2020年FA権取得する注目選手を紹介!お買い得選手多数?今年は大物選手の移籍が相次ぐ!?

その他
出典元:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/山田哲人
スポンサーリンク

今回は2020年、FA権取得する注目選手をご紹介したいと思います!

今年はかなり大物選手がFA権取得見込みで、大きく話題を呼びそうです。

とくにヤクルトの山田選手の動向が注目されていますが、一体どうなるのか。

FA権取得する選手の行使か残留か、詳しく考察していきたいと思います!

尚、契約更改で複数年契約を結んでいる選手は省いていますのでご了承ください。

では早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

FA権取得見込み Aランク

・Aランクの場合

旧年俸の80%の金銭またはプロテクト外の選手1名+旧年俸の50%の金銭

ヤクルト 山田哲人

生年月日 1992年7月16日(今年28歳)

出身 兵庫県豊岡市

年俸 4億3000万

Mrトリプルスリーという異名を持つ走攻守三拍子揃ったユーティリティープレイヤーで史上初の三度の「トリプルスリー」と「ホームラン王」「盗塁王」のダブル受賞など数々の偉大な記録を打ち立てました!

数々のタイトルを獲得する現代の万能選手はヤクルトの主軸としてだけでなく

国際大会でも輝かしい成績を残してきましたが、そんな山田選手が今年FA権を取得。

噂ではメジャーか巨人か、という話が出ていますが

メジャーでは内野手が成功しているケースが少なく国内に留まる可能性もあります。

また、巨人の坂本選手が生涯巨人を決めたのも追い風になるかもしれません。

実力のある者は皆メジャーに行くという風潮に逆らう判断が山田選手の背中を押す格好となるか。

もし国内移籍であれば憧れの坂本選手がいる巨人の可能性が高そうです。

「一緒に二遊間を組みたい」と言っているくらいですし相思相愛な感じはあります。

一方出身である兵庫から阪神入りを期待するファンもいますが

山田選手はキッパリと「阪神ファンではない」とコメントしており阪神入りは可能性が低そうです。

https://twitter.com/yuto_yt/status/1211864259035947008?s=20

これだけのビック選手ですからこれからの動向に注目です。

【ヤクルト】山田哲人 国内FA権行使して巨人?移籍濃厚な5つの理由
こんにちわ貴浩です! 今回はヤクルト、山田哲人選手についてのお話です! 山田選手の去就について気になる方は多いと思いますが今回は国内FA権で巨人に移籍確実と思われる可能性を5つの理由から見ていきたいと思います! 山...

日本ハム 西川遥輝

生年月日 1992年4月16日(今年28歳

出身 和歌山県紀の川市

年俸 2億

 

日本ハムの不動のリードオフマンで三度の盗塁王を獲得するスピードスター。

外野守備も上手く2017年から2019年と3年連続ゴールデングラブ賞を受賞しています。

不動のレギュラーとして毎年120試合以上出場しており、打率もコンスタントに280あたりをキープしている計算できる選手で選球眼にも定評があります。

本人はメジャー挑戦を表明し、注目を浴びましたが国際大会での経験も少ないですし、メジャーの高い壁を越えられない場合

国内FA権を行使して他球団に移籍する可能性もありそうです。

とくに巨人が有力で本人も公言する「巨人ファン」で注目が集まっています。

【日本ハム】西川遥輝 ポスティングでメジャー無理なら残留か FAで巨人の可能性はゼロ?
今回は日本ハムの西川選手についてのお話です! 昨年の契約更改の時にポスティングによるメジャー挑戦を表明しました。 球団はまだ認めてはいませんが今年は2年契約最終年で、可能性としては高そう。 また、2020年は国内FA権を取...
スポンサーリンク

FA権取得見込み Bランク

・Bランクの場合

旧年俸の60%の金銭またはプロテクト外の選手1名+旧年俸の40%の金銭

中日 大野雄大

生年月日 1988年9月26日(今年32歳)

出身 京都府伏見区

年俸 1億3000万

昨年遂に大不振を脱却し、エースとして華麗なる復活を遂げた大野投手はノーヒットノーランの他、初となる「最優秀防御率」も獲得!

見事な復活にファンは感激しましたが、今年も活躍が期待されますが、大野投手も遂にFA権を取得します。

大野投手にはかなり有名なエピソードがあって、ドラフト前まで大の阪神ファンだったそうですが

中日に指名されたその時から携帯に着けていたトラッキーのストラップをそっと外し、中日の選手として生きると覚悟を決めました。

そんなエピソードもあって、大野投手の阪神入りを望む声も上がっています。

左腕は貴重ですし、先発が実績の少ない若手投手ばかりなので十分獲得の可能性はありそうです。

【中日】大野雄大 2020年国内FA権!残留・移籍か 大の阪神ファンで移籍確実!?
こんにちわ貴浩です! 今回は2020年に国内FA権を取得する中日の大野雄大投手の残留、移籍について考えていきたいと思います。 9月14日にノーヒットノーランを達成した大野投手ですが気付けばFA取得間近で動向が注目されています。 ...

ヤクルト 小川泰弘

生年月日 1990年5月16日(今年30歳)

出身 愛知県渥美郡赤羽町

年俸 9000万

 

1年目は菅野、藤浪らと白熱した戦いの末「新人王」を獲得。その年16勝4敗と大活躍。

しかし、二桁勝利は1年目と2015年の11勝のみでなかなか白星が届かない小川投手ですが

毎年一年間ローテーションに入っていますし、狭い神宮で被本塁打が目立っていますが広い球場であれば期待できますし

復活する可能性もあり、非常に魅力のある投手です。

小川投手は愛知県出身という事もあり、FA行使となれば中日が本命ではないかとも言われていますが

果たしてどうなるのか。

【ヤクルト】小川泰弘 2020年にFA行使か 中日と相思相愛で移籍確実?
今回はヤクルトの小川泰弘投手についての考察です! 2020年に国内FA権を取得見込みで地元が愛知県という事で中日移籍が濃厚と言われています。 2019年の契約更改では複数年契約を断り、単年契約を結んでいるのも気になるところですが...
スポンサーリンク

広島 田中広輔

生年月日1989年7月3日(今年31歳)

出身 神奈川県厚木市

年俸 1億5000万

 

昨年は怪我の影響で大不振に陥る結果となりましたが、右膝半月板の手術も無事に終え、経過は順調で

プレーに活気が戻ってきました。

今年、復活すれば不振で下がった評価を取り戻し、FA戦線を盛り上げる主役となり得る存在。

選球眼の良さや走力などリードオフマンとして能力は高くまだまだ老け込む歳でもありませんし

行使となれば注目されるでしょう。

広島 今村猛

生年月日 1991年4月17日(今年29歳)

出身 長崎県佐保市

年俸 8000万

 

昨年は不振で27試合の登板に留まりました。

今年こそは中継ぎの一角として復活を期したいところです。

順調にいけば今年でFA権取得見込みですが、噂されているのが巨人入りという話。

今村投手は上原投手を憧れの投手として挙げており

また、子供の頃は巨人ファンだったそうです。

なので活躍次第では巨人入りもあるかもしれませんね。

しかし、まずは今年1軍で活躍することが大事ですがかつてのセットアッパーは返り咲く事が出来るのか。

西武 増田達至

1988年4月23日(今年32歳)

出身 兵庫県洲本市

年俸 1億9000万

 

西武のリーグ優勝の立役者、昨年は65試合に投げると30セーブ、防御率1.81と抜群の安定感で守護神の座を確立させました。

増田投手は複数年契約を提示されるも、それを断り単年契約を結びましたが

FAが頭にあるのかどうなのか。

もしFA行使となれば争奪戦は間違いありません。

守護神不在のオリックスや中継ぎ不安の巨人などが候補となりそうです。

日本人で守護神をする選手はかなり貴重ですからかなり引く手あまたとなりそうですが果たして。

【西武】増田達至 2020年オフ国内FA権で移籍する?残留濃厚?候補先に挙がる4球団
こんにちわ貴浩です! 今回は西武の増田達至投手についての考察です。 増田投手は複数年を断り単年契約を結び、2020年に国内FA権を取得した際 行使して他球団へ移籍するのではと囁かれていますが 国内FA権を行使し移籍す...

楽天 島内宏明

1990年2月2日(今年30歳)

出身 石川県小松市

年俸 1億

 

昨年は不動のレギュラー、繋ぐ4番打者として活躍し、大台の1億を達成。

球団から高い評価を受けました。

ホームランはそこまでないですが長打率が高く思い切りの良いスイングがウリで足も速く魅力の詰まった選手。

FAとなれば興味を示す球団はいそうです。

どの打順でも適応できる柔軟性もあり、使い勝手の良い選手。

しかし楽天の数少ない生え抜き選手ですから今年の活躍次第では好待遇が待っているのかなと思います。

本人がどのような選択をするのか興味深いですね。

ロッテ 松永昂大

1988年4月16日(今年32歳)

出身 香川県大川郡さぬき市

年俸 7500万

 

7年連続40試合登板で安定感のある左腕は中継ぎの一角としてブルペンを支えてきました。

今年も落ち着いた投球で防御率は2.60

しかしながら昨年契約更改では500万アップに留まり

過小評価な感も否めず、もしかすると移籍も視野に入れている可能性もあります。

サイドスロー気味の投げ方で独特な投げ方の左腕は計算しやすい投手ですし、調査している球団はいそうですね。

スポンサーリンク

FA権取得見込み Cランク

・Cランクの場合

補償なし

楽天 辛島航

1990年10月18日(今年30歳)

出身 福岡県福岡市博多区

年俸 6200万

 

昨年はチーム最多となる9勝を挙げ則本、岸のダブルエースが不調の中、先発を支えた功労者。

Cランクを保てばかなりのお買い得選手となり、前回の福田選手同様に争奪戦となりそうです。

どこの球団も先発は欲しいですし、補償なしであれば尚更。

楽天は引き留めでかなり金額の上積みがありそうですがストーブリーグを盛り上げる一人となるのか。

楽天 塩見貴洋

1988年9月6日(今年32歳)

出身大阪府守口市

年俸 3000万

 

昨年は7月に腰の張りで離脱するも9試合、3勝1敗、防御率3.16と復活の兆しを見せました。

怪我がなければ普通に主戦投手ですから、補償なしとなれば引く手あまたとなるはず。

また、本人は優勝の意識が強く、悲願のリーグ優勝を果たした2013年の時は左肩痛でいなかった為優勝したい思いは強く

もしかするとリーグ優勝の狙える球団の移籍の可能性もありそうです。

楽天も補強に積極的ですから、残留の可能性も普通にありそうですね。

オリックス 海田智行

生年月日 1987年9月2日(今年33歳)

出身 広島県三原市

年俸4150万

 

一昨年は4試合のみの登板でしたが昨年はセットアッパーとして大活躍し、1勝2敗、22ホールド、防御率1.84を記録。

苦労の絶えないプロ野球人生でしたがベテランの域に達して見事覚醒。

クローザーの不在や吉田投手の不良などで崩壊寸前の中継ぎ陣の救世主となりましたが、今年FAとなれば

補償なしならこの活躍であれば手を挙げる球団は出てきそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回はFA権取得見込み選手の中から注目の選手を挙げてみました!

今年のオフはかなり騒がしくなりそうですが果たしてどんな結果が待っているのか。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました