阪神2019年タイトルを獲得できそうな選手は誰?初タイトル獲得の選手は出てくる!?

阪神タイガース
出典元:https://prcm.jp/pic/original-image/id/3eqwuH8?keyword=ロゴ%20阪神タイガース&page=1
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

今回は阪神のタイトルホルダー予想をしてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

阪神2019年タイトルホルダーは出てくる?

2019年の阪神は大きな補強もないまま自前の選手だけで戦っていますが近本、木浪選手らルーキーがチームを引っ張り活躍。

さらに阪神の特色である投手力を活かした戦いで着実に勝ち星を増やしています。

タイトルを狙える位置にいる選手が思いの外、多いので和田政権時代のようにタイトルホルダーがズラリと並ぶのも十分有り得そうです。

では、どの選手が何のタイトルを狙えるのか見ていきたいと思います!

野手のタイトル予想

・近本光司

【新人王、盗塁王】

近本選手は阪神の原動力となり活躍しており、新人王に関しては広島の床田投手やヤクルトの村上選手などいますが

自慢の走攻守揃ったプレーで全体的な評価で新人王の可能性は十分有り得そうです。

さらに盗塁王も5月の時点で中日の大島選手やヤクルトの山田選手と三つ巴でハイレベルな争いを繰り広げています。

近本選手は1番起用なので盗塁を仕掛けやすいですし、1年間1軍でプレーできれば可能性は十分

赤星さん以来の新人王と盗塁王のダブル獲りに期待が掛かります。

 

ちなみに赤星選手の1年目は

近本選手の近いタイプとして赤星さんの名前が挙がり、本人も赤星さんを目標に掲げていますが

赤星さんはルーキーイヤーは

打率292、1本塁打、23打点、39盗塁

新人王、盗塁王を獲得しています。

近本選手も赤星さんのように1年目から活躍していますしホームランも1ヶ月で4本と打っているのでかなり期待値は大きいですね。

 

投手のタイトル予想

・西勇輝

【最多勝】

・ラファエルドリス

【セーブ王】

・ピアースジョンソン

【最優秀救援投手】

 

投手陣になるとかなり期待大の投手がいますね。

西投手は移籍1年目で抜群の成績を収めており援護点もまずまず貰っている事も多い上に最多勝常連の菅野投手がほぼリタイアした事も後押ししそうですね。

 

スポンサーリンク

ちなみにFA移籍した投手の1年目で二桁勝利した選手は

工藤公康(95年 / ダイエー)
成績:22試 12勝5敗 防3.64

工藤公康(00年 / 巨人)
成績:21試 12勝5敗 防3.11

石井一久(08年 / 西武)
成績:25試 11勝10敗 防4.32

杉内俊哉(12年 / 巨人)
成績:24試 12勝4敗 防2.04

久保康友(14年 / DeNA)
成績:28試 12勝6敗 防3.33

中田賢一(14年 / ソフトバンク)
成績:25試 11勝7敗 防4.34

 

阪神にFA移籍した投手は活躍しない?

阪神にはFAで獲った投手の活躍が乏しく、西投手はそれを破る活躍を出来るか実力を示す1年目となりそうです。

FA移籍した投手一覧がこちら。

 

山沖之彦(オリックス→阪神)
移籍初年度の成績:一軍登板なし

星野伸之(オリックス→阪神)
移籍初年度の成績:21試 5勝10敗 防4.40
阪神での通算成績:39試 8勝13敗 防3.80(在籍3年)

小林宏之(ロッテ→阪神)
移籍初年度の成績:42試 1勝5敗21ホールド 防3.00
阪神での通算成績:42試 1勝5敗21ホールド 防3.00(在籍2年)

高橋聡文(中日→阪神)
移籍初年度の成績:54試 3勝1敗20ホールド 防3.76
阪神での通算成績:130試 9勝1敗1セーブ・51ホールド 防2.80(在籍3年)

 

FA1年目では高橋投手が気を吐く活躍を見せましたが2年目以降登板機会を減らし、2018年は故障もあって

これからの活躍は厳しそうてす。

西投手はこの壁を破る活躍が出来るのか。

 

さて、次はドリス投手ですがチームは接戦での勝利が殆どで、尚且つ勝ち星が多い事からセーブ王は有力候補。

中日の鈴木投手がセーブを重ねていますがシーズン通せば中日は負けが込みそうな予感がするので狙えるのではないでしょうか。

そしてジョンソン投手については開幕どころかオープン戦の頃から安定感抜群で活躍しています。

開幕から16試合連続無失点わ記録するなど文句のつけようのないピッチングで今一番安定感のある阪神のセットアッパー。

かなり期待大の投手ですね。

まとめ

今回は阪神のタイトル獲得の予想でした!

今年はかなりチームが整備されて再びタイトルホルダー量産も夢ではなさそうです。

では、今回は以上で終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました