【ヤクルト】山田哲人・残留?ポスティングはない?生涯スワローズの可能性は?

阪神タイガース
出典元:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/山田哲人
スポンサーリンク

こんにちわ貴浩です!

今回は山田哲人選手の去就について考察したいと思います!

球界を代表する二塁手の最高傑作とすら思える程、走攻守すべてにおいて質の高いプレーを魅せる山田選手ですが

2020年に国内FA権を取得し、国内移籍の可能性やポスティング・海外FA権でメジャー挑戦の可能性など取沙汰されていますが

残留という可能性についてはあまり触れられていません。

山田選手はFA権行使については「どちらとも言えない。するかもしれないししないかもしれない」

とどっち付かずのコメントをしていますが

ヤクルトファンからしてみればヤキモキしますね。

山田選手がどういった選択をするのか、色んな角度から探っていこうと思います!

スポンサーリンク

山田選手のプロフィール

生年月日 1992年7月16日(28歳)

出身 兵庫県豊岡市

出身校 履正社高等学校

180㎝/76kg

右投/右打

ドラフト1位

ドラフト1位で入団。

プロ3年目に頭角を現すと、4年目には打率329、38本塁打、100打点という成績を残しトリプルスリー達成、ホームラン王を獲得しました。

2016年、2018年にもトリプルスリーを達成するなど前人未踏の三度達成という偉業を果たします。

2020年に国内FA権を取得し、去就について取沙汰されていますが果たして。

山田哲人選手 残留ならポスティングか生涯スワローズ?

残留か移籍か

本人は言及していませんが、噂では巨人移籍が濃厚とされています。

その理由としては巨人・坂本勇人選手が憧れの選手であり山田選手が

「一緒に二遊間を組みたい」

と発言しているのが理由とされいます。

また、巨人は同じ東京に位置し環境が変わる心配もありませんし、また、常に優勝争いできるチームなので96敗という辛酸を舐める事はまずないので魅力は十分にあるかと思われます。

しかし、山田選手はヤクルトに愛着を持っていますし球団も山田選手に5億を支払っている事からかなりの敬意と評価を与えていますから

待遇としては悪くありません。

ヤクルトにいれば将来的にはコーチ、ないしは監督も任せられるなど将来を約束されているのは確かなので安定と愛着で残留という可能性もありそうです。

ポスティングか海外FA権でメジャーの可能性は?

もう一つ可能性があるのはメジャー移籍、海外挑戦です。

ポスティング、ないしは海外FA権でメジャー挑戦の可能性はあるかについてですが、

これについては可能性はかなり低いと思います。

ポスティングは使うタイミングは今年しかないが、、、

山田選手は順調にいけば海外FA権を2021年オフに取得見込みです。

そうなると、メジャー側からしてみれば金銭を支払わなければなりません。

ですから海外FA権で来てもらった方が良い訳です。

そして2021年オフに海外FAとなれば自然とポスティングの使えるタイミングは2020年となりますが、しかし今年はコロナの流行により

メジャーは60試合しかできず収益が著しく減収します。

山田選手は元々、内野手で、フォームも通用しないと言われており高い評価はされていませんから無理に獲得しようとは思わないでしょうしポスティングでの移籍は望み薄と思われます。

山田哲人はメジャーには行かない?挑戦を阻む3つの懸念
Mr.トリプルスリーと言えばヤクルトの山田哲人選手ですね。 史上初の3度のトリプルスリーを成し遂げた山田選手はメジャーでもその能力の高さは語られていますが いつかはメジャー挑戦もあるのか、気になるところ。 しかし、これだけ...
スポンサーリンク

山田選手がそもそもメジャーに興味がない?

もしかしたら違う可能性もありますが、しかし筒香、鈴木誠也などといったスラッガーと違い山田選手にはメジャーを重きに置く気持ちが見て取れません。

その最たるものがバッティングフォーム。

鈴木誠也選手は引き出しの一つとしてノーステップ打法を習得していますし筒香選手は毎年のようにフォームを弄り

なるべく無駄な動きを削りすり足に変えるなどしていますが

山田選手は元来、高く足を上げてタイミングを取るフォームを崩しません。

メジャーでは高く足を上げるなど動作の大きいフォームでは通用しないというのが共通認識としてあり、それは歴代の選手が証明しています。

山田選手が本当にメジャーに行きたいという事であれば打撃フォームは多少弄るはずですがその気配がない事からメジャー挑戦は視野に入れていないのかなと思います。

生涯スワローズの可能性は?

移籍の可能性を取り上げましたが、残留の可能性もあります。

そして残留にこぎつければ、生涯スワローズの可能性はかなり高いと思われます。

球団は年俸でも高額を支払っている他、伝統となっている背番号「1」を継承するなど

ミスタースワローズとして山田選手を崇め奉っており、一切の妥協がないので本人に誠意は十分どころか十二分伝わっていると思います。

ですからFA権を行使しなければ生涯スワローズは間違いないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今年の山田選手の選択ではっきりする事ですが、ファンの方は山田選手の活躍を心から喜ぶのは難しそうですね。

本当に素晴らしい選手だけにその去就が気になります!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました