【巨人】陽岱鋼 一塁転向で今年に退団濃厚?トレードについても!

東京読売ジャイアンツ
出典元:http://www.giants.jp/smartphone/G/gnews/news_3912278.html
スポンサーリンク

巨人、陽岱鋼の戦力外・退団濃厚の噂についてやトレードについて考察!

2017年からFA権を行使し、巨人に移籍した陽選手ですが、現状は厳しく2020年は原監督から一塁の練習を求められるなど

一塁コンバートで窮する立場が浮き上がりました。

陽選手はFAにより入団した際、5年契約を結んでおり、今年で4年目ですが最終年は球団に選択権があると言われています。

今年結果を出さなければ相当に厳しい立場である陽選手の今後はどうなるのか将来の展望について掘り下げていきたいと思います!

スポンサーリンク

陽選手のプロフィール

生年月日 1987年1月17日
出身 台湾台東県台東市
出身校 福岡第一高等学校
184cm/89kg
右投/右打
ドラフト1位

FA権で巨人に入団

2016年12月14日、巨人が陽選手と入団を合意に達した事を発表。

この年、日本ハムは日本シリーズで広島を破り10年ぶりの日本一を果たしています。

日本ハムの若手主体の育成路線に押されてチームの構想から外れ去る事を決めた陽選手はFA権を行使して巨人と契約を結びました。

5年総額15億という大型契約を勝ち取りました。

陽選手の巨人での成績【2017~2019】

陽選手の巨人移籍後の成績がこちら。

2017年 87試合、打率264、9本塁打、33打点、4盗塁

2018年 87試合、打率245、10本塁打、37打点、2盗塁

2019年 110試合、打率274、4本塁打、21打点、0盗塁

2017年は夏場に活躍し1番バッターとしてチームを牽引するものの9月に入ると調子を落とし、打率を下げる結果に。

2018年は左手に死球お受けた影響もあり2か月ほど戦線離脱し満足のいく結果とはならず。

この年、通算100本塁打を達成。

2019年は亀井、丸などがレギュラーを張り陽選手の出番は左投手の時や阿部選手と共に代打の切り札としてプレーを続けていました。

右の代打として代打打率394をマークするなど貴重なカードとして重宝されました。

この年が巨人での最多となる100試合超えを達成したものの本塁打、打点は移籍後最少となりました。

陽選手が一塁転向・コンバートで今年退団?

2020年、陽選手が一塁の守備練習もしているという事で『一塁転向』の記事が踊りました。

元々内野手だったものの一塁守備は初めての事で外野の守備が良いだけにコンバートの話が出てきた時、陽選手の立場が危機的状況にある事が想像できます。

外野には丸、亀井、パーラといった主軸を期待された選手の他に石川、重信ら中堅に山下、加藤ら有望な若手らがおり競争は熾烈。

とは言っても一塁も状況によっては岡本選手が就く事もあるでしょうし大城選手も控える他、復活を狙う中島選手もいるため

決して競争が少ない訳ではありません。

実質、オプションを増やし色んなパターンで使える便利屋として原監督は見ている訳ですが年俸3億の便利屋というのは不良債権と言って差し支えないでしょうから

今年の活躍次第では年内に戦力外・退団となる可能性が出てきそうです。

陽選手は5年契約を結んでいますが、最終年は巨人側に選択権があるので契約を結ばない選択も出来るので今年が最終年という見方も出きます。

陽選手のトレードの可能性は?

噂で陽選手がトレード要因として名前が挙がりますが、結論から言うと可能性はほぼ0%と言えそうです。

トレードとなる場合は年俸の支払いは移籍先の球団が済ませなければいけません。

3億で獲得したいという選手はまずいないでしょう。

また、巨人は近年FA移籍先として不人気なのも相まってFAで迎え入れた選手をトレードに出すとなるとイメージダウンは避けられません。

たとえ巨人が陽選手の実力を見誤ったとしても多額の金額で大きな評価をして迎え入れた訳ですからトレードに出すという選択肢はないのかなと思います。

なのでトレードは極めて低いものと考えられます。

スポンサーリンク

関連記事

山口俊・日本球界復帰なら巨人出戻り?FA騒動で古巣DeNAは拒否?
今回は山口俊投手の日本復帰の可能性や、どこの球団を選択するのか予想したいと思います! 山口投手が日本に帰って来るならどこの球団が一番可能性が高いのか。 ポスティング容認でメジャー挑戦の夢を後押ししてくれた巨人か古巣のDeNAが候...

まとめ

今回は陽選手についての考察でした!

5年契約を結んだものの、そのほとんどが活躍できておらず長期契約のリスクを痛感しますが

元々陽選手は日本ハム最終年の時には衰えがあると言われていましたからネームバリューで勇んで飛びついた巨人にも問題があると言えますが

まだ年齢的にも老け込む歳ではありませんし外野の守備は一級品ですから復活に期待したいですね!

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました