オネルキ・ガルシア(阪神)中日と契約しなかったのは何故?阪神移籍の真相について考察!

阪神タイガース
出典元:https://www.sanspo.com/smp/baseball/photos/20190527/tig19052705000012-p1.html
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

今回は2019年から阪神でプレーするガルシア投手についての考察です!

ガルシア投手はマウンドでも笑顔だったり練習に取り組む姿勢も良く

雰囲気の良い投手、今回はガルシア投手がどんな性格なのかについてや

中日と契約面で劣る阪神に移籍した理由についてもお話したいと思います!

 

スポンサーリンク

 

ガルシア投手のプロフィール

生年月日 1989年8月2日
出身 アメリカ合衆国
190cm/104kg
左投/左打

中日時代はチーム最多の13勝

2018年から中日でプレーすると入団1年目から二桁勝利を達成。

二桁勝利は大野雄大、若松駿太以来で助っ人となるとマキシモ・ネルソン投手以来となっています。

この年、27試合、13勝9敗、防御率2.99

という成績を残し、13勝のうち12勝がドーム球場、そのうち10勝が本拠地で勝利するなど偏ったデータが出ています。

ガルシア投手との交渉決裂

シーズン終了後に球団との残留交渉するも条件面での折り合いが付かずに交渉が決裂。球団が契約保留者名簿からガルシアを除外したうえでNPBに提出したため、ガルシアは12月2日付でNPBから自由契約選手として公示されました。

阪神と単年契約を結ぶ

2018年12月17日に、阪神に入団。推定年俸1億7000万円という条件による単年契約で、背番号は「77」。チームがこの年苦手にしていた広島戦と巨人戦に、中日の投手として先発で3勝ずつ挙げた実績を踏まえての獲得でした。

契約で劣る阪神に何故入団した?

2018年12月17日、中日を自由契約になったオネルキ・ガルシア投手の獲得を発表。

年俸1億7000万円の単年契約ですがガルシア投手の阪神移籍を巡ってファンの間からは歓喜の声とともに「なぜ阪神に?」との声が上がっています。

中日が提示した契約は?

オフに中日はガルシア残留のために2年2億円の条件を提示しました。

しかし、ガルシア投手の代理人は3年以上、2億円の年俸を希望したそうでマナーゲームを断念した中日は自由契約にしたというのが見解です。

ガルシアサイドから阪神に売り込みがあった?

中日と契約がまとまらず自由契約となった後、ガルシアサイドから阪神に売り込みがあったそうで

丁度、左の先発が手薄なところを補強したい阪神の思惑と一致し契約を結ぶ事に。

単年契約は2020年にメジャー挑戦の伏線?

また、複数年契約を望んでいたものの阪神とは単年契約を結んでおり、これには関係者から「メジャー挑戦」を目論んでいるのでは?という声が上がっています。

元々ガルシア投手はメジャー熱を持っており

元巨人のマイコラス投手のように逆輸入という形でメジャー復帰した事もあり

日本で活躍する助っ人外国人に注目が集まる中でガルシア投手もそれにあやかろうとしたのですが

まだ1年しか日本で活躍しておらず、またメジャー経験が乏しい為、見送られたそうです。

それでいて中日と契約が難航し、自由契約となり受け皿として阪神に入団する運びとなりました。

結果、代理人の見通しの甘さが招いたドタバタ移籍だった

ガルシア投手は中日に残留を希望しており「相思相愛」でしたが代理人の条件引き上げによって契約には至らず、また、メジャー挑戦も失敗に終わり

最終的に中日が提示した条件より低い阪神に入団する事に。

ガルシア投手は中日に良くしてもらい恩義もあったと思うのですがこういう結果になって、少し後味の悪い結果となってしまいました。

ガルシア投手自身は非常に性格が良く、明るくて真面目なので新天地でも頑張ってもらいたいですね。

まとめ

今回はガルシア投手についてのお話でした。

中日と契約面で折り合いが付かず阪神入りとなりましたがガルシア投手は新天地でも頑張ってもらいたいですね。

以上でお話を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました