DeN A2020年4番打者の候補と最適な打順を考察!

横浜DeNAベイスターズ
出典元:http://www.logo.jp/blog/logodesign/横浜dena!.html
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

今回はDeNAの2020年4番打者の候補について予想したいと思います!

ポスティングでメジャー移籍を目指す筒香選手はチームを離れ、4番が空席となりますから

代わりの選手が誰になるかは非常に気になるところ。

強打者の多いDeNAの打線の大黒柱は一体誰になるのか。

スポンサーリンク

 

4番打者の候補一覧

4番打者の候補は以下の3人を選出。

ソト

生年月日 1989年2月28日【2019年成績】 141試合、打率269、43本塁打、108打点

2年連続の40本塁打で2年連続の本塁打王を獲得。

2年で80本打った選手は6人しかいないのでかなり早い量産ペースです。

不振だった序盤でも本塁打を打てていたので打てなくても相手を威圧するには十分、4番バッターに適任ではないでしょうか。

ロペス

生年月日 1983年11月24日【2019年成績】142試合、打率241、31本塁打、84打点

6年連続20本塁打超えのスラッガーで、今年は不調でしたが基本的には打率も残せる打者。

調子が良い時はどこに投げても打ち返してくるので手が付けられない選手ですから打線の大黒柱を任せるに足る選手ですね。

佐野恵太

生年月日 1994年11月28日【2019年成績】89試合、打率295、5本塁打、33打点

25歳の若手はドラフト9位ながらこんなにも期待される選手になりました。

筒香選手と同じ左のスラッガーでヒットもコンスタントに打てる選手ですから打点を気にして欲しいバッター。

まだまだ成長期ですがいずれは4番に入って欲しい選手です。

スポンサーリンク

DeNA2020年の打順の予想

1番 右翼 梶谷隆幸

2番 中堅 神里和毅

3番 三塁 宮崎敏郎

4番 二塁 ソト

5番 左翼 佐野恵太

6番 一塁 ロペス

7番 捕手 伊藤光

8番 遊撃 大和

9番 投手

1番 梶谷 選考理由

ラミレス監督は2番に梶谷選手を置いて攻撃的な打線を作る事に関心を示していましたが

しかし機動力を活かしたスモールベースボールをするなら三振の多い梶谷選手はバントや右打ち、ヒットエンドランなど細かい作戦の多い2番より自由に打たせられる1番が適切かと思います。

相手バッテリーも試合開始早々に梶谷選手は嫌でしょうし盗塁王を取った梶谷選手の1番起用はハマるのではないでしょうか。

また、梶谷選手はここ数年離脱が多いので打順を変えずに桑原、乙坂選手など起用出来る点も考慮しての打順でもありますから打線を大きくいじらないで済むかな、と思います。

2番 神里 選考理由

シーズン中も2番起用はありましたし戸惑いなく入れると思いますしミート力のあるバッターで、細かい指示にも応えてくれる器用さもありそうです。

また、神里選手は俊足ですからクリーンナップの前に起きたい選手。

シングルヒットでもホームを踏める可能性が高い選手が2番を務めた方が得点力は上がると思うので神里選手を選出。

3番 宮崎 選考理由

梶谷、神里選手は高打率を残せる可能性の高い選手ですからランナーがいる事を意識した時、天性のミート力のある宮崎選手の3番起用はハマるのかな、と思います。

また、首位打者を獲れる能力のある選手ですから確実に1巡目に打席が回ってくる打順に置くべきかと思います。

4番 ソト 選考理由

4番候補はロペス選手と悩みましたが、決めてはホームラン数。

打率が上がらなくてもホームランを量産出来る長打力は魅力で、調子が悪くても一本の怖さがありますから4番打者に置くと相手バッテリーは嫌かと思います。

5番 佐野 選考理由

期待を込めての5番起用。

2019シーズンは5月の大不振を除いて安定した打率を残していますからその安定感を買っての打順。

ソト選手は好不調の波が激しいものの、長打警戒で四球で出塁の可能性も高いですしそうしたチャンスを取りこぼさず打てそうな佐野選手をソト選手の後ろを任せました。

仮にロペス選手を入れると2人の助っ人は波が激しいですし最悪中軸で打線がぶつ切りになる可能性があるのでアベレージヒッターの佐野選手を間に挟みたいという思いもあります。

6番 ロペス 選考理由

今年は打率を残せず苦しいシーズンでした。

しかしホームランは相変わらずで31本塁打を放ち長打力を発揮しました。

7番以降に置くと後続の打力がかなり下がるので得点に繋がらない可能性が高いのでこのポジションにしました。

下位打線でのびのび打席に立てますし投手目線でも6番にロペス選手は恐怖感があると思います。

7番 伊藤 選考理由

ここからは消去法ですが、大和選手と比較した時、この打順が良いかと。

また、意外と投手は捕手との対戦を嫌がる傾向にあります。

読み合いが生じる対戦となるのでやり辛さがあると言う事で、ロペス選手が出塁すれば次のランナーには確率の高いバッターを置きたいですし伊藤選手を選出。

スポンサーリンク

ラミレス監督が明言〜機動力野球

DeNAは今年チーム盗塁40個とかなり少なくセリーグ トップのチーム盗塁数の阪神が100個を考えるとかなり差が開いています。

ラミレス監督もそれに関して危機感を持っており

「グリーンライトを持っている選手でも盗塁を仕掛けなかったり、得点圏まで進塁してもホームに帰ることができないシーンがあった」

もコメントしており、スモールベースボールを目指す姿勢を見せました。

筒香選手が抜けた事で新たなチーム編成を目指すDeNAですが、FA戦線に参加する可能性が出てきています。

FA選手を獲得か

DeNAの補強ポイントはセカンドと外野。

特に外野は筒香選手が抜けるので必ず補強したいポイント。

そこでDeNAのニーズに合う選手がロッテの荻野選手とソフトバンクの福田選手。

2人は共にCランクで人的補償がありませんし、外野を主戦場にする俊足のバッター。

打率も残せて盗塁技術もあるのでドンピシャですね。

筒香選手のポスティングによるメジャー移籍が叶えば金銭面で不安はありませんし争奪戦でも太刀打ち出来ると思います。

【ロッテ】荻野貴司 国内FA権で移籍か残留か予想!どこの球団が候補?Cランクで争奪戦?
こんにちわ貴浩です! 今回はロッテの荻野貴司選手の国内FA権取得により、移籍するのか残留するのかの予想をしてみたいと思います! 荻野選手は33歳の中堅どころですが俊足で打率を3割に乗せるミート力は健在でFA戦線の目玉選手。 ...
【日本ハム】中島卓也はFA権を行使せず残留濃厚?宣言ならDeNAやヤクルトは獲得に動く?
こんにちわ貴浩です! 今回は日本ハムの中島卓也選手についての考察です! 国内FA権を取得し、出場機会を求めて宣言するかどうか注目を浴びています。 今回はFA権行使するのか、また移籍先の候補球団についてもお話したいと思います...

関連記事

横浜DeNA 2019年〜2020年の補強を予測!FA選手の獲得やトレードの可能性は?
こんにちわ貴浩です! 今回は横浜DeNAベイスターズの2019年、2020年の補強を予測したいと思います! キャプテンで4番の筒香選手がメジャー行きを決めており、補強は急務。 FA選手の獲得やトレードの可能性は十分考えられ...
【横浜】筒香嘉智 メジャー評価は?活躍は無理?そうでもなさそう?
こんにちわ貴浩です! 今回は横浜DeNAベイスターズの主砲、筒香嘉智選手のメジャー挑戦によるメジャーへの評価や ネットでの「無理」といった厳しい評価に対する根拠など考察していきたいと思います! 長年の夢だったメジャーと...

まとめ

今回はDeNAの4番候補の予想でした!

筒香選手の抜けた穴は大きいですが逆に新たなチーム作りをするチャンスと思うしかありません。

今年は2位という堂々の順位ですが次こそは優勝を狙えるチーム編成をしてもらいたいですね。

では、今回は以上でお話を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました