広島2020年戦力外予想!支配下70人から何人減る?引退する選手は?

広島東洋カープ
出典元:http://www.carp.co.jp/sponsor18/campaign.html
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

今回は広島の2020年戦力外予想をしたいと思います!

支配下が上限ピッタリの70人と、多い広島ですがドラフトや補強を思えば大幅な血の入れ替えが起こりそうです。

若返りを図るべく、見知った選手も多く退団になる可能性がありますが、早速見ていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

横山弘樹

生年月日 1992年3月12日
2015年ドラフト2位
2018年成績 なし

2016年の6試合の登板のみでその年は2勝2敗、防御率5.47と課題を残す結果となりましたが

以降は1軍で活躍する事は出来ず。

主にコントロールに難があり、不安定な投球が多く、ここまで登板がないとフォーム作りに難航しているでしょう、このままでは戦力外となりそう。

中田廉

生年月日 1990年7月21日
2008年ドラフト2位
2018年成績 15試合、0勝1敗、防御率13.14

毎年のように1軍に出場するも安定した成績は残せず。

2014年はセットアッパーとして活躍した事もありますが翌年は右肩痛、2017年は勝ちパターンに繋ぐまでのイニングの谷間を埋めるなどしましたが

今年は精彩を欠いており、また、1軍の中継ぎは好調で割って入るのは難しそう。

 

ジョニー・ヘルウェグ

生年月日 1988年10月29日
2018年成績 7試合

主に中継ぎとしてプレーするも外国人枠の兼ね合いもあり、2軍暮らしとなっています。

現状、中継ぎの助っ人ではフランスア、レグナルトなど良い投手がいるので契約はしないのかな、と思います。

スポンサーリンク

ケーシー・ローレンス

生年月日 1987年10月28日

2019年、1登板して1敗していますが四球を連発して5回6失点。

ランナーが溜まった時にメンタル面に影響が出てか腕が振れず四球を連発するなど脆さが垣間見えましたが

戦力外にして別の先発投手の補強に乗り出す可能性がありそう。

 

庄司隼人

生年月日 1991年6月21日
2009年ドラフト4位
2018年成績 12試合、打率000

守備と走塁がウリの選手ですが本職は内野手で、1軍に上がるにはかなりのハードルがあり、さらに課題のバッティングも掴み切れていません。

便利屋なら上本、曽根、三好などおり空きがなく、戦力外候補となりそうです。

庄司選手の記事についてはこちらも良ければどうぞ!

庄司隼人(広島)戦力外候補は今年結果を残せるか!?城所バットでアピール宣言!
こんにちわ貴浩です! 今回は広島の庄司隼人選手についてお話したいと思います! 庄司選手はドラフト4位で入団した内野手。 素材型の高卒選手を4位で指名する事は広島にとって出世を期待を示しており ...

岩本貴裕

生年月日 1986年4月18日
2008年ドラフト1位
2018年成績 10試合、打率143

左の中距離砲で、広島らしからぬ走力を犠牲にしたウエートのある選手ですが、コンスタントに試合に出ていた事もありましたが近年は若手野手が次々現れ、その波に取り残されてしまう形に。

今年で33歳と若くなく、若手のチャンスを阻む事になるので戦力外にするのではないでしょうか。

赤松真人 引退

生年月日 1982年9月6日
2004年ドラフト6位
2018年成績 なし

新井貴浩の人的補償で阪神から広島へ移籍し、新天地でも主に守備や走塁で活躍。

2017年は胃ガン摘出し、2018年はカムバック賞を目指すも1軍出場はなし。

本人は2019年に1軍で活躍できなければ引退を覚悟する考えを示しており、このままいけばそれが成されそう。

スポンサーリンク

永川勝浩 引退

生年月日 1980年12月14日
2002年自由枠
2018年成績 22試合、2勝0敗、5ホールド、防御率4.82

中継ぎで抑えとして活躍し、500試合登板や150セーブを記録した大ベテラン。

ベテランの域に達しても中継ぎで活躍していましたが徐々に登板機会を減らし、2019年では中々1軍昇格はなく、年齢的にも引退しそうです。

 

まとめ

今回は広島の2020年戦力外候補の予想でした!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました