中日ドラゴン2021年ドラフト1位予想!

中日ドラゴンズ
出典元: http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id
スポンサーリンク

今回は中日ドラゴンズ2021年ドラフトの1位選手の予想を行いたいと思います!

中日はここ数年、高卒の逸材選手の獲得に集中しており、ファンの間では即戦力を求める声が高まっています。

今年は大卒でかなり注目のスラッガーも多く、1位で狙うのではと言われていますが今年の中日のドラ1は誰になるのか!

中日ドラゴンズ2021年ドラフト1位予想!

スポンサーリンク

中日ドラフト2021年1位予想!

正木智也

慶應義塾出身の右の長距離砲。大学生の中でも屈指のパワーを誇り、20~30本は打てるスケール感のある選手。

高校時代には50本打っていますしリストの強さが魅力のスラッガー。

広いバンテリンドームでも正木選手のパワーは十分に活かされると思います。

ポジションはレフトとファーストという事で、外野が手薄なので補強ポイントには合致すると思います。

少し気になるところは慶應義塾出身というところでしょうか。

高橋由伸選手の出身ではありますが、なかなかスラッガーが誕生しない学校という事もありますし、気がかりといえば気がかりですが

そういうのも含め、正木選手には期待したいところ。

ブライト健太

上武大学出身の右打ちの外野手。

大学4年生の時に一気に力を付けた選手。

ガーナ人の父と日本人の母を持つハーフで、屈指のパワーを誇ります。

走攻守すべてに魅力のある選手で、パワーがあるだけではなく自分の間で打てるなどタイミングの取り方にも定評があります。

184センチ、84キロという体格の割に操縦性は悪くないのかな、という印象ですが、しかし実績が乏しいのでそこが評価の分かれるところ。

中日はドラフトで長打力のある選手を1位で獲得するも伸び悩んでいる傾向にありますから、指名に踏み切るのは少し勇気がいりそうですね。

前川右京

智弁学園出身の高校生外野手。即戦力ではありませんが、かなり注目の選手。

監督からは卒業生である岡本和真選手と同様のパワーを持っていると評価されており、さらに打撃技術も卓越した、高校生離れした能力を秘めた選手。

確実に2位以内で消える選手と言われていますし、外れ1位で獲得するという可能性もあるかもしれませんね。

課題としては下半身の使い方に難があるという事ですが、身体作りで下半身をしっかり作れば安定すると思いますし、元々持っている能力がいいですから、即効性を求めず大きな選手が欲しいなら獲得するのも手かも知れません。

年齢層的に言えば、根尾、石川、高橋と世代が近いですし彼らを中心に黄金時代を築くのであれば今年までなら高卒選手を獲得するのは良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は中日のドラフト予想でした!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました