藤浪晋太郎(阪神)矢野監督でもダメならトレードはある?復活の可能性は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

今回は阪神の藤浪投手のトレードについてのお話です。

ネットでは藤浪のトレードが水面下で提示されていると報じています。

2019年の内容次第では本当にトレードの可能性が出てきそうなところですが矢野監督となってから自主性を重んじ、幾分か過ごしやすい環境になっています。

藤浪投手が矢野政権で立て直しの兆しを見せるのか注目です。

今回はトレードの話や復活の可能性について見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

藤浪投手のプロフィール

生年月日 1994年9月26日
出身 大阪府堺市南区
出身校 大阪桐蔭高等学校
197cm/101kg
右投/右打
ドラフト1位

阪神での遍歴

2013年、ルーキーイヤーから10勝6敗という成績。2014年は11勝8敗。

2015年はキャリアハイの14勝7敗、4完封、7完投、221奪三振で奪三振王のタイトルにも輝いています。

しかし、2016年はフォーム改造の末に7勝11敗と負け越し4年連続の二桁勝利はなりませんでした。

2017年、3勝5敗、2018年5勝3敗と輝かしい時代の面影はありません。

2019年はオープン戦3月2日のソフトバンク戦で藤浪投手がマウンドに上がった際

ソフトバンクの露骨な左打者を立て続けに代打起用するなどデッドボールを避ける継投が話題となりました。

そうした事もあってメンタルが乱れてさらに調子を落とした藤浪投手は開幕 2軍で迎え、無期限の調整となりました。

4月24日にソフトバンク戦で登板予定でしたが回避。

「アクシデントとかで投げなかったわけじゃない。タイミングを見てね」と平田 2軍監督はコメントしています。

 

藤浪投手の最近の1軍成績

2016年、26試合、7勝11敗、防御率3.25、176奪三振

2017年、11試合、3勝5敗、防御率4.12、41奪三振

2018年、13試合、5勝3敗、防御率5.32、70奪三振

藤浪投手のトレードが浮上!矢野監督でもダメなら可能性ある?

 

矢野監督は選手の自主性を重んじ、自らの力で問題を解決する地頭を鍛えたい方針ですが

1軍の試合を見ても選手たちはのびのびしていますし笑顔が絶えません。

そうしたチームの環境の中で藤浪投手がダメならトレードの可能性はあるかもしれません。

早くて2019年オフにはそうなるかもしれませんね。

トレード候補にはオリックス、西武、日本ハムあたりでしょうか。

西武はメヒア選手、オリックスはT-岡田選手と落ち目ですがもう一花咲かせられそうなスラッガーの名前が上がっています。

しかし、藤浪投手の復活を見込んで落ち目の選手をトレードに出すのは対等とは言い難いですね。

投手なら8勝、野手なら1軍レギュラーで1、 2番、6番バッターあたりの選手でないと釣り合いが取れていないと思います。

それか、将来性のある選手。

このくらいの選手とトレードでないと阪神の損失は大きいですが残念ながらポテンシャルは認められるも不安定な藤浪投手の評価はその程度と認識して差し支えないでしょう。

阪神としてはそれを踏まえるとトレードに踏み切るのは温情で送り出す場合だけだと思います。

環境を変えれば藤浪投手は復活出来るのではないかと言う阪神ファンもいますし、本当にダメならトレードで日本ハム辺りに移籍は有り得そうです。

 

藤浪投手の復活の可能性は?復活する為に必要な事は?

 

しかし、藤浪投手は自分の思うようにさせてもらっているので集中する環境は整っています。

必要なのはフォームを改める事と結果。

藤浪投手の良かった頃はクロスステップでスリークォーターの投げ方

2016年からは怪我のリスクを考え制球力向上の為にブレにくいオーバースローにしましたが逆に不振の原因に。

フォームを昔に戻せと言っても今と昔では感覚が違うでしょうから

クロスステップとスリークォーターに着眼点を向けて感覚と刷り合わせながらフォームを作っていった方が良いのかな、と思います。

後は結果を出す事ですが、先発登板させるのも良いでしょうし

中継ぎで1イニング限定で登板し、それを沢山積み重ねて徐々にイニングを増やすやり方も良いと思います。

藤浪投手に必要なのは1イニングでも良いから抑えて結果を出した、という自信の上積み。

正しいフォームなら、思い込みさえすれば力感のないフォームでボールは投げ込めると思います。

どれだけ良いフォームでも当ててはいけないという気持ちは力感を生んで良いボールは投げられません。

焦らずじっくり、着実に結果を出せるよう大事に復活へのステップを踏んでいってもらいたいですね。

藤浪投手は必ず復活できると思いますし、それが阪神であればベスト。

とにかく矢野監督の阪神を信じるしかないですね。

 

まとめ

 

今回は藤浪投手についてのお話でした。

阪神ファンとしては藤浪投手の復活は誰しもが期待するところ。

復活は出来ると思いますが、どこでするのか。

球界の宝ですから早く1軍で活躍する姿を見せてもらいたいですね。

今回は以上でお話を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました