塩見泰隆(ヤクルト)今年活躍できる?大学時代イノシシ追いかけてたって本当? 両親が元スポーツ選手だった事についても!

東京ヤクルトスワローズ
出典元:https://number.bunshun.jp/articles/-/833298?page=1
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

 

今回はヤクルト2年目の塩見泰隆選手についてお話したいと思います!

 

塩見選手は今年プロ2年目の外野手でオープン戦では自慢のバッティングと快速を武器に猛アピール。

 

今年の新人王候補としても名乗りを上げました。

 

ヤクルトの外野陣はバレンティン、青木、雄平など頼れるベテランがズラリと並んでいますがそれでも塩見選手を起用したいと思えるだけの能力を見せました。

 

今シーズン是非とも注目してもらいたい選手。

 

今回は塩見選手について大学時代の面白エピソードについてや両親が共にプロスポーツ選手だった事についてなど

 

お話していきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

 

塩見選手のプロフィール

 

出典元:https://number.bunshun.jp/articles/-/833298?page=1

 

1993年6月12日

出身 神奈川県相模原市

出身校 武相高等学校、帝京大学

179cm/77kg

右投/右打ち

ドラフト4位

 

小学生の頃から軟式野球を始め、相模原市立星が丘小学校、相模原市立中央中学校の時は野球チームに所属。海老名リトルシニアというところでプレーしていました。

 

その後、武相高等学校に進学し、2年生の秋からレギュラーに定着しました。

 

3年生の夏の県大会では、3番、ライトでスタメン出場。チームは準々決勝で桐蔭学園に延長12回の激戦のに2対3で破れ、甲子園に出場することはできませんでした。

 

高校卒業後は帝京大学に進学し、1年生から試合に出場。

 

3年生の春のリーグ戦では打率279、17安打、本塁打1、11盗塁の成績を残しました。

 

大学卒業後はJX-ENEOSに入社し、1年目は膝に怪我を負いましたが2017年の2年目から1番、センターでスタメン出場。

 

通算19試合、打率282、本塁打1、10打点の成績を残しました。

 

ドラフト会議でヤクルトから4位指名されました。

 

2018年、2軍で打率306、4本塁打、10打点、8盗塁をマークし、

 

7月31日に1軍に初昇格を果たすとその日の広島戦で5番、ライトで1軍デビューとなりました。

 

新人ながら中軸に座るものの4打席無安打に終わりました。

結果的に25打席目でプロ初安打を記録しました。

 

2019年では首脳陣にアピールし、オープン戦でも安打を量産。

 

3月21日時点で

15試合、打率347、2本塁打、6打点、11盗塁

 

打って走っての大活躍で、ヤクルトの有望株となっています。

 

外野はベテランが多いので休養日など入れれば塩見選手の出番は思ったよりも増えそうです。

 

調子が良い時に使って欲しい選手ですので今年は沢山打席に立ってもらいたいですね。

 

スポンサーリンク

塩見選手の年俸、1軍成績について

 

まずは年俸ですが

 

2018年 1000万

2019年 950万

 

今年は活躍次第で大幅アップもあり得ますからビッグドリームを掴んで欲しいですね。

 

続いては1軍成績について。

 

2018年 16試合、打率040、1安打

 

1安打を打つのにかなりの時間を要しましたが今年はオープン戦でヒットを量産していますし自分らしさのあるバッティングを見せてくれそう。

 

これからも動向を追っていきたいですね。

 

 

大学時代にイノシシを追いかけていたって本当?

 

さて、続いては大学時代のエピソードについてです。

 

塩見選手が進学した帝京大学は相模原市の山間部にある為、イノシシがたびたび出没するようで

 

塩見選手はイノシシを捕まえようと追いかけ回していたそうです。

 

ですが卒業するまで捕まえるまでには至らず、イノシシと並走するに留まったそうです。

 

塩見選手の足腰はイノシシと共に鍛えたと言っても過言ではありませんね。

 

 

塩見選手の両親は元スポーツ選手だった?

 

塩見選手の両親は共に元スポーツ選手で、父親は元バレーボール選手で母親は元陸上選手だったようです。

 

塩見選手の恵まれた身体能力は両親の遺伝だったようですね。

 

 

まとめ

 

今回は塩見選手についてのお話でした!

 

新人王候補としても名乗りを上げていますが社会人出身として2年目からは大きく前進してもらいたいところ。

 

ヤクルトは長打を飛ばす選手が多い中で打って走れる塩見選手は良いアクセントになりそうですね。

 

今年は1軍で活躍できるか楽しみです。

 

では、今回は以上でお話を終わりたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました