近本光司(阪神)何故ホームランを量産できる?このまま行けば新人王は確実?

阪神タイガース
出典元:https://baseballgate.jp/p/489505/
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

今回は近本選手のホームラン量産の理由についてや新人王レースについて考察したいと思います。

近本選手は小柄ながらチーム2位のホームランを放つなど長打をアピールしており

チーム浮上のキーマンになっています。

今回は近本選手のベールを脱いで明らかにしていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

近本選手のプロフィール

生年月日 1994年11月9日
出身 兵庫県淡路市
出身校 兵庫県立社高等学校、関西学院大学
170cm/72kg
左投/左打
ドラフト1位

近本選手の遍歴

高校時代は投手として入部するも身体作りの為、外野手にコンバート。

学生時代は 2番手投手、3番打者として活躍しますが甲子園の出場はありません。

大学では肩肘の故障もあり外野手にコンバート。

リーグ通算30試合、打率352、2本塁打、16打点、13盗塁という成績を残しています。

その後、大阪ガスに入社すると1年目からレギュラーで活躍。

首位打者や橋戸賞などを獲得します。

2018年ドラフトでは1位で阪神に入団すると開幕 2番・センターで出場。

4月30日の時点で

26試合、打率313、4本塁打、14打点、4盗塁の成績を残しています。

出塁率は353、長打率は521と予想を上回る数字を残しています。

 

近本選手は何故ホームランを量産できる?

近本選手は当初、赤星タイプと言われ、本人も赤星選手のようなプレイヤーを目指していると公言していました。

近本選手はシーズンで5本塁打打てれば良い、と言っていましたが4月の時点で4本塁打を放ち、長打率は521と驚異の数字。

身長は170cmと小柄にも関わらず何故ここまで長打が出るのか。

理由はいくつかありますが、まずは体重をしっかり乗せた一本足打法が力強い打球を生んでいます。

そして、狙ったボールはしっかり振り切る事が出来る潔いスイング。

また、近本選手は左投/左打という事もあり左手でボールを押し込む事が出来るのが長打の秘密。

小柄だからこそ身体全体を使った無駄のないフォームが作る事ができ、こうして結果に繋がっているのだと思います。

 

近本選手は赤星より福本タイプ?ホームラン打てても長距離砲にはするな?

当初は赤星選手のようなタイプのように思われていた近本選手ですがホームランが思いの外たくさん出ているので驚きですが

タイプ的には福本豊さんなのかな、と思います。

福本さんは同じく左投/左打で盗塁王でありながら長打も打てる選手でした

なので近本選手は福本さんのようなバッターに成長すると思います。

しかし、頭の良さや論理力などは赤星さんのようで、自分で考えて行動が出来る矢野監督好みの選手。

近本選手について、巷ではスラッガーを目指すべきだ、という声が少ないながらも聞こえてくるのですが

肝に銘じるべきなのは近本選手はホームランバッターではないという事

ホームランを打てればホームランバッターなのかと言えば違うように、近本選手もホームランを打てるから長距離打者なのかと言えば違います。

巨人の丸選手もシーズン38本打っていますが位置付けは中距離砲。

この位置付けは間違って欲しくないですね。

近本選手は足が速く内野ゴロや叩きつけたような打球も足でヒットに出来る選手ですからわざわざフライアウトにするようなバッティングをするのは個性を活かせていません。

さらに近本選手はあまり早打ちをしないので追い込まれた時は

センターからレフト方向に打球がよく飛びますし、長打も左中間を破る長打が多いです。

引っ張りの打球は狙い撃ちの場合や強い内野ゴロが必要な場合に打つ事が多いので

基本的にはプルヒッターではなくセンターからレフトと、逆らわないバッティングスタイルと言えます。

 

新人王は確実?

気になるのは新人王争いですが、1番のライバルは広島の床田投手

床田投手は4月の間で5登板、4勝1敗、防御率1.83と最高の結果を出しています。

新人王は投手の方が受賞しやすく、打撃は一定の周期で不調が来る事から近本選手は相当結果を出さないと厳しいかもしれません。

シーズン打率260、10本塁打、15盗塁という成績を残せば可能性はありそうですね。

近本選手はセンターの守備も上手いですし守りも評価の対象になるので印象を残す事が1番大事だと思います。

 

まとめ

 

今回は近本選手についてのお話でした!

近本選手は小柄ながらチーム2位のホームランを打ち、活躍しているなど嬉しい誤算でした。

このまま活躍して新人王を狙って欲しいですね。

今回は以上でお話を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました