元阪神マルコス・マテオが独立リーグ石川ミリオンスターズに入団! 阪神時代の成績や獲得したタイトルは?

独立リーグ
出典元:https://www.nikkansports.com/m/baseball/column/bankisha/news/201805010000765_m.html?mode=all
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

今回は元阪神、マルコス・マテオ投手についてのお話です!

 

独立リーグ石川ミリオンスターズに入団したマテオ投手。

 

2016年に阪神に入団し、2018年までプレーしていましたが2018年オフに戦力外となりましたが、3月30日に独立リーグに所属する事に。

 

今回はマテオ投手の阪神にいた3年間の成績や獲得したタイトルについて見ていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

マテオ投手のプロフィール

 

生年月日 1984年4月18日
出身 ドミニカ共和国サン・クリストバル州
188cm/107kg
右投/右打

 

2016年

開幕をクローザーとして迎え、以降10セーブを挙げますが登板過多により2軍へ。

1軍に戻ってからはクローザー以外にセットアッパーも務めこの年は20セーブ、7ホールドを記録しています。

スポンサーリンク

2017年

この年はセットアッパーに配置されました。左打者を三振に打ち取るのに有効な球種がない為の転換でしたが見事にセットアッパーを務め切りオールスターに出場した他、60試合以上の登板ながら防御率2.75、36ホールドを記録して最優秀中継ぎのタイトルを獲得しました。

2018年

開幕から勝ちパターンとして登板するものの制球難に苦しみ2軍降格するなど調子が上がりませんでした。

また、右肩を痛めるなど調子は上がらないままシーズンオフに戦力外となりました。

 

マテオ投手の1軍成績

試合 勝利 敗北 防御率 ホールド セーブ
2016年 52 1 3 1.80 7 20
2017年 63 7 4 2.75 36 0
2018年 17 0 1 6.75 4 0

阪神の3年間での通算成績は

132試合、8勝8敗、防御率2.80、47ホールド、20セーブ

 

マテオ投手の投球スタイルや球種について

 

トルネード投法でスリークォーターから放たれるストレートは最速157kmでキレのあるフォーシームとスライダーを軸にしており、三振も取れますがフライで打ち取るのが主なスタイル。

右打者は得意としていましたが左打者の被打率が悪く苦手としていました。

 

まとめ

 

今回はマテオ投手についてのお話でした!

阪神に3年間在籍し、その後は独立リーグに渡り、日本でのプレーを決断しました。

これからも動向が気になるところです。

今回は以上でお話を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました