【巨人】小林誠司 複数年契約断るならFA移籍は確実?契約更改日や移籍先の候補も

東京読売ジャイアンツ
出典元:https://matome.naver.jp/m/odai/2148961214117470301
スポンサーリンク
スポンサーリンク

原監督が小林誠司選手に対し、誠意を込めて複数年契約を考えている事を明かしました。

西武から炭谷銀仁朗を獲得する他、打力を求めて大城選手を起用するなど小林選手の出場機会は減る中で

「原監督は小林が嫌い」「スタメンマスクを好みで選んでる」などと原監督と小林選手の間に少し溝を感じたのですが

意外と高い評価をしているようです。

また、順調にいけば来年には国内FA権を獲得するので流出を避けたい思いもあるでしょう。

正捕手争いが激化する中で小林選手は複数年契約を結ぶのか。

今回は小林選手が複数年契約を断った際のFA移籍の可能性や移籍先の候補を考察したいと思います!

また、契約更改日についても!

スポンサーリンク

小林選手のプロフィール

生年月日1989年6月7日

出身 大阪府堺市南区

出身校 広陵高等学校、同志社大学

178cm/85kg

右投/右打

ドラフト1位

スポンサーリンク

阿部慎之助の後継者としてルーキーイヤーに63試合に出場。

2年目の2015年は70試合に出場するも打率226と課題の打撃を克服出来ず。

2016年は阿部選手が一塁手に移った事で開幕からスタメンマスクに被りました。

しかし、打率204と低迷。規定打席に到達するもリーグ最低打率となりました。

しかし、高橋監督になったこの年がキャリアハイの129試合の出場となりました。

翌年は138試合とさらに上回ります。

また、菅野投手と2回ノーヒットノーランを達成しています。

2019年、原監督の再就任で一波乱が起こります。

西武からFAで炭谷選手を獲得、大城選手もバッティングで非凡なものを見せ、三つ巴の様相を見せました。

盗塁阻止率は高水準をキープするも打率や配球の面で炭谷、大城選手に出場機会を与える結果に。

菅野投手とだけはスタメンマスクを被り続ける事が出来ていましたが途中から炭谷選手に菅野投手のとバッテリーを持っていかれるなど苦しいシーズンとなりました。

3年ぶりに100試合を切る92試合の出場に留まりました。

契約更改はいつ?

契約の交渉時期についてですが明確に決まっている訳ではありませんが

1軍選手の場合は11月上旬から12月の終わり頃の間には交渉を終えている

のがベター。

年末までには終わっていると思いますね。

スポンサーリンク

小林選手は複数年契約を断ったらFA移籍は確実?

さて、続いては小林選手の契約についてですが、

巨人サイドは間違いなく複数年契約を考えているでしょうし、それなりの年俸を用意すると思われます。

3年、または4年総額4億の支払いは下らないのではないでしょうか。

巨人であれば引き留めの為にさらなる金額を積む可能性もありそうで、さらに高給取りのゲレーロ選手の退団で

財布のゆとりは出来た筈ですから年俸は一気に跳ね上がりそうです。

しかし、小林選手からしてみれば今年は2、3番手という位置付けの捕手でしたから

出場機会を求めて他球団に移籍したい考えがある可能性もあると思います。

親友的存在の菅野投手や巨人の愛着で引き留まる可能性も十分に考えられますが

複数年契約を断って単年契約の考えを持っているならほぼ間違いなく国内FA権での移籍を考えていると思っていいでしょう。

移籍先の候補は?

捕手の世代交代が進む中、若手捕手の育成に苦しんでいるところはかなりあります。

ヤクルト、中日、楽天、オリックス

などが候補になってくるのではないでしょうか。

ヤクルトは中村選手も絶対的レギュラーではないですし中日も若手主体の捕手が多く中堅どころは欲しいところ。

楽天も嶋選手が抜けて中堅、ベテラン捕手の不在は心もとない。

オリックスは若月選手などいますがまだまだレギュラーは掴みとれていない事から獲得に積極的になると思います。

どの球団にとっても4年連続盗塁阻止率4割は魅力でブロッキングも上手いですし喉から手が出るほど欲しい選手だと思います。

また、現状ですがCランクで補償なし、また今年の成績を見るとそこまで大きな年俸アップも見込めなさそうですから

補償なしで獲得出来る可能性もあります。

小林選手の去就は一波乱生みそうですが全ては契約更改で潮目が変わってきそうです。

スポンサーリンク

 

関連記事

【巨人】山口俊 ポスティングでメジャーへ! 球団の候補はどこ?活躍は無理?美馬の伏線がこれで回収
山口俊投手が11月18日がポスティングによるメジャー移籍を希望した事を発表。 また、巨人は前例が一つもないポスティングを容認し、世間を騒がせました。 山口投手は決勝の韓国戦で先発するも1回KOしただけにこのタイミングで発表した事...
巨人トレードで田中俊太と長野久義成立の可能性はある?
巨人は日本一を逃し、戦力補強に積極的に動いていますがトレードを行う可能性はあるのか。 今回は巨人田中俊太選手と広島の長野久義選手のトレードはないか、見ていこうと思います! 田中選手のプロフィール 2017年ドラフトで5位指...

まとめ

今回は小林選手についてのお話でした!

強肩とブロッキングなどキャチャーとして必要な素養を身についた小林選手は他球団からすれば打力を無視してでも欲しい選手だと思いますし

今より出場機会が増えるのは確実でしょう。

本人が巨人に愛着を持っているなら移籍はないでしょうがその内心が契約更改で明らかになりそうです。

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました