パ・リーグの新人王候補を予想【2020年版!】高卒で期待の高い選手も!

パリーグ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回はパ・リーグ2020年の新人王争いの候補選手についてご紹介したいと思います!

今年も即戦力として期待されているルーキーたちが入団していますし面白い争いが見られそうですね。

その他にも既にプロ入りしているものの新人王資格を有する選手たちにも注目が集まります。

では早速見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

西武 宮川哲

ドラフト1位で入団した社会人投手は即戦力として期待された右腕。

ストレートの最速は154kmでスライダー、カットボール、フォークなどベーシックな変化球を投げ分けます。

ストレートでガンガン押していくタイプの投手で奪三振を取ってアウトを築く本格派。

1年目から二桁を期待したくなる逸材ですが西武打線であれば可能性は十分にありそうです。

投手陣が不安定で離脱者も出ていますし尚のこと期待が掛かります。

勝ち星を挙げてチームの3連覇の原動力となるか。

ソフトバンク 杉山一樹

こちらは2018年のドラフト2位で入団した杉山投手。

2019年は春季キャンプをA組に抜擢されるなど期待されていましたがケース打撃登板の時にバント処理で右足首を痛めて離脱してしまいました。

今年は怪我もなく順調に来ており新人王争いに加わりそう。

身長193cmで投げ下すような角度のあるボールを投げ込み、最速153kmを放ち、鋭く変化するスライダーが持ち味。

投球フォームやスタイルを見ていると甲斐野投手にタイプが似ているのかな、と思います。

力強いストレートに加え、キレのあるスライダーの他、カーブやチェンジアップなどブレーキングボールを交える幅の広い投手です。

甲斐野投手が今年いないという事もあり、空いた枠を勝ち取り一気に1軍で活躍してもらいたいですね。

スポンサーリンク

日本ハム 河野竜生

社会人№1左腕と称されたドラフト1位の河野投手はスライダー、スローカーブ、ツーシーム、チェンジアップなど多彩に投げ分ける変化球主体の投手ですがストレート最速151kmと快速球も投げます。

ゲームメイクに定評があり、ペース配分の計算ができ先発として完成度の高い投手。

またコントロールも非常に良く、四球で大崩れしないので計算しやすいです。

日本ハムは先発が手薄なので河野投手は救世主となるか見ものです。

【日本ハム 】河野竜生 新人王は狙える?投球スタイルや球種・最速は?鳴門高校時代についても詳しく!
こんにちわ貴浩です! 今回は日本ハムドラフト1位で入団した社会人№1左腕、河野竜生投手についての考察です! 日本ハムは手薄な先発陣を埋めるべく、即戦力となり得る貴重な左腕を獲得しましたが、河野投手は今年のパリーグ新人王の...

ロッテ 安田尚憲

今年で3年目の左の長距離砲、ロッテのロマン枠。

清宮、村上らと同世代の選手で将来を背負う選手として期待されていますが、清宮選手はコンスタントに1軍出場を果たし、村上選手は昨年高卒2年目ながら

新人王に輝いており、少し出遅れている感がありますが

昨年はファームで「ホームラン王」「打点王」の2冠を達成しており、今年は開幕から三塁のポジションを狙いにいきたいところ。

本当であれば昨年、2軍で結果を出していたので1軍でプレーする事も出来たはずなのですがチームは楽天とAクラス争いをしており、安田選手を使う余裕がなく2軍に

置かざるを得ませんでしたが昨年シーズオフ、プエルトリコのウィンターリーグに出場すると打率349と大活躍していますし

期待値はかなり高いです。

今年は投手陣の新人王候補が多い中で野手として争いに加われるか見ものですね。

スポンサーリンク

関連記事

【セ・リーグ】2020年新人王候補をガチ予想!プロ入り1年以降の選手に候補ズラリ!
こんにちわ貴浩です! 今回はセリーグ2020年の新人王候補についてご紹介したいと思います! 昨年のドラフトでは逸材ぞろいでしたがそのうち二人、奥川、森下投手がセリーグに加わり非常に楽しみなシーズンとなりました! また、今回...
2020年FA権取得する注目選手を紹介!お買い得選手多数?今年は大物選手の移籍が相次ぐ!?
今回は2020年、FA権取得する注目選手をご紹介したいと思います! 今年はかなり大物選手がFA権取得見込みで、大きく話題を呼びそうです。 とくにヤクルトの山田選手の動向が注目されていますが、一体どうなるのか。 FA権取得す...

まとめ

パ・リーグの新人王争いについての考察でしたが今年は投手陣がかなり候補として挙がりそうですが

ルーキーの活躍が上位争いに直結しそうで、そういう意味でも熾烈な争いを期待したいですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました