巨人ドラフト2021年を予想!ドラフト1位は誰だ!?

東京読売ジャイアンツ
出典元: http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id
スポンサーリンク

今回は巨人のドラフト2021年を予想していきたいと思います!

今年も巨人は投手陣で非常に苦しみ、エースの菅野投手も絶不調に陥り、投手補強は急務となっています。

今年のドラフト1位は投手が中心となりそうですが、将来性のある素材型の高卒投手なのか、即戦力の大卒投手、どちらを指名するのか。

スポンサーリンク

巨人ドラフト1位予想!

小園健太

市和歌山出身の高校生ナンバー1右腕と呼び声高い小園投手。

非常に完成度が高く、ストレート最速152キロ、カーブ、ツーシーム、カット、チェンジアップなど多彩な球種をウリにする投手ですが

 

ストレートは非常に回転数が良く浮き上がるような球質は藤川球児を彷彿とさせます。

テンポの良い投球でゲームを支配出来る能力のある投手で、高卒1年目から活躍も、可能性を感じる完成度。

将来性も豊富なので菅野投手の後釜が欲しい巨人には魅力の投手かもしれません。

 

 

風間球打

ノースアジア大明桜出身の高校生右腕。

身長183センチ、81キロ、スケール感のある投手で角度のあるストレートは最速157キロと非常に速いです。

完成度という面では小園投手には劣るものの、長身の割に器用で、育成に難儀する、という訳でもなさそう。

課題としては制球力と変化球ですが、現段階で球速が157キロ出ますし、大成すれば非常に魅力のある投手。

他の選手との兼ね合いで2位でも取れる可能性はありそうですが、指名順を考えると2位では他球団に取られている可能性もありそうですし

外れ1位で指名する、という可能性もありそうです。

 

佐藤隼輔

筑波大学出身のサウスポー。

ストレート最速152キロ、スライダー、チェンジアップとオーソドックスな球種を武器にする投手で

肘の使い方が非常に柔らかく、制球力も安定しています。

タイプとしてはソフトバンクの和田投手のような感じで

身体の後ろにボールが隠れるので出所の見えにくさから曲者投手。

大学生投手の中でもかなり上位に入りそうな完成度。

課題を上げると、スタミナがないので先発で何イニング投げられるのかが気になるところですが、中継ぎ適性もありそうですし

息の長い投手になれそうではあります。

巨人はドラフト選手の定着率が低いですし、長らく活躍できる選手は是非とも欲しいところ。

佐藤投手は左投手と魅力もありますし、同じサウスポーの高橋投手が今年ブレイクしましたから育成も応用が利きそうなので前向きに獲得を見当してもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は巨人のドラフト予想でした!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました