【広島】野村祐輔 FA移籍か残留か FA宣言なら動機は?

広島東洋カープ
出典元:http://www.carp.co.jp/sponsor18/campaign.html
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

今回は広島野村祐輔投手のFA権取得による移籍か残留か、考察したいと思います!

野村投手は新人王や最多勝を獲得するなど能力が高く、FA権行使となれば争奪戦となりそうです。

昨年は丸選手が巨人へ移籍し、手痛い流出となりました。

扇の要である會澤選手は無事、残留に至りましたが野村投手は如何に。

スポンサーリンク

 

野村投手のプロフィール

生年月日 1989年6月24日

出身 岡山県倉敷市

出身校 広陵高等学校、明治大学

177cm/84kg

右投/右打

ドラフト1位

スポンサーリンク

2012年に新人王

開幕から1軍のローテーションに定着し、勝ち星を積み重ねてきました。

9勝11敗と負け越しはしたものの防御率1.98と抜群の安定感を見せ、新人王に選ばれました。

2016年 2冠達成!

https://twitter.com/carp__mania/status/803139977458520064?s=20

この年、チームのエースだった前田健太投手がメジャーへ移籍した事もあり、エース候補として期待されます。

すると、勝ち頭として勝利に貢献し、リーグ単独16勝をマーク。

25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献しました。

この年、25試合、16勝3敗、防御率2.71という成績を残して

「最多勝」と「最高勝率」の2冠を達成。

以降は怪我や不振で二桁勝利から遠のく……

2017年は途中、腰の張りを訴え出場登録を抹消する事に。

結局その年は9勝5敗と2年連続二桁勝利はならず。

2018年は7勝6敗、防御率4.22と精彩を欠く結果に。

2019年は18試合に登板するも6勝5敗と二桁勝利ならず。

今年、プロ7年目にして国内FA権を取得。

スポンサーリンク

野村投手 FAなら争奪戦?

野村投手は2016年に最多勝を獲得するなど活躍。

制球力を土台にストレート、チェンジアップ、カットボール、シュートを投げ分け、打たせて取るピッチングを持ち味にしています。

離脱や不振が多いものの、ひとたび調子を上げれば安定感のある投球を魅せ、打線を乗せるテンポの良い投球をします。

補償は発生するものの、必要とするチームは多数あると思います。

獲得に名乗りを挙げる球団は?

 

野村投手の獲得に乗り出しそうなのが

巨人、ヤクルト、ロッテ、楽天など。

ここ最近は活躍出来ていないものの能力の高さは本物で環境を変えれば輝きを取り戻す可能性も期待して

名乗りを挙げる球団は多いかと。

近年、中継ぎなど役割分担制が根強い事もあり規定投球回に到達する投手が少なく

先発の世代交代が進んでいない球団は少なくありませんし先発の野村投手は魅力があります。

巨人は投手不足ですし、同じ広陵高校だった小林選手がいますし、ヤクルトは高津監督になり投手を徹底補強を敢行しようと目論んでいますから

確実に狙いにいきそうです。

野村投手がFA宣言なら動機は?

野村投手は佐々岡新監督から直接残留して欲しい旨を伝えられましたが長い間、決断を先延ばしにしていました。

野村投手は岡山生まれで広島の高校に通っており、地元のカープに入団。

リーグ優勝にも貢献して年俸も1億を突破するなど球団内でも順調に地位を築いていったように思いますが

他の球団に興味を示しているのは何故か。

野村投手が興味を示すとしたら巨人に目をつけている可能性はありそうです。

広陵高校時代、野村投手は小林選手とバッテリーを組んでおり、2人はかなりの信頼関係で結ばれているようです。

なので再びバッテリーを組みたいという気持ちを抱き、移籍の可能性はありそうです。

他にも、今より高待遇で複数年契約、将来に対する保身も取れる契約を狙っている可能性もあるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は野村投手についてでした。

広島は歴史的にもFAでの流出は多いですが、その連鎖は続きそうです。

いくらチームの経営が上手くいっているとはいえ、田中、菊池、丸、鈴木誠也、會澤、野村選手ら全てを引き留めるのは不可能と言っていいでしょう。

野村投手は岡山出身ですし広島が一番似合うと思うのですが、、、

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました