阪神タイガース2021年ドラフト予想!

阪神タイガース
出典元: http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id
スポンサーリンク

今回は、阪神タイガース2021年ドラフトの予想をおこないたいと思います!昨年は即戦力をテーマにさらなる層の上積みに成功しました。

また矢野監督は契約延長を勝ち取った事で、目先のドラフトに囚われず、将来性のある選手の獲得に出るのではないかと思われます。

今回はドラフト1位選手は誰を取るのか、候補を挙げたいと思います!

スポンサーリンク

阪神タイガース ドラフト1位候補予想!

小園健太

高校ナンバー1投手との呼び声高い小園投手は今回のドラフトの大きな目玉となるでしょう。

球持ちの良いスピンの利いたストレートは藤川球児を彷彿とさせ、またカットやツーシームといった僅かに動くボールはストレートと軌道が似ている事から非常に打ちづらく、投球の幅を広げています。

他にもカーブ、スライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を操り、クレバーな投球が出来る投手。

高卒一年目から1軍で戦力になる投手はかなり少ないですが、それが出来る可能性のある完成度の高い小園投手。

票が割れなければ競合は免れないでしょうが、それでも狙いたい逸材ですし、キレで勝負する阪神の投手の陣容を見ると

打者を圧倒できる投手なのでエース候補として勝負に出るか。

 

森木大智

森木投手も小園投手と並んで逸材と言われた高校生右腕。

最速154キロのストレートと切れ味鋭いスライダーが絶品でコントロールも良く、魅力のある投手となっています。

しかし最近では伸び悩んでおり、そこが評価の分かれるところではあるのですが、しかし十分にドラ1となり得る逸材には変わりないでしょうし、注目の投手。

また、森木投手は高知県出身という事もあってか藤川球児のファンという事もあって阪神は縁を感じる投手です。

19年ドラフトでは西勇輝投手の遠縁である西純矢投手を獲得していますし、こういう繋がりがまた起きるのか。

 

隅田知一郎

続いては大学生サウスポー。

大学生の中でもトップに立てるくらいの実力者で、注目の即戦力となっています。

昨年の早川投手ほどのレベルには達していませんが、176センチと左腕なら丁度いいスケール感で、操縦性のある投手。

多彩な変化球を操りクレバーな投球ができますし、緩急を使った投球や三振も奪えるなど状況に応じたプレーが光る投手。

スタミナが課題とされていますが、あまりボールが荒れないですし中継ぎも適性がありそうです。

スライダー、チェンジアップ、フォークなど投げ分けますが、タイプとしては岩貞投手と非常に似ており、チェンジアップも三振が取れるので三振を取る事に長けた投手なので

ゴロ投手の多い阪神には良いアクセントになりそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は阪神タイガースのドラフト予想でした!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました