阪神タイガース ドラフト2020採点・評価してみた!

阪神タイガース
出典元: https://m.hanshintigers.jp/game/score/
スポンサーリンク

2020年ドラフトでは阪神は4球団との競合の末、近畿大学の強打の内野手、佐藤輝明選手を獲得しファンを沸かせました。

スター選手を獲得した阪神のドラフトを独断で採点・評価を付けてみました!

スポンサーリンク

阪神 ドラフト2020 指名選手

1位 佐藤輝明 内野手 近畿大学

2位 伊藤将司 投手 JR東日本

3位 佐藤蓮 投手 上武大学

4位 榮枝裕貴 捕手 立命館大学

5位 村上頌樹 投手 東洋大学

6位 中野拓夢 内野手 三菱自動車岡崎

7位 高寺望夢 内野手 上田西高等学校

8位 石井大智 投手 四国IL

育成1位 岩田将貴 投手 九州産業大学

阪神 ドラフト採点・評価

阪神ドラフト採点=100/90点【A評価】

 

阪神は当日までドラフト1位候補を公言していませんでしたが、矢野監督が近畿大学・佐藤輝明を指名!

阪神、巨人、オリックス、ソフトバンクとの4球団競合の末に指名権を獲得しました。

希代のスラッガーで地元は大阪、さらに阪神ファンという事で佐藤選手の獲得は大いにファンを沸かせましたね。

阪神の補強ポイントは右翼と3番打者。

それを見事に補強してみせました。

佐藤選手を獲得した事で、2位以降はかなり余裕のある指名となりました。

即戦力投手が多く、昨年と対照的なドラフト。

世代交代を図る上である程度、有望な高卒野手は取って欲しかったという声も上がりますが、矢野監督は来季で契約最終年である事から即戦力を選ばざるを得ませんでした。

しかし、即戦力指名をテーマにしたドラフトとして見た場合、ほぼ満点のドラフトと言っても過言ではありません。

1位の佐藤選手で中軸候補を獲得し、2位では先発左腕の伊藤投手を獲得し、4位ではぽっかり穴の空いた20代前半の捕手を補強。

的確に不足分を補ったドラフトとなっています。

また、5位で指名した村上頌樹投手に関しては怪我により評価を落としたのですがドラフト1位とも言われた完成度の高い投手。

正直、5位で獲れたのはかなりオイシイです。

佐藤選手の獲得に加え村上投手を下位指名でかなり充実のドラフトと言えます。

他にも3位指名の佐藤蓮投手は最速155kmの快速で制球は荒いものの160kmは狙えそうなポテンシャルの高さがある投手でロマン枠として楽しませてくれそうで

8位指名の石井投手は独立リーグで急成長した投手で、ストレートとシンカーがウリ。身長はありませんが奪三振能力が高くやってくれそうな期待感があります。

育成1位の岩田投手は変則サイドスローで、青柳投手を育てた阪神は、何でもありで獲得してきており投手育成にはかなりの自信をのぞかせています。

スポンサーリンク

総括

2020年ドラフトは、投手を中心とした指名でかなり楽しみな投手が増えました。

阪神は青柳、桑原ら変則投手や藤浪のような長身右腕など、育成する上でノウハウ、引き出しが増えた印象があり

その結果、ロマンのある投手の指名が増えてきました。

今年のドラフトは佐藤選手というスター選手を獲得できたのに加え的確な補強と魅力ある投手の獲得で充実したものになりましたが

その中で満点評価を下せない理由としては高卒の有望野手を獲得しなかったところ。

大山選手が台頭したものの、後釜となる三塁手が皆無なので井上選手に次ぐ強打の内野手を獲得して欲しかったな、というところ。

しかし矢野監督は契約最終年ですから即戦力指名は避けられませんでしたし、即戦力というテーマを掲げたドラフトとしては満点です。

来季は結果を出して余裕のあるドラフトにしてもらえたらいいですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました