【西武】ギャレット メジャー復帰濃厚?国内移籍も有り得る!?楽天が狙ってる?

埼玉西武ライオンズ
出典元: https://www.sanspo.com/smp/baseball/photos/20200626/lio20062622240005-p1.html
スポンサーリンク

今回は西武の助っ人、リード・ギャレット投手についてのお話です!

ギャレット投手は最速156kmという触れ込みで入団してきましたが、西武の助っ人投手を振り返ると制球力に自慢のある投手はなかなか

出てこなかったのですが、ギャレット投手はその前例を覆す活躍を見せました。

しかし、圧倒的な数字を残した事でメジャー復帰も見えており

昨年、阪神のピアース・ジョンソンのような1年でトンボ帰りする可能性も示唆されています。

今回はギャレット投手のメジャー復帰の可能性について見る他、

国内移籍も可能性として拭い切れず、楽天を筆頭に移籍する可能性がありそちらついても詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ギャレット投手のプロフィール

生年月日 1993年1月2日

出身 アメリカ合衆国バージニア州ヘンライコ郡

188㎝/95kg

右投/右打

ギャレット投手は2019年にメジャーデビューし、13試合、防御率8.22と制球力が定まらず。

しかし力のあるボールを買われ、西武への入団を決めました。

年俸5000万という格安で1年契約を結びました。

勝ちパターンの一角として期待されると開幕から結果を残し、着実に信頼を得るとセットアッパーに定着。

自慢のストレートでは8月8日の日本ハム戦で自己最速となる162kmをマークし進化を見せています。

日本での成功の裏には、豊田コーチのアドバイスが効いたようです。

春の時点ではギャレット投手は抜け球が多かったそうで、抜け球の克服のためにフォームの修正を求めたようです。

また、ギャレット投手は自身をゴロピッチャーだと認識していたようですがストライクゾーンにストレートを積極的に投げるようアドバイスし

スタイルを大きく方向転換した事が功を奏したそう。

結果、制球が改善しストレートも上がり162kmをマークする程に。

抜群の安定感からメジャー復帰も有り得るなど噂が立つように。

メジャーでは中継ぎ投手はかなり重宝されますからギャレット投手の活躍を見ると獲得したいと動く球団は現れそうです。

スポンサーリンク

ギャレット投手はメジャー復帰濃厚で退団する?

ギャレット投手は今年27歳と非常に若く、早いうちにメジャーに戻れるなら復帰を目指すかと思われます。

なので今年、怪我さえなければメジャーという意識があってもおかしくなさそうですが

懸念材料があるとすれば、メジャーはコロナで60試合しか試合がありません。

収入が少なく、選手には減給を呑んでもらう状況ですからそれが影響して渡米できない可能性もありそうです。

国内で争奪戦の可能性も?楽天が狙ってる?

もし、メジャーが無理なら国内で争奪戦が起こる可能性もなきにしもあらず。

本人の意志を尊重するとは思いますが、ギャレット投手の活躍を見るとほかに好条件を提示する球団はいるでしょうし代理人がどう動くか。

メジャー挑戦の意思を汲んで単年契約でのオファーなら条件の良い球団に移籍するという事は十分に考えられそうです。

金額を出せるチームはソフトバンク、楽天、巨人といったところかと思いますが

補強に積極的な楽天、巨人あたりが動いてきてもおかしくはないのかなと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ギャレット投手の本命はメジャーだと思いますがコロナの影響がどこまで尾を引くのか。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました