【日本ハム】中島卓也はFA権を行使せず残留濃厚?宣言ならDeNAやヤクルトは獲得に動く?

北海道日本ハムファイターズ
出典元:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20170731-90
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

今回は日本ハムの中島卓也選手についての考察です!

国内FA権を取得し、出場機会を求めて宣言するかどうか注目を浴びています。

今回はFA権行使するのか、また移籍先の候補球団についてもお話したいと思います!

スポンサーリンク

 

中島選手のプロフィール

生年月日 1991年1月11日
出身 福岡県糟屋郡宇美町
出身校 福岡県立福岡工業高等学校
178cm/72kg
右投/左打
ドラフト5位

高卒で日本ハムに入団すると、2012年から守備固めや代走で1軍に定着して105試合に出場。

2013年、当時2塁ゎ守っていた西川選手の離脱により中島選手が2塁手としてプレー、後に遊撃の大引選手が離脱し遊撃手としてプレーするなどユーティリティとして活躍。

2015年はオールスターに出場、そして盗塁王のタイトル獲得や遊撃のベストナインに選ばれました。

2016年、2年連続の全試合に出場や4年連続の20盗塁をマーク、年俸は大台の1億に突破しました。

2017年はソフトバンクの武田投手から人生初めてのホームランを放ちました。

アマチュア時代もホームランを打った経験がなかった中島選手はこれが待望の一発となりました。

2017年は怪我で91試合の出場に留まるも2018年は規定打席に乗せるなど復活。

2019年は遊撃手としてプレーするも途中から石井、谷内、平沼選手などと競争を強いられる事に。

打率220、16打点、12盗塁と物足りない成績となりました。

スポンサーリンク

中島選手の年俸は?

2019年の中島選手の年俸は1億となっています。

これは球団6位の数字で、Aランク選手という事に。

ちなみに日本ハムの年俸ランキング1位が中田翔選手の2億8000万で

2位が西川選手の2億5000万なので中島選手の凄さが分かりますね。

守備の名手でコンスタントに盗塁を決められる選手と言えど年俸1億はかなり上げている方だと思いますし

球団側が中島選手の事を大事な選手としてみているのでしょうね。

中島選手の1軍成績は?

試合 打率 打点 盗塁
2017 91 208 13 11
2018 132 261 23 29
2019 120 220 16 12

ここ数年の1軍成績となっています。

怪我もあって出場数を減らした2017年は振るわずでしたが、翌年の2018年は復活を遂げています。

2019年は試合数は多いですが打率が低く他の選手との競争もありました。

しかしながらコンスタントに二桁盗塁するのは流石ですね。

スポンサーリンク

中島選手はFA権行使せず残留濃厚?

中島選手は国内FA権について、宣言するかは熟考する姿勢を見せましたが

本人が気にしてるのは「出場機会」。

出場機会を求めて必要と迫られれば他球団移籍は確実でしょうが

年俸1億でバッティングが望み薄という事を考えると獲得に乗り出す球団は中々いないと思います。

中島選手もチームへの愛着から「残りたい気持ちが強い」とコメントしています。

しかし同時に「他球団の評価を聞いてみたい」とも語っており

宣言はするのかな、というところ。

FA宣言すれば候補球団はDeNAとヤクルト?

 

中島選手がFA権を行使するかどうかで悩む中、行使した際に動き出す可能性があるのがDeNAとヤクルト。

この2チームは調査を進めておりもし宣言となれば声を掛ける可能性がありそう。

DeNAに関してはここ数年、セカンドが手薄で、さらにチーム盗塁数も少ないので中島選手はフィットするでしょうし

ヤクルトも遊撃手が廣瀬、奥村選手など若手が伸び悩み手薄な為、フィットするかと。

ヤクルトの場合は人的補償で目ぼしい選手が少ない事からリスクを取って獲得するのもやぶさかではないかもしれません。

まとめ

今回は中島選手についてのお話でした!

守備の名手ではありましたが、年俸1億を到達するなど日本ハムで愛されるプレイヤーですが

年々衰えもあり、出場機会を減らしていますがまだまだスタメンで試合に出たい気持ちが強い様子。

また、他球団の評価も聞いてみたいというのもありますし宣言はあるのかな、とは思いますが

日本ハムでなければ1億円も貰えなかったでしょうし日本ハムに残留するのが1番賢明だとは思いますが

国内FA権は本人の努力の結果なので後悔のない選択をして欲しいですね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました