【ソフトバンク】プロテクト予想2020年!人的補償は誰になる?

福岡ソフトバンクホークス
出典元:https://sp.softbankhawks.co.jp/news/detail/00000972.html
スポンサーリンク

今回はソフトバンク・ホークス2020年プロテクト予想をしたいと思います!

ソフトバンクは今年のFA戦線に乗り込みそうで、久しぶりに大型補強は成功するか。

また、選手層が非常に厚くプロテクト漏れしそうな選手には掘り出し者が多いですし28人、誰を守るのか注目です。

スポンサーリンク

プロテクトとは

まずFA選手にはA~Ⅽまでのランク付けがあります。

  • チーム年俸1位~3位までがAランク。
  • チーム年俸4位~10位までがBランク。
  • それ以降がⅭランク。

AランクとBランクの選手には人的補償が発生し、FA選手を渡すチームが移籍先のチームから一人だけ選手を獲得する事が出来ます。

これが人的補償です。

しかし誰でも好きな選手を選べる訳ではなく、外国人選手やその年に入団した新人選手は対象外。

加えて28人まで「あげたくない選手」をリストアップされた選手も対象外となります。

このリストを「プロテクトリスト」と言い、名前の書かれた選手は流出を防ぐ事が出来る、つまり

「プロテクト」される訳です。

これを踏まえて阪神の支配下68人から誰をプロテクトするのか、見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

ソフトバンク・2020年プロテクト予想!

【投手:17人】

大竹耕太郎、東浜巨、武田翔太、甲斐野央、高橋礼、石川柊太、椎野新、森唯人、松本祐樹、千賀滉大、高橋純平、泉圭輔、田浦文丸、嘉弥真新也、川原弘之、板東湧梧、加治屋蓮

【捕手:2人】

甲斐拓也、海野隆司

【内野手:5人】

今宮健太、明石健志、牧原大成、野村大樹、中村晃

【外野手:4人】

柳田悠岐、佐藤直樹、上林誠知、長谷川勇也

プロテクト入りする可能性のある選手は?

プロテクト28人から漏れたものの、プロテクト入りの可能性がありそうなのが、

岩嵜翔、松田遼馬、奥村政稔、杉山一樹、リチャード、周東佑京

どうしても守るべき投手が多く、はみ出してしまった選手。

とくに岩嵜投手は勝ちパターンとして素晴らしい活躍。

しかし、登板過多による故障で2020年はようやく復帰したものの精彩を欠いておりプロテクト入りさせるかは悩ましいところ。

松田投手もトレード移籍で1年の下積みを経てブレイクしていますし、奥山、杉山投手らも将来性に富んでいますね。

リチャード、周東選手も育成から生まれた選手ですが、リチャード選手は今年2軍では打率1割台と技術不足ながら規格外のパワーで目を付けられる可能性はありそうです。

周東選手は俊足ですが、守備と打撃が物足りないので外しましたがスーパーサブとしてはかなり貴重な人材です。

人的補償を予想!

やはりソフトバンクは投手力がウリですから、数少ない人的補償による成功例を引くためにも投手に狙いを定める可能性が高そうですね。

岩嵜、杉山投手らは狙われる確率は高そうですね。

岩嵜投手は実績十分ですし、杉山投手に関してはまだまだ技術は追いついていませんがドラフト時の評判ではもう1年待てばドラフト1位投手になれるという触れ込みで

前もって獲得した投手と言われており、今後のブレイクに大きな期待が掛かります。

スポンサーリンク

まとめ

プロテクト漏れしている選手の中にはプチブレイクした釜元、栗原選手らがいる他、真砂選手や田中正義、吉住投手らドラ1投手などもいたりと

人材の宝庫で、選ぶ側はかなり悩ましいと思います。

ソフトバンクからしてみれば、手痛い流出になりますが、巨大戦力を抱える故の悩みですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました