【阪神】石井将希 支配下はいつ?魔改造で覚醒?2軍成績や投球スタイルについて!

阪神タイガース
出典元:https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201811270000103_m.html?mode=all
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

今回は阪神の育成、石井将希投手についてのお話です!

育成出身ながら太い身体付きと力強い真っ直ぐがウリの本格派サウスポーは2軍で確実に結果を出しており

支配下登録が期待されており、年内に支配下の可能性があるかについてや魔改造に定評のある阪神の投手コーチについてもお話したいと思います!

 

スポンサーリンク

 

石井投手のプロフィール

生年月日 1995年7月12日
出身 群馬県高崎市
出身校 桐生第一高等学校、上武大学
180cm/87kg
左投/左打
育成ドラフト1位

 

小学生4年生から野球を始め、佐野中学時代は軟式野球部に所属していました。

桐生第一高校では1年からベンチ入りし、3年生の頃は県大会に出場するも甲子園出場はなし。

上武大学では2年春からリーグ戦に登板し、同季リーグ戦で4勝を挙げ最優秀新人賞を獲得しました。

チームでは主にリリーフを務め、将来性を見込まれ2017年のドラフト会議で阪神から育成1位指名を受けました。背番号は「121」

ストレート最速146km、スライダー、フォーク、カーブ、チェンジアップと主にタイミングやバットの芯を外す投球スタイルで、癖のないスリークォーターの投球フォーム。

2軍では6月25日時点で25試合、1勝1敗、防御率1.57

抜群の成績を収めています。

阪神は1軍のブルペンを見ると能見、島本、岩崎投手とサウスポーがいますが能見、島本投手は勤続疲労も心配され、左腕はいくらいても良いというところで石井投手にも期待がかかります。

 

魔改造で覚醒した?

 

育成指名ながら2軍では25試合なげて防御率1点台はかなり優秀。

香田ピッチングコーチの助言で右足を大きく上げて左足に体重を乗せて投げるダイナミックなフォームに変えた事で何かを掴んだ模様。

身体つきは元々太くて重いボールを投げていましたがそこに制球力がついてきた事で長所がさらに際立ちました。

阪神の投手コーチは優秀で魔改造に定評がありますが石井投手もまた、チームを代表する顔になりそうな予感。

 

※魔改造についてはこちらの記事で解説!さらに魔改造に定評のあるコーチもご紹介していますので是非ご覧下さい!

【野球用語】魔改造って?また、魔改造に定評のある投手コーチとは?
こんにちわ貴浩です! 今回はプロ野球のネット用語の一つ「魔改造」についての説明をしていきたいと思います! たびたびネットで気になる言葉が出てきますよね。 よく見かけるけど、どういう意味?というものが多々ありますが今回はその...

石井投手の支配下はいつ?

石井投手は現在3桁の背番号ですが、年内に支配下はあるのか。

それについては悩ましいところですね。

阪神の支配下は67人で石井投手を上げると残り2枠しかなく、シーズン途中での補強やドラフトでの獲得数に影響が出る事を考えると

投手陣に不安のない阪神が石井投手を支配下にするのか、という疑問が湧いてきます。

もしかすると支配下は来年あたりになるのでは、と思います。

さらに同じ育成の片山選手がおり、むしろ打撃に不安のある阪神は片山選手を上げたい気持ちの方がありそうです。

チームの状況とタイミングがピッタリ合うのは来年以降になるような気がします。

 

まとめ

今回は石井投手についてのお話でした!

阪神の投手は今、開花前線の真っ只中にあり、狂い咲きとなっていますね。

投手においてサウスポーというのは何人いても足りない事はないので石井投手の支配下、さらには1軍登板が非常に楽しみです。

今後も動向を追っていきたいと思います!

では、今回は以上でお話を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました