広島カープ2021年ドラフト1位予想!

広島東洋カープ
出典元: http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id
スポンサーリンク

今回は広島カープ2021年ドラフト1位予想を行いたいと思います!

今年は投打共に若い選手の台頭が目立ち、かなり若返りが出来ている印象ですが、やはり課題は投手陣。

昨年は上位三人を投手指名しましたが、そこまで極端な事はしないとは思いますが、1位は確実に投手層に厚みを持たせる逸材を確保するのではないでしょうか。

では早速、予想にいきたいと思います!

スポンサーリンク

 

広島カープ2021年ドラフト1位予想!

隅田知一郎

今年の大卒投手の中でもトップクラスの左腕。

投げっぷりの良さがウリで、ストレートや変化球の精度も良く、三振や緩急など多彩なピッチングスタイルが出来、操縦性のある投手。

スタミナが課題ですが、中継ぎ適性もありそうですし、1軍の定着率は良さそうです。

佐藤隼輔

こちらも大卒左腕で、上位候補にピックアップされている投手。

ストレート最速152キロ、スライダー、チェンジアップを投げるオーソドックスな左腕。

肘の使い方が柔らかく、制球力は安定しており似たタイプとしてソフトバンクの和田投手が挙げられます。

出所の見えにくい投げ方は相当厄介で、一年目からローテーション入りを十分に期待出来る投手。

広島は左の先発は床田投手くらいですし、左投手で即戦力は補強ポイントに合致しますし、本命と言えるのではないでしょうか。

 

廣畑敦也

三菱自動車倉敷オーシャン出身の右腕。

177センチ75キロと、体格は標準体型ですがキレのあるボールを投げる投手。

昨年までは力任せに投げていた印象だったものの、今年は制球力に磨きを掛けてドラフト上位候補として名前が挙がりました。

それを聞くと、栗林投手と通ずるものを感じますが、その流れを系譜しそうな魅力を感じるのが廣畑投手。

ストレート最速154キロ、スライダ-、カット、スプリット、カーブと投げ分け

カットボールの評価がとくに高いです。

カットボールの有用性はかなり高く、左打者対策としても有効ですし、スプリットと落ちるボールも持っている事から状況ごとに多彩な打ち取り方でアウトを取れるのが魅力。

スタミナ配分のいる先発よりも一イニング、出力一杯に飛ばす中継ぎ向き。

先発投手は勿論欲しいところですが、中継ぎ陣も台所事情は苦しいですし、確実に戦力にするというところで社会人の廣畑投手を一本釣りという可能性もありそう。

 

正木智也

最後は野手の正木選手。

慶應義塾大学出身の外野手のスラッガーで、貴重な右の長距離砲とあって今年はかなり注目されています。

広島は鈴木誠也選手の後釜が欲しいですし、正随、小園、林、中村、坂倉といった近い世代を中心のチームを作るなら大卒の正木選手も候補には入ってきそうです。

一本足打法と安定感に欠く打法を取っていますが、それはタイミングの取り方に自信のある表れか、比較的ミート力のある選手。

三振の多さも目立ちますが、出塁率もそこそこマークしていますし、あからさまなフリースインガーという感じではなさそうです。

スケールから鑑みるに、20~30本は狙えるパワーを備えており、将来の4番候補として十分魅力を感じます。

競合もありそうですが果たして広島は狙うのか。

スポンサーリンク

まとめ

今回は広島カープのドラフト予想でした

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました