日本ハム・金子千尋 FA・自由契約で他球団移籍ある?

北海道日本ハムファイターズ
出典元: https://sp.fighters.co.jp/company/
スポンサーリンク

今回は日本ハム、金子千尋投手の去就についてのお話です!

日本ハムに在籍して2年が経ちますが、今年は高額年俸に見合った活躍を見せる事ができずに減俸提示が予想されますが、減額制限を超えれば自由契約で他球団と交渉も可能に。

また、FA権を保有している事から移籍の可能性など、ひそかに注目されていますが今年も日本ハムに残留か否か。

スポンサーリンク

金子投手のプロフィール

2018年、オリックスと4年契約の最終年。契約更改で減額制限を大幅に超える年俸を提示され、自由契約で日本ハム移籍となりました。

1億5000万で1年契約を結びました。

2019年、先発として期待されるもオープナーや中継ぎでもプレーするなど流動的な起用。

それもあってか、8勝7敗と二桁は届かず防御率も3.87と微妙な数字となりました。

しかし起用法から同情の余地ありで、貢献度を評価され1億8000万で契約を更新。

2020年は中継ぎとして起用されましたが、防御率が5点台と精彩を欠いたシーズンとなりました。

スポンサーリンク

金子投手 海外FA権保有

金子投手は海外FA権を取得済なのですが行使せずに残っています。

FAでの移籍も可能な訳ですが、年俸1億8000万なので人的補償ありですから行使はなさそうですね。

しかし契約更改の年俸次第では他球団との交渉も可能に。

金子投手 大減俸?自由契約で他球団移籍ある?

1億8000万という年俸ですから、40%を超える減額の場合は自由契約で他球団とも交渉可能になります。

今年はコロナにより収入は大きく減っていますし、日本ハムはベテランに対してシビアで36歳、成績不振、色々と重なって大幅の減額は現実的となりそう。

また、金子投手は中継ぎ起用ですが先発の方が性に合っていると思いますしストレートの球質を見るとまだ衰えはありません。

先発として一定の評価をしている球団はあるので他球団と交渉可能となれば興味を示すチームはあるかなと思います。

巨人や楽天は投手陣に泣かされたシーズンでしたから交渉できるなら手を挙げる可能性はあるかもしれませんね。

資金力でも他の追随を許さない潤沢なチームで他球団からチームの顔となる選手を多く獲得している球団。

岩隈や牧田といったメジャー帰りのベテランをかなりの値で獲得するなど思い切った獲得をしましたし国内でプレーし、状態をよく把握している金子投手なら

計算できると判断できれば動きやすい選手ではあります。

スポンサーリンク

まとめ

金子投手は国内外を巻き込んだ争奪戦を起こした結果、4年総額24億の金銭を獲得、そして契約最終年でオリックスに大幅減額を受けた後、日本ハムからオリックスを超える高年俸を提示され即契約など

金銭面で強欲な一面を見せていますが、さすがにこれ以上はないかなと思いつつ、起用法も含め他球団移籍も視野に入れる可能性もない事はないのかなと思います。

元々は先発タイプの投手なので、流動的な起用、中継ぎは合わない感じもしますし先発として求められればといったところ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました