【巨人】小林誠司 FA権取得前にトレードされる?會澤次第?オリックスが本命で投手狙い?

東京読売ジャイアンツ
出典元:https://matome.naver.jp/m/odai/2148961214117470301
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

今回は巨人の小林誠司選手についての考察です!

捕手戦国時代の巨人において能力があるのに打撃難で立場を苦しくしている小林選手にトレードの話が絶えませんが

會澤獲得次第でその噂が本当に現実になる可能性があります。

小林選手は1軍生活が長くもうすぐ国内FA権を取得する事もありますしそれもトレードを後押しするかもしれません。

今回は小林選手のFA権取得はいつか、またトレードの可能性やトレード先の本命と狙う選手など具体的に考察していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

小林選手のプロフィール

生年月日 1989年6月7日
出身 大阪府堺市南区
出身校 広陵高等学校、同志社大学
178cm/85kg
右投/右打
ドラフト1位

社会人No.1捕手という肩書きを引っさげてドラフト1位で巨人に入団するとレギュラーの阿部選手の後継者候補として期待され

1年目から63試合、打率255、2本塁打、14打点、盗塁阻止率417と驚異の数字を残しました。

2年目も1軍で経験を積み、この年も盗塁阻止率438と強肩をアピール、さらに阿部選手が一塁転向もありスタメンマスクの機会も増えました。

3年目となる2016年は規定打席に到達した中では最低打率となる204をマークするなどバッティングの課題を解除できず

2017年はWBCで正捕手としてプレーし、攻守でチームを引っ張る活躍をしましたがシーズンに入ると調子を落とし、打率206となるも守備では貢献してゴールデングラブ賞を受賞。

2018年は前半は首位打者争いするほどに好調でしたがやがて大城選手と争う事になり、不動のキャッチャーは掴みきれず。

今年は巨人史上最も入り乱れる捕手争いが激しく炭谷選手や大城選手と試合を分け合う事になり試合数は以前より激減。

交流戦では、菅野投手となら小林選手が必ずマスクを被るところを炭谷選手に譲る試合も現れ、小林選手の立場が困窮しそうな予感を感じます。

小林選手の周りにはトレードの話が出回っていますが今年で30歳の小林選手に伸びを期待するのは難しく

本当にトレードの可能性も示唆されています。

また、FAも間近となりそれまでに動き出す可能性も十分考えられます。

スポンサーリンク

小林選手のFA権取得はいつ?

小林選手の国内FA権取得までは交流戦終了時点で1年と30日ほど。

なので順調にいけば2020年オフにはFA権を行使する事ができる訳です。

そう遠くはない未来の話で、1年目から期待されて1軍起用されてきた賜物ですね。

小林選手のFAランクは?

小林選手は2019年の年俸が6000万となっておりこれはチーム22位。

FAランクは余裕の「C」なので補償はいらないのでお買い得な選手。

巨人は高年俸の選手が多いのでBランクの10位に入る可能性は低く、FA権取得後もCランクを維持しそう。

 

小林選手はFA権取得前にトレードされる?會澤次第?

小林選手こFAランクがCランクという事で非常にお買い得な選手という事が分かりましたが

チーム内では随一の強肩で盗塁阻止率はセリーグ1位の常連という事もあり

巨人が手放すとは考えにくいですが、しかし近年では捕手でも打率を求める傾向にあり、小林選手のバッティングは望み薄。

また、配球についても課題があり、菅野投手との相性やWBCでの活躍も良い投手だから抑えられているという見方もされるなど信頼に足る選手ではない扱いを受けています。

捕手争いが激しい巨人では小林選手は立場が苦しく本人はFA権を取得すれば出て行きたいと思う可能性は高く、そうなると何の補償もなく出ていかれると

巨人からすればただただ甚大な損失を被っただけになります。

そうなるとトレードの話が出てきそうですね。

さらに、、広島の會澤選手がFA権を行使して巨人が獲得しようものなら小林選手のトレードはほぼ確実となりそう。

會澤選手を取れば正捕手は解消。

さらに30代前半という事もあり打撃は数年は安泰、さらに3連覇もしており経験値は抜群で次世代の捕手の育成もし易くなり巨人の悩みはなくなります。

そうなると強肩でシーズン通してマスクを被った小林選手をトレードで良い選手を獲得しそうです。

 

會澤選手のFAについての記事はこちら!

【広島】會澤翼 FA権行使するなら巨人、楽天が有力か?菊池涼介のポスティングで引き留めは大丈夫??
こんにちわ貴浩です! 今回は広島の會澤翼選手のFA権について行使するのか、また、獲得に動きそうな球団についても考察していきたいと思います! 會澤選手のプロフィール 生年月日 1988年4月13日 出身 茨...

 

スポンサーリンク

トレード先はオリックスが本命?狙いは投手?

小林選手がトレードに出されるなら、オリックスが最有力候補となっています。

理由は3つ。

1つは小林選手が大阪出身である事。

2つ目ははオリックスの正捕手がおらず、育成に手間取っているから。

最後は、オリックスは投手に良い人材が多いから。

巨人は投手に不安を抱えており、将来的に菅野投手はメジャーに行く事を考えると小林選手で有望な先発投手の獲得に動きそうですね。

小林選手で狙えるかもしれない投手の例を挙げてみると。

山﨑颯一郎

2016年のドラフト6位の高卒投手で、2018年は2軍で20試合、5勝7敗、防御率4.66をマーク。通算投球イニングは100回1/3を投げるなど期待の大きい大型投手。

身長190cmでストレート最速149kmとドロップカーブを武器に投げ込むスタイル。

 

榊原翼

2016年育成ドラフト2位の高卒投手で日本人の父とタイ人の母の間に生まれたハーフで

2017年は13試合、12回1/3を投げ、2勝1敗、3セーブ、防御率1.46の成績を残し、支配下登録されました。

2018年は3回先発し、合計で2失点と好投。

2019年は先発ローテーション入りをするなど期待の大きい投手。

 

この上の投手は将来有望な投手ですが小林選手をトレードに出すならオリックスもある程度有望な投手をくれるでしょうし巨人としては期待したくなります。

しかし、強肩で盗塁阻止率の高い捕手を打撃に難ありで手放すのは少し惜しいですね。

しかし、小林選手の心情を読み取るとFA権を行使しないとは思えない事を考えるとトレードはかなり可能性が高そうです。

 

まとめ

今回は小林選手についてのお話でした!

捕手争いが激しく立場が苦しい小林選手は少し可愛そうに見えてきますがやはり捕手と言えども打撃は大切ですし

配球面でも信頼がなければバッテリーを組ませるのは難しい。

厳しいプロの世界ですから、そうしたトレードの話が出るのも仕方ないのかもしれませんね。

では、今回は以上でお話を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました