【阪神】戦力外候補2020年版!支配下68人から何人減る?引退する選手は?

阪神タイガース
スポンサーリンク

阪神戦力外候補・2020年版!支配下68人から何人減るのか、引退する選手など予想・考察していきます!

阪神は2019年ドラフトで次世代の主力を担う選手の獲得に積極的で1位から5位まで高卒選手を指名。

さらに外国人8人を補強し、支配下選手は68人に膨れ上がりました。

こうした流れを受け、中堅選手の戦力外、外国人選手の選別などで昨年よりも多く戦力外選手が増えていきそうですが

果たしてどの選手が選ばれるのか。

新たな情報が入り次第、随時更新していきます!

スポンサーリンク

阪神戦力外の候補を予想!

伊藤和雄 31歳

1軍で爪痕を残す事が出来ないまま30歳を超えた伊藤投手ですが今年はラストチャンスで崖っぷちの投手。

しかし今年の春季キャンプでは右ふくらはぎを負傷して離脱してしまいました。

数少ない支配下選手枠の中にいるだけあって1軍で戦力にならなければ育成でも状態の良い選手が浮かばれないですし

何とか活躍を期待したいところですが現実的には厳しそうです。

荒木郁也 32歳

毎年戦力外の候補に入りながらも矢野監督から「必要な戦力」と言われ、生き残っている荒木選手。

昨年は俊足で内野手の植田選手が1軍で定着した事から、戦力外になるのではないかと思いましたが今年も戦力外を免れています。

しかし、俊足だけをウリにするのであれば植田選手とキャラが被る上、植田選手はバッティングでも何かコツを掴みそうな雰囲気があり

年齢的に見ても今年は戦力外となりそう。

 

伊藤隼太 31歳

ドラフト1位で入団し、大きく期待を寄せられた選手ですが

自身のキャリアハイは2014年の52試合、打率294、2本塁打、12打点という成績。

2018年の時には代打の切り札的存在として自身のポジションを掴み96試合、打率247、1本塁打、13打点を記録。

遅咲きを期待しましたが、翌年の2019年は一度も試合に出場する事は出来ず、再び2軍暮らしを余儀なくされました。

外野では高山選手が守備の向上と打撃の復調、また近本選手が即戦力で出てきた事もあり

中堅の伊藤選手にこれ以上期待する可能性は低そうです。

スポンサーリンク

板山祐太郎 26歳

金本前監督からミート力とパンチ力を評価され獲得した選手で、外野を主戦場としながら二塁の守備も練習するなどポジション獲得に懸命な板山選手ですが

内、外野共に若手の競争が激しく割って入るだけの打撃もなく、このままアピールが出来なければ戦力外の候補となりそうです。

しかし矢野監督が2軍監督時代、手塩にかけ4番も任せるなど期待していた選手なので今年、1軍で爪痕を残せば残留もありそうですが

外国人野手を大量に雇用し、さらにポジションの競争が激化する中でアピールする事は出来るか。

俊介 33歳

いぶし銀の選手で知られ、入団してから毎年、1軍に一定の期間留まるなど堅実なプレーで生き残ってきた選手。

調子が良ければ打率を残し確実性があり、塁上に出れば走力もあり盗塁も狙える選手。

また、外野の守備も安定しており守備固めとしても重宝されてきた選手。

2017年には74試合ながら打率309を残し、しぶといバッティングでミート力に磨きが掛かり2年契約にこぎつけましたが

結局、調子は続かず。

調子が良くてもスタメンで使い続ければすぐにダメになると言われてきた選手で

これ以上の高望みは出来ない上、守備固め、代走では同じ外野手の江越選手が1軍でサブ的な役割をこなすなど

キャラが被るので今年で戦力外となりそうです。

阪神引退する選手を予想!

福留孝介 43歳

チーム一、さらに球界一の年長者となった福留選手。

メジャー帰りから復帰した2013年はメジャー式のフォームから日本式にシフトするのに相当四苦八苦し、和田前監督も

その懸命な姿を見て試合数を与えるなど苦慮していましたが2014年の終盤に苦しみの果てに復活。

CSでは広島と対戦し前田健太からソロホームランを放ち決勝点を挙げています

さらに翌年、チームは大不振で全く点が取れない中、福留選手は徐々に打順を上げ遂に4番に座りチームの勝利に貢献する打点を挙げ

神がかり的な勝負強さを見せました。

以降もチームの主力として活躍しましたが次第に怪我が増えたりスタミナの問題でスタメンを外れる他

近本、高山選手ら若手のアピールで43歳の福留選手は席を譲る可能性がありそうです。

「目」の衰えが未だに現れていない事からまだまだプレーは出来そうですが福留選手がどのような選択を選ぶのか気になるところ。

また、阪神は生え抜きスターの扱いはぞんざいながら他球団から招いた選手には手厚いので福留選手の想いを汲み取って

本人が現役希望なら尊重しそうな気はしますね。

気づけば中日時代の9年在籍に切迫する8年在籍で、すっかり阪神の顔になっており

阪神ファンとしてはまだまだレジェンドプレーヤーの活躍は見ていたいところですが、果たして。

中田賢一 38歳

2019年10月26日、無償トレードで阪神に移籍した中田投手。

無償トレードの理由はこちらで記述!

【阪神】中田賢一 戦力外ではなく何故無償トレード?
阪神のオフシーズン補強第1号は思いがけずソフトバンクの中田賢一投手となりました。 中日からFAで地元福岡を本拠とするソフトバンクへ移籍。 FA権宣言の時には阪神も獲得に乗り出したものの失恋する形になりましたが6年...

中日時代は「暴れ球」を武器に投球していましたがソフトバンクに移籍後は年齢的な衰えが来ると中継ぎに転向するなど紆余曲折ありましたが

ボール球先行で扱いづらく、また投手力の高いチーム事情から徐々に出場機会を失っていきました。

そこでトレード話が持ち上がり、阪神の移籍が決まりました。

阪神はFA権行使の際に手を挙げて一人でもあり、意中の選手がチームに加わり獲得の際は大きく取り上げられましたが

即戦力としてではなく、復活に期待したいのとソフトバンクのノウハウの獲得など複数のメリットを考慮し獲得に至りましたが

今年のオープン戦では炎上するなど復活への足掛かりはまだ掴めていません。

年齢的にもベテランで、他にも有望な若手投手が多い事から今年で潔く身を引く決断を下す可能性はありそうです。

スポンサーリンク

関連記事

【中日】戦力外候補2020年版!藤井淳志・山井大介は引退?
こんにちわ貴浩です! 今回は2020年の中日戦力外候補をガチで予想したいと思います! 中日は長いBクラス、低迷から危機感を覚え2017年以降は高卒指名と育成にシフトし、有望な若手で溢れ返っています。 また、根尾昂や石川昂弥...
【巨人】戦力外候補2020年版!支配下67人から何人減る?引退する選手は?
2020年、読売ジャイアンツ・巨人の戦力外候補や引退する選手についての予想・考察! 昨年、巨人はベテランや外国人選手の引退、戦力外などで立ち去り、ドラフトでは高卒選手の獲得にも積極的。 また外国人選手を大量に雇用するなど見定めの...
阪神タイガースのトレード予想!噂の交換要員一覧【 2020年~2021年版】
今回は阪神タイガース、2020年~2021年にかけてのトレード予想をしたいと思います!噂の交換要員たちを一挙紹介! 阪神のトレードで最も成功した例で言えばやはり桑原謙太郎投手ですが、やはりトレードに関しては当たりは少ないのが現実。 ...
現役プロ野球選手で阪神ファンを紹介!森友哉・山岡泰輔・大野雄大など!
今回は現役プロ野球選手で阪神ファンという方をご紹介したいと思います! 贔屓球団以外でプレーする選手は多く、FAで憧れのチームに移籍するという話はよく聞きますが、今回は阪神にフォーカスを当てたいと思います。 現役プロ野球選手で...

まとめ

今回は阪神戦力外候補2020年版でしたが、いかがでしたか?

ドラフトではフレッシュな顔ぶれが加わり、中堅の大量解雇は免れそうにありません。

さらにペナントレースの活躍次第で大量9人もの外国人選手が多く立ち去る可能性もあり今年は見極めの歳となりそうです。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました