを大予想!6番手は激戦区!中継ぎ投手も考えてみた!

阪神タイガース
出典元:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=015-20150706-08
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

 

今回は阪神2019先発ローテーションを大予想してみたいと思います!

 

今年の阪神は中日からガルシア投手、オリックスから西投手を補強し先発の層は以前より強固なものになりましたね。

 

それだけに先発の枠は狭まり、若手投手はかなりバチバチとアピール合戦を繰り広げています。

 

ほぼ5番手までは決まりかな、という中で6番手を巡り期待の若手が火花を散らしています。

 

阪神は投手陣は充実していますのでこの環境は投手を育てるのにはピッタリですね。

 

また、先発ローテーション以外にも中継ぎ投手についても考えてみたいと思います。

 

今年は守護神争いも面白く、藤川球児、ドリス投手が競争!

 

中継ぎ争いも必見です!

 

では、早速予想に入りたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

 

先発ローテーションの予想

 

出典元:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=

 

 

1番手 メッセンジャー(開幕投手内定)

2番手 西勇輝

3番手 ガルシア

4番手 秋山拓巳

5番手 岩貞祐太

6番手 青柳晃洋

 

まずは開幕投手ですが矢野監督はメッセンジャー投手を指名しましたのでここは決まりですね。

 

今年遂に日本人枠としてプレーするメッセンジャー投手。

 

ここまでエースとして阪神の先発ローテーションを守ってきましたが日本人として開幕投手としてマウンドに立つというのは感慨深いものがありますね。

 

歴史的な瞬間にファンとしても嬉しいものです。

 

さて、ここからですが2番手、3番手は補強組を当てました。

 

4番手は巨人戦1戦目として秋山投手を指名。安定感がありますし本来の力を発揮できればここも秋山投手がベストかと思います。

 

次にタイプの違う岩貞投手を指名。

 

岩貞投手は巨人戦で初完投勝利も挙げていますしイメージは悪くなさそうですね。

 

そして問題の6番手ですがここは青柳投手。

 

オープン戦では力のある真っ直ぐを披露し、2年目の飛躍を期待させました。

 

まだ変化球の精度やキレが甘いところはありますが5イニングくらいであれば3失点でまとまった内容を見せられそうです。

 

他に候補として馬場投手や浜地投手、福永投手などがいますが青柳投手が中日戦で5回、4安打、1失点という好投でしっかりアピールした事もあり、他の追随を許さないプレーを見せました。

 

なので青柳投手のローテーション入りは確実なのかな、と思います。

 

残念ながら藤浪投手は無期限の2軍行きを余儀なくされましたが急造したフォームで結果を求めてもその先が続きません。

 

藤浪投手にはフォームを固めて1軍に戻ってきてもらいたいですね。

 

他にも望月、才木、小野投手がいますがそれぞれ怪我や不調で調整中。

 

激戦区のローテーション入りするには何か一つでも自信のあるところを持っていないと厳しそうです。

 

 

スポンサーリンク

中継ぎ陣の予想

 

7回 桑原謙太朗、能見篤史

8回 ジョンソン、藤川球児

9回 ドリス

 

・左のワンポイント

岩崎優

 

・ビハインド

岩崎優、桑原謙太朗

 

・育成枠

守谷功輝

 

阪神のウリは何と言っても中継ぎ陣。

 

高齢化という点を除けばかなり強力な中継ぎが揃い、勝ちパターンが複数用意できる強みがあり、登板間隔を考慮して勝ちパターンを変えた戦い方が出来るのは豊富な戦力があってこそ。

 

また、守護神はドリス投手を指名しましたが今年はやってくれそうな予感がありますし

 

やはり最速160kmのストレートと落差の大きいスプリットは驚異。

真上から投げ下ろすようなフォームは打者からすれば脅威です。

 

藤川球児は年齢的な問題や打ち込まれた時に歯止めが効きづらいのが印象的なので取り返しがつかなくなる9回より一つ下、の8回に据えました。

 

それも、打順や打者の立ち位置によって登板させるといった感じになりそうで、8回は新助っ人ジョンソン投手を中心に登板が優先されそうです。

 

ジョンソン投手はストレートは150kmそこそそですが落差のあるカーブが魅力でコントロールもまとまって大崩れしないタイプ。

 

早くも優良助っ人感が漂っており、1年目は問題なく活躍してくれそうです。

 

そして育成枠に矢野チルドレンの守谷投手を入れました。

 

去年は望月投手でしたが調整している段階なのでアピールし続けている守谷投手を指名。

 

2軍でよく見ているだけに矢野監督の贔屓もあるのかな、と思います。

 

癖のあるストレートと張り切る投げ方は打者からすれば厄介で、1軍で育てたいと思う投手です。

 

是非ともブレイクして欲しいですね。

 

 

まとめ

 

今回は阪神2019先発ローテーション予想でした!

 

投手陣は逸材の多い阪神。

 

2軍でも浜地投手を筆頭に谷川、福永、島本、伊藤など若手が期待され、

 

中堅どころでは岩田、飯田、岡本投手などがいますね。

 

ソフトバンクに負けず劣らずのバラエティに富んだ投手陣は期待を膨らませるのに十分な選手層です。

 

今後、誰が1軍で日の目を見るのか非常に楽しみです。

 

では、今回は以上でお話を終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました