中谷将大(阪神)今年は20本塁打狙える?矢野政権でのびのび出来てるのが本塁打量産の理由?

阪神タイガース
出典元:https://www.nikkansports.com/m/baseball/column/naruohama/news/201804090000698_m.html?mode=all
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

今回は中谷選手の2019年の活躍について見ていきたいと思います!

中谷選手は4月20日の時点でスタメンとベンチスタートを繰り返しながらも既に4本塁打放っており量産しています。

今回は好調の原因について見ていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

中谷選手のプロフィール

生年月日 1993年1月5日
出身 福岡県小郡市
出身校 福岡工業大学附属城東高等学校
187cm/89kg
右投/右打
ドラフト3位

阪神での遍歴

2011年、捕手での獲得でしたが外野手にコンバートし、2軍でプレー。

2012年には6試合、1軍でプレーしましたが無安打に終わり、以降2016年まで不振に悩まされていましたが金本政権に入ってから長打力を買われて出場機会を得ました。

2017年は昨年を上回る成績を残し、大台の20本塁打を放つなど長距離砲として大きく成長を見せるものの、翌年は不振に喘ぎました。

満を持しての2019年、矢野政権に入ってから開幕1軍の座を掴むと序盤こそルーキーの近本選手にセンターのスタメンを譲るも代打で結果を残してスタメンでの起用も増えました。

 

中谷選手の2019年好調の理由は自主性に任せる矢野監督のおかげ?

 

中谷選手は4月20日の時点で4本塁打をマークしており、好調

4本の全てが高めのコースと中谷選手の得意なところで本塁打にしていますが

ここまで早いペースで本塁打が出ているのは何故か。

要員は大きく分けて3つ、1つは矢野監督の自主性に任せるやり方が選手に過度なプレッシャーを与えずのびのびと打てているのが原因でしょう。

ベンチでの明るい雰囲気を見ていると選手が顔色を伺いプレーするような窮屈さは感じません。

2つ目ですが、これはルーキーの近本選手という直近のライバルが中谷選手の競争を焚きつけていると思います。

中谷選手は今年で9年目ですが1年目の後輩に負けたくないという気持ちがあると思いますし

何より近本選手は赤星選手のように足が速く守備も良い上に本塁打も多く放つなどかなりアピールしています

近本選手の存在が焦りではなく競争心となっている事が好調の理由かと。

最後は、今年に入ってからスタメンとベンチが続くものの代打や守備固めなど大体の試合で打席に立つなど試合に出場している事が理由だと思います。

どんな形でも試合に出られる安心感が中谷選手の焦りを緩和していると思います。

とは言っても中谷選手がある程度結果を出しているからこそこ代打起用でもありますしほぼ毎日出場機会に恵まれているのは中谷選手の力でもあるので腐る事なくプレーに励んで欲しいですね。

 

今年は20本塁打を記録できる?

 

今年こそは一皮向けて独り立ちしてもらいたいところですが、まだまだ荒削りなところは治っていません。

ですが、のびのびプレーできる分20本塁打の可能性は十分あると思います

高めのボールが得意ゾーンですが打ち損じを減らすだけでも20本塁打は届くでしょうし、低めのボールも長打にできるようになればさらにホームランは増えると思います。

 

まとめ

 

今回は中谷選手についてのお話でした。

2017年に20本塁打を記録するものの、さらなる飛躍に至るまでにかなりの時間を要しており足踏みがもどかしい限りですが

今年は気負いなくプレーしていますし近本選手の存在が良い競争を生み、好調を維持していますからこのまま突っ走って欲しいですね。

これからも動向を追っていきたいところ。

では、今回は以上でお話を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました