【阪神】荒木郁也 今年で戦力外になる?2軍打率218で1軍昇格は矢野監督の親心?

阪神タイガース
出典元:https://www.nikkansports.com/m/baseball/photonews/photonews_nsInc_201906090000985-0.html
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

今回は阪神9年目の荒木郁也選手についてのお話です!

荒木選手は内野選手で走塁を買われて阪神に入団しました。

1軍では主に代走のスペシャリストとして出場しますが課題のバッティングでスタメンを掴み切れず2018年は1軍出場なし。

2019年の今年は瀬戸際となっており、戦力外も囁かれています。

6月途中、交流戦から1軍に昇格するも2軍での打率は2割前半とあまり良くなく

矢野監督の親心からの昇格なのではないかという疑問もありますがそれについてもお話していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

荒木選手のプロフィール

生年月日 1988年4月25日
出身 東京都江東区
出身校 日本大学第三高等学校、明治大学
183cm/74kg
右投/左打
ドラフト5位

 

2011年、ルーキーイヤーは2軍でプレーし、93試合に出場し11盗塁を記録しました。

代走で1軍出場を果たします。

2012年は1軍登録はなく2013年は主に代走として1軍出場すると2盗塁を記録しました。

以降、少しずつ1軍での試合数を重ねていくもののスタメン機会は少なく代走、守備固めでの出場に留まりましたが

2017年は49試合、打率118、0本塁打、0打点、4盗塁を記録し、主に一塁守備に就きました。

2018年は1軍出場はなく、契約更改し2019年は覚悟の年となりました。

6月5日、交流戦が開幕してから1軍に昇格すると「8番・レフト」で即スタメン起用も2打数無安打で終わりました。

しばらくベンチ待機するも6月20日には抹消されています。

 

荒木選手の年俸

2011年 600万 2016年 800万
2012年 600万 2017年 1000万
2013年 550万 2018年 1000万
2014年 600万 2019年 900万
2015年 700万

荒木選手の1軍成績

試合 打率 本塁打 打点 盗塁
2011年 2 000 0 0 0
2013年 20 000 0 0 2
2014年 15 125 0 0 0
2015年 29 200 0 0 4
2016年 46 246 0 2 2
2017年 49 118 0 0 4
2019年 9 111 0 0 0

荒木選手は戦力外になる?

荒木選手は今年で9年目ですが、1軍でスタメン出場する機会はほとんどなく代走、守備固めでの起用が多い中、年齢は31歳ともう若くありません。

課題のバッティングも、これ以上期待するのも難しく代わりの若手選手では植田、熊谷、島田選手など代走、守備固めでいますしかなり厳しい状況にあると思います。

しかし、走塁に関してはかなり速い方ですしバッティングに関しても強く振るスイングでキレのある打球が飛んでいるので衰えはありません。

興味を示す球団はいると思いますから現役続行は可能性としてありそうです。

打率218で1軍昇格は矢野監督の親心?

2019年の2軍成績は41試合、打率218、3本塁打、15打点、8盗塁という成績でとびきり良い成績を残しての昇格だった、という訳ではありません。

これに関しては矢野監督の親心があるのでは、と思います。

阪神は金本前監督が打ち出した「超変革」により若手選手が次々に1軍でプレーし、若返りがされてきました。

そこで中堅の荒木選手は立場を苦しくしてしまっており2軍暮らしが続きました。

矢野監督が2軍監督だった時、荒木選手を長く見ていただけあって1軍で活躍して欲しいという気持ちがあったと思います。

さらに荒木選手は練習はとても真面目にしており人一倍練習をする選手でそういう部分も含めて親心が出て今季、1軍昇格があったのではないかと思います。

矢野監督は2軍での試合を観戦し、荒木選手を上げようと決めたそうですが

数字以上に必要と思える走力を買っての昇格だったようで、走塁改革を促す矢野監督にとって荒木選手はフィットする選手だったのかと思いますが

しかし、打撃は望み薄で、さらに昇格即スタメンの時は左翼を守っていました。

無理して使うなら若手外野手を使う方が有意義ですしこれは矢野監督の親心で多く打席を与えてアピールする機会を作ったのかな、と思います。

結局、昇格後即スタメンで望んだ試合では2打席凡退で終わっており、かなり厳しい評価になるのかな、と思います。

 

まとめ

今回は荒木選手についてのお話でした!

9年目となる今季も、やはり1軍定着とはいかず苦しい状況ですが何とか起死回生の活躍を期待したいところ。

決して年齢的な衰えは感じないので走力を活かす為にもバッティングを磨いてもらいたいですね。

では、以上でお話を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうこざいました!

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました