(阪神】梅野隆太郎 足の骨折でタイミングのコツ掴んだ?今年偉業を達成できる?古田以来の捕手二桁本塁打と二桁盗塁

阪神タイガース
出典元:https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.sankei.com/west/amp/190409/wst1904090032-a.html%3Fusqp%3Dmq331AQOKAGYAeOSpo_-svDv0QE%253D
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゆ今回は遂に正捕手の座を確かなものにした阪神梅野隆太郎選手についての打撃覚醒理由についてや

盗塁を量産する梅野選手の走塁力について考察していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

梅野選手のプロフィール

生年月日 1991年6月17日
出身 福岡県那珂川市
出身校 福岡工業大学附属城東高等学校、福岡大学
173cm/77kg
右投/右打
ドラフト4位

2014年、ルーキーイヤーから1軍に帯同すると

シーズン通して92試合、打率197、7本塁打、捕逸0を記録。

2015年は配球面で欠点を露呈するなど課題もあって2軍に降格。

2016年からは岡崎、原口らと共に正捕手争いをするものの37試合、打率135、長打0と良いとこなしの打撃不振。

2017年からは坂本選手と正捕手争いをすると徐々に捕手としての成長を見せオールスターにも選出されました。

その年、打率206と低打率でしたが盗塁阻止率379と2位で自慢の強肩をアピールしました。

そして、シーズン終了後に選手会長に就任します。

2018年は正捕手に定着すると6月時点で打率217と低迷するも夏場に打率を上げていきました。

その年、132試合、打率259、100安打、8本塁打、47打点

ゴールデングラブ賞を受賞しました。

2019年は正捕手として開幕を迎える事に。

4月3日に左足の薬指を骨折するというハプニングがあったものの強行出場し、

そこから格段に打率を上げてサイクル安打を達成するなどチームの勝利に貢献するヒットも増えていきました。

打撃、守備、配球面で大きな成長を矢野監督も認め、正捕手の座を確かなものにしようとしています。

これからの活躍にますますの期待が掛かります。

4月3日に一塁に駆け抜けた際に巨人岡本と接触し左足指を骨折

4月3日の巨人戦に一塁ベースに駆け抜ける時に一塁手の岡本選手と交錯した際に

左足の薬指を骨折し、いっときは選手登録を抹消する可能性も出ましたが

本人の強い希望で治療をしながら1軍に帯同する事に。

試合中は痛み止めを飲んでいる為、プレーには影響はありませんが試合後は激痛が来ると本人は語っています。

それでも1軍でスタメンを張り続けるなどハッスルプレーを披露しています。

治療しながら1軍に帯同!怪我の功名で打撃好調!

骨折した後の方が打撃の調子が良くヒットを量産。

8番に座っていましたがやがて6番に打順が固定されると打線は一気に調子を上げ

一時は最下位だったチームを一気にAクラスに引き上げた一因となっています。

 

4月9日にはサイクル安打を達成!捕手としては4例目の快挙!

また、捕手としては4人目となるサイクル安打を達成するなどまさにノリノリ状態。

比較的、捕手は足の速い選手が少ない傾向にあり、サイクル安打の中で1番難しいとされる

三塁打を記録するのが難しく、梅野選手で4人目となる捕手のサイクル安打は歴史に名を残す記録となりましたね。

 

過去にサイクル安打を達成した捕手一覧

門前真佐人(大洋 1950.6.27中日戦)
「6番・捕手」

〈左安・中飛・左本・右2・右3〉

田村藤夫(日本ハム 1989.10.1ダイエー戦)
「8番・捕手」

〈右3・左本・中飛・左安・左2〉

細川亨(西武 2004.4.4日ハム戦)
「8番・捕手」

〈左2・左3・左本・中安・三振〉

 

打撃開眼の理由はタイミングの取り方にあり?

左足の薬指を怪我してから打撃が好調の梅野選手ですがその理由に皆が口を揃えて言うのは

打席の時に上げた左足を地面に着地させる際、痛みを抑える為にゆっくり足を下ろしたのが良いタイミングになりヒットを量産できていると。

今までバッティングの型自体はそんなに悪いものではありませんでしたが左足を強く踏み込んで打っておりあまりタイミングが合っていませんでした。

少しの変化でここまで変わるものかと思いますが野手にとってタイミングの取り方はかなり重要とされています。

ヤクルトの山田哲人選手もバッティングで1番重要なものとしてタイミングの取り方を挙げています。

やはりどれだけバッティングの形が良くても当たらなければ意味がないので相手投手にタイミングを合わせるのは相当大事な要素となってきます。

梅野選手はタイミングの取り方を掴んだ事でヒット量産に繋がりましたが今後はホームランも期待できる選手になるのではないでしょうか。

 

梅野選手は偉業を達成できる?古田さん以来の10-10

梅野選手と言えば強肩強打という肩書きでプロに入ってきましたが実は走力も中々もって侮れない選手なんです。

阪神ファンならご存知かと思いますが2018年の阪神は開幕から9戦目までチーム盗塁は0でしたが

それを決めたのが梅野選手。

また、今年の3月2日のソフトバンクとのオープン戦では「甲斐キャノン」が代名詞の甲斐選手から二盗を決めるなど

捕手としては中々侮れない足の速さを持っています。

シーズンが始まった後も梅野選手の走力が光る試合がありました。

6月4日のロッテ戦で助っ人のレイビン投手から二盗、三盗を決めました。

そして6月9日の日本ハム戦では宮西投手から三盗を決め、さらに清水選手の悪送球により

同点のホームを踏むなど逆襲を後押しする勇気あるプレーを見せました。

 

それぞれの盗塁には梅野選手が相手投手の隙を見つけてスタートを切った経緯があり塁上での集中力を感じるプレーでした。

そして成功させる足の速さも眼を見張るものがあり捕手であっても油断の出来ない選手。

矢野監督の走塁意識がしっかり根付いている事を印象付ける梅野選手の走塁でしたね。

また、古田さん以来となる捕手で二桁本塁打と二桁盗塁に期待がかかり1999年の古田さん以来の20年ぶりの記録となりそうで梅野選手は記録達成は目前に迫っています!

 

 

 

まとめ

今回は梅野選手についてのお話でした!

遂に阪神に正捕手が誕生したか、というところで阪神ファンも大喜びですが

まだ1年目、まだまだ成長する余地はありますしこれからにも期待ですね!

では、今回は以上でお話を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました