東京ヤクルト2021年ドラフト1位予想!

東京ヤクルトスワローズ
出典元: http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id
スポンサーリンク

今回はヤクルトスワローズの2021年ドラフト、1位予想を行いたいと思います!

ヤクルトは野手は順調に選手が育成出来ていますが、投手陣は満遍なく不安要素を感じますし、今年も投手の獲得に走りそうですね。

では早速、1位予想を行いたいと思います!

スポンサーリンク

 

ヤクルト2021年ドラフト1位予想!

佐藤隼輔

筑波大学出身のサウスポー。

ストレート最速152キロ、スライダー、チェンジアップとオーソドックスな球種を武器にしており

似たタイプの投手を挙げると、ソフトバンクの和田投手が近しい存在かと思われます。

左手が後ろに隠れて出所が見えにくいので打者としては打ちづらさを感じそうです。

肘の使い方も柔らかく、制球力も良いので大学生投手の中でも指折りの投手。

左の先発が少ないヤクルトですから、即戦力でもある大卒左腕はかなり補強ポイントに合致しますし、本命になってくるのではないでしょうか。

隅田知一郎

こちらも大学生サウスポー。

佐藤投手に続き、即戦力左腕という評価ですが制球力も良く、クレバーな投球が出来、狙ったところで三振も狙える投手。

タイプとしては阪神の岩貞投手に近いかなと思います。投げっぷりの良さが魅力。

少しスタミナが気になるところではありますが、三振も取れる事から中継ぎも適性がありそうですし、上手く1軍にハマってくれる可能性は高そうです。

 

風間球打

ノースアジア大明桜出身の長身右腕。

ロマン枠の投手でストレート最速157キロという速球が魅力で、長身を活かした角度のあるボールはバッターからしてみればかなり打ちづらさを感じます。

変化球、制球力が課題となっていますが、長身の割に器用な一面があり、土台となる身体作りが出来てくればすんなり伸びてくるかもしれませんね。

また、ソフトバンクスカウト評では、上半身で投げる投手との事で、神宮の固いマウンドにはこういう投げ方はフィットするかなと思います。

評価としては外れ1位か2位での指名が濃厚となっていますがもし本命を外した場合、繰り上げで狙ってくる可能性もあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回はヤクルトのドラフト予想でした!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました