ソフトバンク2020年オフ戦力外予想!支配下69人から何人減る?引退する選手は?

福岡ソフトバンクホークス
出典元:https://sp.softbankhawks.co.jp/news/detail/00000972.html
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

今回はソフトバンクの戦力外予想です!

超巨大戦力のソフトバンクはバランスの良い戦力を整えるために名の知れたベテランや力不足な若手を戦力外にする他、

育成契約を結んだりと支配下の人数を減らしていくと思います。

どんな選手が戦力外の候補に入るのか、見ていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

笠谷俊介

生年月日 1997年3月17日
2014年ドラフト4位
2018年成績 9試合、0勝1敗、防御率7.04

21歳の若きサウスポーで昨年は9試合に投げるも防御率は芳しくなく、今年は2軍でも投げておらずフォームを固めているのか。

潤沢な投手力の中ではやや埋もれている存在か、戦力外の候補に入れました。

 

堀内汰門

生年月日 1996年9月16日
2014年ドラフト育成4位
2018年成績 なし

育成出身の捕手で、アピールポイントは2塁送球と守備力。

しかし、課題はバッティング。

打てる捕手を求められる中である程度バッティングに見込みがないと厳しいかもしれません。

ソフトバンクは捕手も多くライバルが多いので競う力がやや低いと若くても厳しいかもしれません。

スポンサーリンク

塚田正義

生年月日 1989年7月23日
2011年ドラフト3位
2018年成績 25試合、打率270、3本塁打、6打点

今年で30歳で外野を主戦場にしていますが今季は出場がほとんどない状態。

初出場した2014年から長く1軍に帯同出来た事はなく中堅の域に入った事から戦力外となりそうです。

 

江川智晃

生年月日 1986年10月31日
2004年ドラフト1位
2018年成績 5試合、打率600、1本塁打、1打点

中堅の外野手で2軍では毎年のように好成績を残し、コンスタントに1軍に出場していましたが

昨年、今年は出場数が激減。

また、怪我の多い選手でもあります。

若手が台頭してきた事もあり計算のしづらい江川選手を放出する可能性はありそうです。

中田賢一 【引退】

生年月日 1982年5月11日
2004年ドラフト2位
2018年成績 23試合、5勝3敗、防御率5.20

FAで中日からソフトバンクに移籍。

荒れ球がウリで的を絞らせない投球で主に先発をしていましたが近年、活躍の機会を減らしていき、

年齢的にも37歳と若くありませんから、引退する可能性はありそうです。

 

和田毅 【引退】

生年月日 1981年2月21日
2002年自由枠
2018年成績 8試合、4勝0敗

メジャーから帰ってくると先発として活躍するも怪我などがあり長期離脱を余儀なくされた事もありそろそろ潮時が近づいていそうです。

若手投手が数多く台頭した事もあり、ポジションを譲る形で引退するかもしれません。

 

まとめ

今回はソフトバンクの戦力外予想でした!

ソフトバンクは育成出身の選手も多い事から支配下の枠はある程度空けておく必要があるので

オフシーズン、選手たちが多く戦力外となりそうです。

では、今回は以上でお話を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました