【阪神】高橋聡文は今年で引退?現在は?怪我の具合や2軍成績についても!

阪神タイガース
出典元:https://www.iza.ne.jp/smp/kiji/sports/photos/180114/spo18011408230024-p1.html
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

今回は阪神の高橋聡文投手についてのお話です!

高橋投手は2016年に阪神に移籍すると移籍後早々に活躍、翌年も方程式の一角として活躍するも

怪我の影響もあり、2018年から今年に入るまで2軍暮らしが続いています。

阪神は若手投手が豊富な事もあり高橋投手が快復しても戻らず、このまま引退するのでは?と噂される事も。

今回は高橋投手の引退についてや現在や怪我の具合について、2軍成績など見ながら考察していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

高橋投手のプロフィール

生年月日 1983年5月29日
出身 福井県大飯郡高浜町
出身校 高岡第一高等学校
176cm/85kg
左投/左打
ドラフト8位

中日時代

怪我が多く、入団してから2年間1軍登板はありませんでしたが2004年、落合監督が就任すると1軍に抜擢されます。

2005年には61試合に登板し、31試合連続無失点記録を残すなど活躍。

以降は登板過多もあってか波に乗れず2軍暮らしも余儀なくされましたが2008年にはセットアッパーを任されるなど調子を取り戻します。

ここから数年はコンスタントに成績を残しますが2011年は強烈な左肩痛に悩まされて翌年以降もピリッとしません。

2014年になると国内FA権を取得しますが行使せず。

2015年は35試合、3勝3敗、6ホールド、防御率3.51の成績を残します。

シーズン終了後に球団から慰留要請がなかった事を背景にFA権を行使すると、金本監督から直々に電話があり、それをキッカケに阪神に入団。

阪神時代

3年契約、総額1億5000万という内容で入団すると1年目から活躍し、この年54試合、3勝1敗、20ホールド、防御率3.76

さらに2017年には61試合、26ホールドポイント、防御率1.70と抜群の成績。

しかし、2018年は登板過多からか左肩のコンディション不良でほとんど登板出来ない状態に。

2019年も開幕2軍で迎え、左肩の治療に専念するなど戦列から随分と離れています。

年齢的にも、そろそろ潮時が来ているのかもしれません。

高橋投手は今年で引退する?

高橋投手は阪神に移籍してから中継ぎの勝ちパターンに入り、ブルペンを支えて来ましたが登板過多も祟って左肩の調子が上がらず2軍暮らしが続いています。

もう年齢的にもこれ以上は望めませんし若い投手が豊富な阪神にとって高橋投手は相当な結果を残さない限りは1軍に割って入るのは厳しそうです。

高橋投手は自ら引退の道を選ぶ可能性はありそうです。

過去の実績を考えれば引退セレモニーは行われるでしょうから、それが最後の1軍での登板になるかもしれません。

 

高橋投手の現在は?怪我は治ってる?2軍成績についても

高橋投手は開幕から2軍ですが2軍成績を見てみると7試合、1勝0敗、防御率6.75という成績。

左肩のコンディション不良からか試合数は少なく内容も芳しくないので現状、1軍に上がってくる気配はありません。

現在は2軍で試合もしているようですが活躍には至っていないようです。

 

まとめ

今回は高橋投手についてのお話でした。

ベテラン投手としてブルペンゎ支えてくれた高橋投手ですが金本政権での登板過多のしわ寄せが来て2軍暮らしが続いています。

もうそろそろ引退が近づいてるのかもしれません。

次に1軍で投げる時はどういう状況なのか、気になりますね。

では、今回は以上でお話を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました