【DeNA】ドラフト候補2020年!1位・上位指名をガチ予想!

横浜DeNAベイスターズ
出典元: http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id
スポンサーリンク

今回はDeNAベイスターズの2020年ドラフト予想です。

1位・上位指名を考察していきたいと思います!

今年のチーム事情を見ると筒香選手が抜けたものの佐野選手がしっかり4番を務め上げ打線の穴はそこまで感じられません。

選手層の厚さでAクラス争いするなど充実していますが、誤算だった山崎康晃の不調が気になるところ。

また、野手に関しても少し厚みを持たせたい他、試合終盤で切れる代走のスペシャリストがいると戦略に幅が利きより嫌なチームになるのかなと思います。

今年のドラフトはどのような戦略で迎え撃つのか。

スポンサーリンク

DeNAベイスターズ2020年ドラフト1位・上位指名を予想!

1位 伊藤大海

生年月日 1997年8月31日

出身 北海道鹿部町

出身校 駒大苫小牧高等学校、駒澤大学、苫小牧駒澤大学

175㎝/80kg

右投/左打

ポジション 投手

即戦力投手と呼び声高い伊藤投手は今年、ドラフト1位候補として名前が挙がります。

完成度も高く、先発とリリーフ両方を経験しておりどちらにも順応できる器用な一面も。

セットポジションでも球威が落ちない上、奪三振能力が高くチームによれば勝ちパターンとして起用するチームも現れそう。

変化球はスライダー、カーブ、フォーク、カット、チェンジアップを投げ分けます。

DeNAは山崎康晃投手が不調だった事もあり、もしもの事態に備えてリリーフ適性のある伊藤投手の獲得に動く可能性はありそうです。

もし山崎投手が復調しても先発として起用してもローテを守ってくれそうですし非常にチームにマッチした補強になると思います。

ハズレ1位 今川優馬

生年月日 1997年1月25日

出身 北海道札幌市

出身校 東海大附属第四高等学校、東海大北海道、JFE東日本

176㎝/80kg

右投/右打

ポジション 外野手

 

大学時代は2年生までベンチ入りすら叶わず、社会人野球に進んだ選手。

入社1年目からスポニチ大会でホームランを放つ他、完投の3大会で2本塁打を放っています。

2019年の都市対抗ではチーム優勝に貢献し、若獅子賞を受賞。

パンチ力が非常に魅力があり、フルスイングが代名詞の選手。

アッパー気味のスイングで当たれば飛距離はかなり期待が出来ます。

身長に似合わずスラッガーの風格を放ち、非常にロマンを感じさせます。

チームカラーにもあった選手ですし、外野守備も良いので即戦力として期待したいところ。

今川選手は社会人出身で年齢やバッティングスタイルから評価が二分する選手ですが、上位で消える可能性も拭い切れないので早々に獲得に踏み切っても良いのかなと思います。

2位 入江大生or元山飛優or田澤純一

入江大生

生年月日 1998年8月26日

出身 栃木県日光市

出身校 作新学院高等学校、明治大学

187㎝/82kg

右投/右打

ポジション 投手

 

高校時代は2年生の時に甲子園の出場しています。

大学では3年生の時に転機があり、フォーム改造を行い4~5キロ増量を果たします。

すると球速を150kmの大台に乗せました。

球速以上に力の乗ったボールで、相手打者が振り遅れる程ボールのキレが良いのが魅力で鋭く変化するスライダーも魅力です。

制球力に難ありですが、力で押せるのでアバウトなコントロールでも十分通用するかと思います。

スポンサーリンク

元山飛優

生年月日 1998年12月4日

出身 大阪府東大阪市

出身校 佐久長聖高等学校、東北福祉大学

180㎝/73kg

右投/左打

ポジション 遊撃手

大学生№1遊撃手と呼び声高い元山選手は俊足を活かした守備範囲と地肩の強さ、スローイングの安定感がウリの選手で守備で飯が食える程の技術力を有した選手。

また、打撃も非常に勝負強さの光る選手。

広角に打ち分け選球眼も良く、即戦力としてある程度数字を残せそうです。

チームの内野手事情を紐解くと、パンチ力が物足りない印象ですし打撃力に優れた元山選手はかなり魅力があると思います。

ドラフト2位までに残っていれば確実に手を挙げたい逸材。

田澤純一

生年月日 1986年6月6日

出身 神奈川県横浜市神奈川区

出身校 横浜商科大学高等学校、新日本石油ENEOS

180㎝/90kg

右投/右打

2008年レッドソックスと契約

 

今年の目玉選手の一人となりました。

長いマイナー生活でしたが、今年は日本の独立リーグにプレーの場所を移しました。

見計らったように今年、田澤ルールが撤廃されドラフトに参戦する事ができるようになりましたがメジャーで勝ちパターンとして活躍し

経験は素晴らしいものを持っていますし、今後のポストも考えて獲得は悪くないと思います。

ベテランで選手寿命が短いのがネックですがチーム事情を見ると有望な若手投手は多く、彼らが育つまでの繋ぎとして獲得するのは悪くなさそうです。

また山崎康晃投手が不調なので保険を掛けておきたいでしょうし、もしここで残っていれば獲得に動きそうです。

田澤純一・ドラフト候補!球団は?メジャー通算・投球スタイルも!田澤ルールとは?
今回は田澤純一投手についての考察です! 田澤ルール撤廃により、ドラフトで指名が可能になり、一気に注目選手となりました。 今年で34歳という事で獲得するリスクもありますが、まだ腐る年でもありませんし投手に不安のあるチームは...

3位 藤井聖

生年月日 1996年10月3日

出身 神奈川県海老名市

出身校 富士市立高等学校、東洋大学、JX-ENEOS

175㎝/78kg

左投/左打

ポジション 投手

 

即戦力投手として期待されている藤井投手は、貴重なサウスポー。

あまり上背はないのですが、投げ下すようなフォームが特徴的で、濱口投手に似たタイプの投手となっています。

最速150kmをマークし、落差の大きい縦割れのスライダーとのコンビネーションで三振を築きます。

制球力には課題を残すもののある程度構えたミットに投げる事は出来ますし即1軍で起用できそうな投手。

チーム事情的にも中継ぎは数を揃えて態勢を整えたいところですから、即戦力で社会人出身の投手に手を伸ばす可能性はありそうです。

スポンサーリンク

まとめ

今回はDeNAのドラフト予想でした!

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました