阪神・マルテ 今年で戦力外・退団?他球団移籍は?

阪神タイガース
出典元:https://www.sanspo.com/smp/baseball/photos/20190530/tig19053005030002-p1.html
スポンサーリンク

今回は阪神タイガースの助っ人、ジェフリー・マルテ選手についての退団、戦力外の可能性についてのお話です!

マルテ選手は三年目のシーズンを迎え、素晴らしい開幕スタートを切りチームの快進撃を支えてくれました。

一塁を主戦場にがっちり自分の居場所を掴み取ったマルテ選手ですが、しかし来年は構想外の可能性もありそうです。

その理由についてこれからお話したいと思います!

スポンサーリンク

マルテ選手のプロフィール

生年月日 1991年6月21日

出身 ドミニカ共和国ラ・ロマーナ州

185㎝/99kg

右投/右打

スポンサーリンク

2019年に阪神タイガースへ入団したマルテ選手は当時、4番打者として期待され入団してきた選手でしたが

一年目の時は三月中旬にふくらはぎを故障し、開幕が遅れました。

それでも途中から1軍を迎えると当初は下位の打順から徐々に慣れていってもらい、途中からは主に3番として活躍、いっときは4番としてプレーする事も。

規定打席には届かなかったものの105試合、打率284、12本塁打、49打点を挙げました。

2年目は開幕から好調で、開幕を三塁で迎え大山選手を控えに回すなど隙を与えない活躍。

しかし途中で戦線離脱すると、2軍でも完治してすぐにまた故障をしてしまいこの年は

29試合しか出ておらず、また1試合4失策という不名誉な記録を作ってしまい、もう構想外ではないかとの噂も囁かれましたが

8000万という年俸で残留。当時の阪神ファンの間では戦力外でない事に驚きの声も上がりました。

保険的な意味合いで残留が決まったマルテ選手ですが3年目を迎える今年は見違えるように変身。

重心を落とし、ポイントを下げた新フォームで素晴らしい選球眼を得て日本仕様に大変身を遂げ

3番打者としてチームの核を担う活躍を見せます。

マルテ選手と同じ接番号を背負っていた掛布さんはマルテ選手について絶賛しており

「打線の間を作っている。間を作るのが非常に上手い選手」と評しています。

間を作るというのは、いわゆる投手とのタイミングの取り方であり、打者とバッテリーとでタイミングを合わせるズラすといったマウントの取り合いが水面下では行われている訳ですが

マルテ選手は非常に間の取り方が上手く、相手のテンポで投げさせない魅力があります。

打線の核と言われるまでの活躍を見せるマルテ選手はチームの快進撃に必要不可欠な存在となりました。

スポンサーリンク

マルテ選手は今年、戦力外・退団?他球団移籍の可能性

戦力外・退団?

素晴らしい活躍を見せるマルテ選手ですが、今年までという可能性もありそうです。

というのも阪神にはドラフト1位で入団した佐藤輝明選手がおり、佐藤選手が非常に三塁手として優れています。

一方の大山選手は送球にやや不安を抱えており、一塁にコンバートした方が良いのではとの声が少なからず上がっています。

チーム的にも一、三塁を大山・佐藤で固定出来ればポジションと打順をがっちり固める事が出来るのでチームとしても中、長期的に安定する為、

矢野監督が目先の組織を作るのか、それとも将来性を考えて作るのか決断力が試されそうです。

佐藤選手が三塁に回ればおのずとマルテ選手は控えの可能性もあります。今年の活躍で年俸は上がるでしょうし助っ人枠も来年は4人に戻りそう、そして控えなど流動的な立ち位置だと今年ほどの成績は見込めない。

となると戦力外もあるのかなと思います。

佐藤選手を三塁として育てるのには少ないながらも否定的な向きの声もあります。

一、三塁は外国人で補強しやすいポジションで両翼に助っ人だとセンター近本選手の負担も大きくなります。

ですが、佐藤選手が助っ人選手のようなものなので今までのように助っ人野手を二人置く必要はありませんし、佐藤選手の本職である三塁にコンバートするべきだとは思います。

それがいつになるのか、というのが肝な訳ですが、もしかすると来年から佐藤三塁構想が実現するのかな、という気もします。

 

他球団移籍の可能性

もし、マルテ選手が戦力外の場合、他球団に移籍もあるかもしれませんね。

一塁と三塁の手薄なところで言えば

広島、ソフトバンク、日本ハム、西武、オリックス

あたりでしょうか。

パ・リーグは高齢化していたり助っ人のムラがあったりと内野事情は芳しくない印象。

対照的にセ・リーグでは広島以外はおおよそ一、三塁はスラッガーたちががっちりポジションを固めている印象ですね。

リーグの違いが気になるところですがソフトバンクは長年、三塁手は松田選手が務め今後もすぐには出てこなさそうな雰囲気で若手が育つまでの繋ぎとして獲得する可能性はありそうですね。

デスパイネ選手も、今年限りの可能性も囁かれていますし

グラシアル選手もすでにベテランの域、バレンティン選手は全く機能していませんから助っ人野手は絶対に欲しいはずです。

スポンサーリンク

まとめ

今回はマルテ選手の去就についてのお話でした!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました